テーマ:クラシック

カトリーヌ・カンタン

カトリーヌ・カンタンといえば、プレートル=パリ・オペラ座管弦楽団のモーツァルト協奏曲集のCD(FORLANE/1988)で、ト長調のコンチェルトとフルートとハープのための協奏曲の2曲でソロを吹いていた人。あらためて聴き直してみたが、艶やかな音色で若々しくアグレッシブな演奏をしている。 名前しか知らない奏者だったが、バンド・ジャーナル9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80歳記念コンサート

モーリス・ブルグ80歳記念コンサートが11月に行われるとのこと。 https://www.yamahaginza.com/hall/event/003832/ 吉井瑞穂、ギヨーム・サンタナなど、協演者も豪華な顔ぶれとなっている。 さらに、ハインツ・ホリガーの生誕80年記念コンサートも予定されている。 https://www.as…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 佐伯茂樹氏

タワーレコードのHPに佐伯茂樹氏の追悼記事が掲出されている。 https://tower.jp/article/campaign/2019/08/05/06 上記記事にある通り、佐伯氏の執筆活動は単行本に加え、CD解説領域での著作も見逃せない。それは単なる曲目解説にとどまらず、演奏者(特に管楽器奏者)の使用楽器や奏法まで踏み込んだ佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯茂樹氏ご逝去

佐伯茂樹氏が8/1に心不全のため亡くなられたとのこと。 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=358088788422603&set=a.358088861755929&type=1&theater あまりにも突然の訃報に驚いている。 佐伯氏といえば、名著「名曲の『常識』『非常識』~オーケ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BPh/ヴァルトビューネ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」の後半を観た。ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2019の模様で、指揮はソヒエフ。曲目等は下記の通り。 〇プロコフィエフ:組曲「キージェ中尉」 〇クリングゾル/ラヴェル:シェエラザード 〇プロコフィエフ/ソヒエフ編:「ロメオとジュリエット」組曲 第2番 〇プロコフィエフ/ソヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPh/シェーンブルン 夏の夜のコンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はWPhとBPhの野外コンサートの模様。まずWPhの方から。指揮はドゥダメル、曲目は下記の通り。 〇バーンスタイン:「キャンディード」序曲 〇ヨハン・シュトラウス:ジュビリー・ワルツ 〇ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー(1942年版) 〇ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザリャジエ・コンサートホール開場記念演奏会

録画しておいた「プレミアムシアター」後半を観た。まず、「最高の音響を求めて」というドキュメンタリー番組。「シューボックスかワインヤードか」というサブタイトルが示す通り、世界各地のコンサートホール、オペラハウスなどを音響工学的/音響設計的視点から分析する。豊田泰久氏のインタビュー/説明、ベルリン国立歌劇場のリニューアル工事、ピエール・ブー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレヴェッヘ=ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会

録画しておいた「プレミアムシアター」の前半を観た。ヘレヴェッヘ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58 ○スカルラッティ:ソナタ ハ短調 K.11(アンコール) ○ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73 ○ピアノ:イエフィム・ブロンフマン ○管弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPh/Elbphilharmonie LIVE

ウィーン・フィル/エルプフィルハーモニー・ライブが公開されている(期間限定かどうかは不明)。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/videos/930898237244432/?fref=ts 2019年6月5日ハンブルク、エルプフィルハーモニーでの演奏会。指揮はマリス・ヤンソンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。ハーディング=BPhによるヨーロッパ・コンサート2019。曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルシファル」から「聖金曜日の不思議」 ○ベルリオーズ:歌劇「トロイ人」から「王の狩りと嵐」 ○ドビュッシー/ラインスドルフ編:歌劇「ペレアスとメリザンド」組曲から抜粋 ○ドビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉谷昭子さんご逝去

ピアニストの杉谷昭子さんが5/8に亡くなられたとのこと。 東京芸術大学、ケルン音楽大学大学院などで学び、デュッセルドルフでのデビュー後、ドイツと日本を中心に演奏活動を行っていた。 ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、ベルリン・フィル団員らとのシューベルト始め多くの録音があるが、私が愛聴していたのはベートーヴェンのピアノ協奏曲全集。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェスティヴァル・オッフェンバック

2019年はオッフェンバック生誕200年ということでさまざまなディスクは発売されている。 ○オペラとオペレッタ集(Warner Classics) という凄いセットもあるようだが、 https://tower.jp/item/4875665/オッフェンバック:-オペラとオペレッタ集 今回購入したのはそのハイライト版(3枚組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「失われた手稿譜」

「失われた手稿譜 ~ヴィヴァルディをめぐる物語~」という本を読んだ。著者はフェデリーコ・マリア・サルデッリ、関口英子・栗原俊秀訳で東京創元社より2018年3月に出版されている。 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488010782 ヴィヴァルディの手稿譜がたどった数奇な運命を、史実を基に再構成し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」序曲/クライバーVSカラヤン

J.シュトラウス:「こうもり」序曲のクライバーとカラヤンの指揮ぶりを観察した。オケは両方ともウィーン・フィル。 まず、クライバー。1989年1月1日のニューイヤーコンサート。 https://www.youtube.com/watch?v=GcAAeAVqnLk 久しぶりにクライバーの指揮を観たが、とにかく左手のめちゃくちゃ雄弁な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オッフェンバック/知られざる名序曲集

オッフェンバック(1819~1880)は今年生誕200年ということで、新しい録音が続いているが今回購入したのは、 オッフェンバック「知られざる名序曲集」という一枚(CPO/2017)。 曲目は下記の通り。 ○「おしゃべり屋たち」序曲 ○「羊飼い」序曲 ○「にんじんの王様」第4幕の間奏曲/嵐 ○「シューフルリ氏はご在宅」序…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソヒエフ=N響/「シェエラザード」

「クラシック音楽館」はN響第1904回定期公演(2019年1月16日/サントリーホール)。曲目は下記の通り。 ○フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」作品80 ○ブリテン:シンプル・シンフォニー 作品4 ○リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35 トゥガン・ソヒエフはロシア出身、1977年生まれでまだ41歳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリウス:交響曲第5番~カラヤン盤聴き比べ~

第6番のカラヤン盤の聴き比べを行ったのは2006年の秋。 https://zauberfloete.at.webry.info/200609/article_10.html 第5番の聴き比べもやろうと思っているうちに12年以上が経ってしまったが、今回やっと実現することとなった。 ただし、12年前との物理的な相違点は次の通り。 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/シベリウス交響曲の演奏・録音

カラヤンによるシベリウスの交響曲の演奏会記録および録音時期を年代別に作成した。 なお、演奏会の記録は、 「ヘルベルト・フォン・カラヤンの作曲家別演奏史」  http://www.karajan.info/concolor/1957/Composers.html を参照させていただいた。 以下、太字は録音、それ以外は演奏会。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴォルフガング・マイヤー氏ご逝去

ドイツのクラリネット奏者、カールスルーエ音楽大学の教授、学長を務めたヴォルフガング・マイヤー氏が3/17に亡くなられた。 https://www.pizzicato.lu/klarinettist-wolfgang-meyer-verstorben/ 妹のザビーネ、その夫のライナー・ヴェーレと共にクラリネット三重奏団 「Trio d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューマン:「ライン」/カラヤン=ベルリン・フィル

4月の演奏会でこの曲を演奏する。 シューマンの交響曲というのはあまり積極的/自発的に聴こうと思う音楽ではない。それでもメータ=ウィーン・フィルの全集(DECCA)だけは持っているが、あとは数枚、その中でも最も回数多く聴いたのはジュリーニ=ロサンゼルス・フィルの「ライン」(DG/1980)。それにカラヤン=ウィーン響の4番のリハーサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPhシェーンブルンコンサート2018

「クラシック音楽館」を観た(途中で起きていられなくなったため後半録画)。今回は「WPhシェーンブルンコンサート2018」、曲目等は下記の通り。 ○ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲 ○ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲 ○チレーア:歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」から「私は神の卑しいしもべです」 ○マスカーニ:歌劇「カヴァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザイフェルトの名盤

ザイフェルトの代表的な録音は先に書いた通り、 ○モーツァルト:ホルン協奏曲/カラヤン=ベルリン・フィル(DG/1968) https://zauberfloete.at.webry.info/201212/article_15.html ○モーツァルト:オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲/ベーム=…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オッフェンバック コロラトゥーラ

ジョディ・ドヴォというソプラノが歌うオッフェンバックのアリア集「オッフェンバック コロラトゥーラ」というCD(ALPHA CLASSICS)を購入した。曲目等は下記の通り。 ○喜歌劇 「雪だるま」~女調教師の歌「わたしの故郷は緋色の郷」 ○喜歌劇 「ヴェル=ヴェル(緑のオウム)」~歌姫のエール「きれいなエサは大抵まずい」 ○喜歌劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレ・プレヴィン氏ご逝去

アンドレ・プレヴィン氏がお亡くなりになった。謹んで哀悼の意を表したい。 プレヴィン氏の録音は膨大な点数が残されているが、個人的に忘れ難い名演を以下に録音順に挙げてみる。中でもウィーン・フィルとのハイドンの交響曲、モーツァルトのピアノ協奏曲、ロイヤル・フィルとのブラームスは不滅の名演と思う。 ○1974.00 ジ・イージー・ウィナーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲イ短調RV498

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678~1741)は生涯に2曲の断片を含む39曲のファゴット協奏曲(RV466~504)を作曲したが、モルツィン侯爵に献呈された曲(ト短調RV496)など一部の曲を除けば、ヴィヴァルディが教えていたピエタ慈善院付属音楽院の学生のために作曲されたと考えられている。 これらの曲の作曲年代については明らかになっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヘンゲルブロック=ロイヤル・コンセルトヘボウO

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。ヘンゲルブロック=ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団による新シーズン開幕演奏会。曲目等は下記の通り。リストのピアノ協奏曲以外はイタリアに因んだ曲ばかりだったがユニークなプログラム。なお協奏曲のアンコールがピアノ四重奏曲(弦は各トップ奏者)というのも変わっていた。 ○ベルリオーズ:序曲「ローマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリウス:交響曲第6番ニ短調

「ヘルベルト・ブロムシュテット自伝」(アルテスパブリッシング/2018.10)を読んでいたら、ブロムシュテット=サンフランシスコ交響楽団の演奏(DECCA/1995)のこの曲を聴きたくなり、ずいぶん久しぶりに聴いてみた。 枯れた、モノトーンの色付けで、オーボエやティンパニなどの音色にやや不満はあるものの、全般的な雰囲気はよく出ている演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/新世界~BPhデジタル・コンサートホール5~

デジタル・コンサートホールでカラヤンの「新世界」を観た。アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督によるモノクロ映像で、1966年1月2日のクレジットがある。 普段着(?)のカラヤンをオケが取り囲むような配置。大編成のオケでコントラバスは10人。カラヤンこの時58歳、ひじょうに精悍でエネルギッシュな指揮ぶり。眼は閉じているものの、拍/拍子、ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPhニューイヤーコンサート2019/ティーレマン

今年のニューイヤーは初登場のティーレマン。とはいえ、もう貫禄十分で、あまり強引さも見られず余裕綽綽の指揮ぶりだった。ステージ周辺の花々は比較的地味なものだったがなかなか美しかった。曲目も「ジプシー男爵」序曲、「芸術家の生活」、「天体の音楽」など有名曲も多少はあったものの全般的にはおとなしい選曲だったと思う。 しかし、最も楽しみにしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more