テーマ:クラシック

WPhニューイヤーコンサート2019/ティーレマン

今年のニューイヤーは初登場のティーレマン。とはいえ、もう貫禄十分で、あまり強引さも見られず余裕綽綽の指揮ぶりだった。ステージ周辺の花々は比較的地味なものだったがなかなか美しかった。曲目も「ジプシー男爵」序曲、「芸術家の生活」、「天体の音楽」など有名曲も多少はあったものの全般的にはおとなしい選曲だったと思う。 しかし、最も楽しみにしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九/ヤノフスキ=N響

今年の第九の指揮はヤノフスキ。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○メゾ・ソプラノ:加納悦子 ○テノール:ロバート・ディーン・スミス ○バス・バリトン:アルベルト・ドーメン ○指揮:マレク・ヤノフスキ ○管弦楽:NHK交響楽団 ○合唱:東京オペラシンガーズ ○収録:2018年12月22日/NHKホール ヤノフスキの指揮は概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購入CD/2018年

●:新譜/△:既購入盤の買換え/○:既発売盤/*:演奏予習用 ●ラトル/ハイドン:「想像上のオーケストラの旅」 https://zauberfloete.at.webry.info/201803/article_5.html ●「愛しいオーボエ協奏曲」/カレル・クリユス(Ob、指揮)リトアニア室内管弦楽団(ALBA/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に亡くなった方々

2018年に亡くなられた方々も少なくなかった。謹んで哀悼の意を表したい。 ○2018.03.02/ヘスス・ロペス=コボス/1940生まれ/78歳/指揮者 ○2018.04.16/ギュンター・ヘグナー/1943年生まれ/74歳/元WPh首席ホルン奏者 ○2018.05.02/ヘルマン・クレバース/1923年生まれ/94歳/元アムステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソヒエフ/展覧会の絵~BPhデジタル・コンサートホール4~

2018年5月12日のソヒエフ指揮の演奏会。当日は他に「古典交響曲」、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番などが演奏されている。 ソヒエフという指揮者はあらためてかなり優れた指揮者であるということを再認識した。はっきりと自分のやりたいことを示しつつオケに自由度を与え見事にまとめ上げていく。特に「キエフ」での終盤は凄かった。 冒頭か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヴァン・フィッシャー/シューベルト~BPhデジタル・コンサートホール3~

イヴァン・フィッシャーが指揮した2011年12月4日に行われた演奏会。当日のプログラムは下記の通り。 ○エルンスト・フォン・ドホナーニ:交響的小品集 ○イェネー・フーバイ:ヴァイオリン協奏曲第3番ト短調/Vnソロ:ダニエル・スタブラヴァ(ヴァイオリン) ○フランツ・シューベルト:5つのドイツ舞曲と7つのトリオおよびコーダ ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトレンコ/R.シュトラウス&ベートーヴェン~BPhデジタル・コンサートホール2~

キリル・ペトレンコ指揮、2018/19年シーズン開幕コンサートの模様。前半はリヒャルト・シュトラウス:「ドン・ファン」、「死と変容」、後半はベートーヴェン:交響曲第7番というプログラム(「ドン・ファン」とベートーヴェンのみ視聴)。 「ドン・ファン」、ペトレンコは比較的にこやかな表情で指揮を始めるが、オケは異様な緊張に包まれており、コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK音楽祭2018/NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団

クラシック音楽館はアラン・ギルバート=NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:歌劇「ローエングリン」から第1幕への前奏曲 ○ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 ○ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98 ○ブラームス:ハンガリー舞曲第6番 ○成田為三/カンドット:浜辺の歌 ○管弦楽:NDR…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニ:弦楽のためのソナタ

ロッシーニの弦楽のためのソナタは私にとって以前から愛着のある曲集。 1804年(ロッシーニ12歳!)に3日間で書き上げられたとされている。 https://zauberfloete.at.webry.info/201208/article_7.html この曲集のディスクはかなりの枚数持っているのだが、 https://zaub…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

今度の日曜の演奏会でこの曲を演奏する。ベートーヴェンの作品の中でも自主的に聴く回数が特に多いこの曲は昔から聴き込んできたが、実際に演奏するのは今回が初めて(これまでベートーヴェンのピアノ協奏曲は第3番しかやったことがない)。 LP時代はバックハウス/イッセルシュテット=ウィーン・フィル(DECCA/1959)、ワイセンベルク/カラヤン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「さすらう若者の歌」

9/23に放送された「クラシック音楽館」、ジョナサン・ノット=東京交響楽団のマーラー、ブルックナーはあまり興味を惹かない演奏だったが、最後に河村尚子&ホルヌングのデュオがあるというので一応消さないでいた。そして曲目はマーラーの「さすらう若者の歌」(ホルヌング編曲)ということで驚くが、演奏を聴いてさらにびっくり、眠気もいっぺんに吹っ飛ぶ超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民放のクラシック番組

NHKを除くと、民放によるクラシック音楽を対象とした番組は極めて限られている。私が知っている範囲では、 ○題名のない音楽会(テレ朝系列) http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/ ○読響シンフォニックライブ(日テレ系列) http://www.ntv.co.jp/yomikyo/ ○恋するクラシック(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ムジカ・コッラーナ演奏会

ラ・ムジカ・コッラーナという若手古楽演奏家による団体のコンサートを聴いた(豊洲シビックセンターホール)。 http://lamusicacollana.web.fc2.com/ ヴァイオリン:6、ヴィオラ:2 に加え、通奏低音はチェロ:2、ヴィオローネ、リュート/ギター、チェンバロ、という編成。曲目は下記の通り。 ○A.ヴィヴァル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

WPhシェーンブルン 夏の夜のコンサート2018

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はWPhシェーンブルン 夏の夜のコンサート2018、曲目等は下記の通り。 ○ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲から第3部 ○ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲 ○チレーア:歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」から「私は神の卑しいしもべです」 ○マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼尻=読響/アルプス交響曲

録画しておいた「読響シンフォニックライブ」を観た。今回は沼尻竜典指揮のR.シュトラウス:アルプス交響曲(2018年5月10日/新宿文化センター 大ホールにおける収録)。 あまり期待しないで(失礼)観始めたのだが、予想以上の好演だった。沼尻の巧い演出と読響のレベルの高い演奏による。「日没」はもっと劇的でも良かったとは思うが、場面転換に伴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サー・サイモン・ラトルBPh退任

録画しておいた「プレミアムシアター」の後半を観た。 ●サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/フェアウェル・コンサート ○マーラー:交響曲第6番イ短調 収録:2018年6月19・20日/ベルリン・フィルハーモニー ●ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2018 ○ガーシュイン:キューバ序曲 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイモン・ラトルとベルリン・フィル~16年の軌跡~」

録画しておいた「プレミアムシアター」の前半を観た。今回はラトル=ベルリン・フィル特集。第一部はドキュメンタリー「サイモン・ラトルとベルリン・フィル~16年の軌跡~」(2017年 ドイツ)。 ラトル自身へのインタビュー、楽員たち(ハンター、ゲッツ=トイチュ、マニンガー、ヘラー、ケリー、ザイファース、ヴァレンドルフ、ゼーガースなど)のラト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネルソンス=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。前半はアンドリス・ネルソンス指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団演奏会。曲目は下記の通り。 ○モーツァルト:交響曲第40番ト短調K550 ○チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調「悲愴」 ○管弦楽:ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 ○指揮:アンドリス・ネルソンス ○収録:2…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2018 in バイロイト

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2018 in バイロイト。歴史を感じさせる美しい歌劇場だった。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番作品72 ○ワーグナー:ウェーゼンドンクの五つの詩 ○ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調作品60 ○ベートーヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フンメル:トランペット協奏曲

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はヤンソンス=バイエルン放送響演奏会。2曲目にこの曲が演奏された。ソロは当オケ首席奏者のマルティン・アンゲラー。 アンゲラーは1977年グラーツ生まれ、2007年シュターツカペレ・ベルリン首席、2011年からバイエルン放送響首席。 https://www.br-so.com/ins…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル of トウキョウ演奏会

アンサンブルofトウキョウの演奏会を聴いた(4/10紀尾井ホール)。曲目、演奏者等は下記の通り。 ●ロッシーニ:ソナタ第1番ト長調 Vn:玉井菜採、Vn:山田麻美、Vc:河野文昭、Cb:渡邊玲雄 ●モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調K251「ナンネル七重奏」 Vn:山田麻美、Vn:玉井菜採、Vla:大野かおる、Vc:河野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルスト:組曲「惑星」

「クラシック音楽館」はN響第1878回定期公演、メインはホルスト:組曲「惑星」。平原綾香が歌う「ジュピター」ですっかり有名になってしまったこの曲だが、私にとってはクラシック音楽入門の曲の一つでもあった。数十年前に日テレで読響演奏会の番組(夕方だったか?)をやっており、そこで初めてこのような曲があることを知ることになる。 その後、初…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンセルトヘボウ&クリーヴランド管弦楽団

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。演奏者/曲目等は下記の通り。 ○ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 ○マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」 ○ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン ○管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ○指揮:ダニエレ・ガッティ ○収録:2018年1月11日 コンセルトヘボウ(アムステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エマニュエル・パユQ&A

「恋するクラシック」という番組が始まった(4/2)。BS日テレ/月曜21:00~22:00の放送。 http://www.bs4.jp/music/ 第1回のゲストはパユ様。スタジオでのバッハやドビュッシーの演奏も素晴らしかったが、その後のインタビュー/Q&Aコーナーでの「これまで最も緊張した本番/場面は?」という質問の回答にはなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近購入したCD

●オッフェンバック序曲集/ダレル・アン=リール国立管弦楽団(NAXOS/2016.3) http://ml.naxos.jp/album/8.573694 収録曲は下記の通り。 ○喜歌劇「地獄のオルフェ(天国と地獄)」序曲(C.ビンダー&J.G.ブッシュによる管弦楽編) (1860) ○喜歌劇「鼓手隊長の娘」序曲 (1879) …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「エロイカ」のスコア表紙

「ベートーヴェンの交響曲」マルティン・ゲック著、北川千香子訳(音楽之友社/2017.10)という本を読んでいたら、下記のような記述があった。 写譜師ベンヤミン・ゲーバウアーによる「英雄」のスコアで、ベートーヴェン所蔵のもの。自筆譜は消失している。「シンフォニア・グランデ(大交響曲)/ボナパルトと題する(判読不可能)/ルイ・ヴァン・ベー…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

樫本大進/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調

「クラシック音楽館」はジョルダン=ウィーン交響楽団演奏会(2017年12月1日/サントリーホール)。樫本大進のソロ、期待していた以上の名演だった。 樫本はソリストとしてのテクニック、音楽性はもちろん十全の上、テクニックで弾き飛ばすのではなく、タメやルバート、緩急やダイナミクスの差も大きく付けた 主張のある「濃い」メンデルスゾーンを聴か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カセットテープ廃棄

最近、身辺整理を少しずつ進めている。今年になってから文庫本、単行本、雑誌などかなりの量を廃棄したのだが、次の課題(?)はカセットテープ。1970~80年代前半、FMで放送された国内外のコンサートなどをエアチェック(死語?)したカセットテープが100本以上取ってあったのだが、数本を除いて思い切ってすべて廃棄処分とすることとした。この数十年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPhニューイヤーコンサート2018/ムーティ

今年のお正月は事情により リアルタイムでニューイヤーコンサートを観ることができなかったので、録画したものの視聴となった。 今回の指揮者は2004年から14年ぶりのムーティ。ニューイヤーは5回目(メータと同じ現役指揮者最多)とのこと。ムーティは1941年生まれなので現在76歳、そのワリには見た目はひじょうに若々しく(目元など周辺は除く)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九/エッシェンバッハ=N響

エッシェンバッハ=N響による第九を観た(NHK-Eテレ)。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:市原愛 ○メゾ・ソプラノ:加納悦子 ○テノール:福井敬 ○バリトン:甲斐栄次郎 ○合唱:東京オペラシンガーズ ○合唱指揮:田中祐子 ○管弦楽:NHK交響楽団 ○指揮:クリストフ・エッシェンバッハ ○収録:2017年12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more