テーマ:クラシック

有名指揮者の生年(20200916)

ポーランドの指揮者、ヤン・クレンツが96歳で亡くなった。 https://slippedisc.com/2020/09/poles-mourn-a-prominent-conductor/ 現在最高齢の指揮者は、あらためて調べてみたところ、ヘルムート・ヴィンシャーマン(1920年3月22日 ~)で、今年3月に100歳を迎えられたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響

11月に予定されている、オクサーナ・リーニフのバイエルン放送響デビューコンサートの曲目が変更になった。 https://www.br-so.de/oksana-lyniv-mendelssohn-4-p30755/ 当初、 ○シューマン:交響曲第2番ハ長調 ○ワーグナー:「神々の黄昏」抜粋/ソプラノ:クリスティン・ゴーキー と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N響/夏のフレッシュコンサート

「クラシック音楽館」を観た。今回はN響夏のフレッシュコンサート。沖澤のどかが初登場、曲目等は下記の通り。 ○ヘンデル/ハーティ編曲:組曲「王宮の花火の音楽」序曲 ○オネゲル:交響詩「夏の牧歌」 ○ビゼー:「アルルの女」組曲第2番から「メヌエット」「ファランドール」 ○サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」 ○管弦楽:NHK交響楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」

録画しておいたBSシネマを観た。アルゲリッチのドキュメント「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」。 製作:ピエール・オリビエ・バルデ 製作・撮影:リュック・ピーター 監督・撮影:ステファニー・アルゲリッチ 出演:マルタ・アルゲリッチ、スティーブン・コヴァセヴィッチ、シャルル・デュトワ ほか 製作国:フランス/スイス 製作年:2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台

「クラシック音楽館」を観た。「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」ということで、カラヤン、バーンスタインなどの演奏。曲目等は下記の通り。 ○チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調作品36から第1楽章 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 収録:1973年12月/フィルハーモニー ○ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌えるマスク

東京混声合唱団(音楽監督:山田和樹)は、7月31日(金)に「歌えるマスク」を着用してコンサートを開催したとのこと。 また、このマスクは販売もしているという。 (東京新聞の記事) https://www.tokyo-np.co.jp/article/48103 (東京混声合唱団HP) https://toukon1956.com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPh/シェーンブルン・サマーナイトコンサート2020

ウィーン・フィルによるシェーンブルン宮殿前で行われている初夏の野外イベント/サマーナイトコンサートは、例年は5,6月に開かれていたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で9月18日に延期されている。 今回その開催方法が発表された。無料開放は行わず一部の招待客を招くだけにするとのこと。 https://www.sommernachts…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドヴォルザーク:交響曲第8番ト短調

ベルリン・フィルから送られてきた Digital Concert Hall 20/21 の冊子を見ていたら、12/19イヴァン・フィッシャーが指揮するコンサートの欄に、 Antonin Dvorak symphony No.8 in G minor,op.88 と書かれていた。 確かにこの曲はト短調で始まるので、ト短調の曲と言えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=バイエルン放送響演奏会

7月19・20日にフィルハーモニー・ガスダイクで行われた、ラトル=バイエルン放送響の演奏会がバイエルン放送響HPのMEDIATHEKで視聴することができる。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲 ○マーラー:リュッケルト歌曲集 ○デュカス:「ラ・ぺリ」からファンファーレ ○ラヴェル:組曲「マ・メール・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパチンスカヤ&アントニーニ/「ヴィヴァルディ、その先に」

コパチンスカヤ&アントニーニ/「ヴィヴァルディ、その先に」というディスクが9月に発売されるらしい。 現代作曲家5人の小品を挟んでのヴィヴァルディの協奏曲集。 ジョヴァンニ・アントニーニ指揮イル・ジャルディーノ・アルモニコとの共演とのこと。 https://www.hmv.co.jp/news/article/2007221034/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テミルカーノフ=読響/チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調

録画しておいた「読響シンフォニックライブ」を観た。ユーリ・テミルカーノフ指揮、読売日本交響楽団の演奏で、チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調、2019年10月15日/サントリーホールで収録されたもの。 テミルカーノフはこの時81歳。ポイントは抑えるがディテールまではあまり細かく指示しない。 なるほどと思ったのは、終楽章の最後、ホ長調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナタリー・シュトゥッツマン&オルフェオ55 演奏会

録画しておいた「クラシック倶楽部」を観た。ナタリー・シュトゥッツマン&オルフェオ55 演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ドゥランテ:協奏曲第1番ヘ短調から ポコ・アンダンテ ○アレッサンドロ・スカルラッティ:歌劇「ポンペオ」から「私を傷つけないで」 ○ヴィヴァルディ:歌劇「ジュスティーノ」から「この喜びをもって会おう」 ○リュリ:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナビル・シェハタ/コントラバス・リサイタル

録画しておいた「クラシック倶楽部」を観た。ナビル・シェハタ/コントラバス・リサイタル。 ナビル・シェハタ(Nabil Shehata)の経歴は下記の通り。 1980年エジプト人とドイツ人の両親のもとクウェートで生まれる 1984年家族と共にドイツに移住 1989年9歳からコントラバスを始める/トーマス・チェルペ、文屋充徳、エスコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WEディヴァンO・マーラーCO

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は3つのオケの演奏会。 ●ダニエル・バレンボイム=ウェスト・イースタン・ディヴァン管弦楽団演奏会 ○ベートーヴェン:三重協奏曲ハ長調作品56 ○ヴァイオリン:アンネ・ゾフィー・ムター ○チェロ:ヨーヨー・マ ○ピアノ・指揮:ダニエル・バレンボイム ○管弦楽:ウェスト・イースタン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロオケの演奏会再開状況

国内主要オケの演奏会再開(予定)状況は下記の通り。 ○NHK交響楽団 7月17日(金)午後7時30分よりNHKホールで行われる無観客の演奏会で、4ヶ月ぶりに演奏活動を再開する。 https://www.nhkso.or.jp/data/20200625.pdf 9月から始まる2020~2021シーズンの定期公演は、当初予定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPh演奏会&ザルツブルク音楽祭

先日、ムジークフェラインザールに100人の聴衆を入れて開かれた バレンボイム=WPh演奏会。 ORF TVTHEK は日本では観ることができないようだが、下記のサイトでは最初の5分くらい視聴することができる。 https://www.facebook.com/myfidelio/videos/581988922453092/Uzpf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャイー=ルツェルン祝祭管弦楽団/2018

録画しておいた「プレミアムシアター」のシャイー=ルツェルン祝祭管弦楽団演奏会を観た。曲目等は下記の通り。 ○ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ ○ラヴェル:ラ・ヴァルス ○ラヴェル:「ダフニスとクロエ」組曲 第1番 第2番 ○ラヴェル:ボレロ ○管弦楽:ルツェルン祝祭管弦楽団 ○指揮:リッカルド・シャイー ○収録:2018…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カナディアン・ブラス

ずいぶん前に録画しておいた「クラシック倶楽部」をやっと観た。今年の2月に行われたカナディアン・ブラスの演奏会。曲目・演奏者等は下記の通り。 ○黒人霊歌/ギリス編曲:「ジャスト・ア・クローサー・ウォーク・ウィズ・ジー」 ○シャイト/カナディアン・ブラス編曲:「戦いのガイヤルド」 ○バッハ/ミルズ編曲:「トッカータとフーガ」ニ短調BW…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊飼いの笛

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」第三幕開始早々、イングリッシュホルンによって奏される長大なソロ。 前奏曲に続いて(どこまでが前奏曲なのか)開始され、全体で42小節あり、2分以上に及ぶ。最初と最後の1小節はオケがかぶっているが、それ以外の小節は他に楽器がないまったくのソロ。これだけ長い「ソロ」はオペラ、管弦楽曲のなかでも他に例が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フィル/コンサート再開

ウィーン国立歌劇場の今シーズンの公演はすべてキャンセルされたが、ウィーン・フィルは6月から演奏会を再開するとの発表があった。 https://www.wienerphilharmoniker.at/orchestra/philharmonic-journal/year/2020/month/5/blogitemid/1427/page…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調

「クラシック音楽館」を観た。今回はN響第1934回定期公演、曲目等は下記の通り。 ○プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調作品19 ○バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番BWV1001から アダージョ ○ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調作品27 ○管弦楽:NHK交響楽団 ○指揮:パーヴォ・ヤルヴィ ○ヴァイオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サロネン=フィルハーモニア管弦楽団演奏会

「クラシック音楽館」を観た。今回はサロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ラヴェル:組曲「クープランの墓」 ○シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47 ○パガニーニ:「ネル・コル・ピウ」による変奏曲からテーマ(アンコール) ○ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」 ○ヴァイオリン:庄司紗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドゥダメル=ミュンヘン・フィル演奏会/「復活」

録画しておいた「プレミアムシアター」後半をやっと観た。 ドゥダメル指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会、曲目等は下記の通り。 ○マーラー:交響曲第2番ハ短調「復活」 ○ソプラノ:チェン・ライス ○メゾ・ソプラノ:タマーラ・マンフォード ○合唱:カタルーニャ合唱団、カタルーニャ音楽堂室内合唱団 ○管弦楽:ミュンヘン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「外出自粛の夜に オーケストラ・孤独のアンサンブル」

「外出自粛の夜に オーケストラ・孤独のアンサンブル」という番組を観た(5月5日13:00~13:50/NHK-BS1)。 在京オケのトップ奏者たちの自宅でのインタビュー&演奏で構成。 出演者は下記の通り。 ○矢部達哉/都響ソロ・コンマス ○吉野亜希菜/東京首席クラリネット ○長谷川智之/N響首席トランペット ○長谷川彰子/新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイージ=N響演奏会

「クラシック音楽館」を観た。今回はN響第1932回定期(2020年1月22日)。曲目等は下記の通り。 ○ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲 ○リヒャルト・シュトラウス:「4つの最後の歌」 ○リヒャルト・シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」 ○管弦楽:NHK交響楽団 ○ソプラノ:クリスティーネ・オポライス ○指揮:ファビオ・ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPh ヨーロッパ・コンサート

デジタル・コンサートホールでベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサートを一部観た。 https://zauberfloete.at.webry.info/202004/article_31.html 聴衆のいないフィルハーモニー・ホール、楽員も2mくらい間隔をあけてのステージと異例のコンサートだったが、制約/禁止の多い現在の状況下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロサンゼルス・フィル創立100年記念演奏会

ロサンゼルス・フィルハーモニックの創立100年記念演奏会を観た(「プレミアムシアター」録画)。 曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲 ○ラヴェル:「ラ・ヴァルス」 指揮:ズービン・メータ ○ルトスワフスキ:交響曲第4番 指揮: エサ・ペッカ・サロネン ○ストラヴィンスキー:バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPh 5/1に「ヨーロッパ・コンサート」を開催予定

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が、5月1日に「ヨーロッパ・コンサート」を例年通り行うことを発表した。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/titelgeschichten/20192020/european-concert-2020/ オーケストラの編成を小さくし、フィルハーモニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more