テーマ:クラシック

オクサーナ・リーニフ

「レコード芸術」誌2020年2月号に、長木誠司氏による「ディスク遊歩人/女性指揮者~2020年代のさらなる躍進に向けて~」という記事が載っている。そこで紹介されている女性指揮者は下記の方々。 ○エリム・チャン(ノールランド・オペラ首席指揮者 兼 アントワープ交響楽団首席指揮者) ○シャン・ツァン(ニュージャージー交響楽団音楽監督) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯茂樹/「新名曲解体新書」

2019年8月に亡くなられた佐伯茂樹氏による、「音楽の友」に連載された「新名曲解体新書」および、「音楽の友」「レコード芸術」に掲載されたインタヴュー記事、特集記事やコラム、CD評などがまとめられMOOK化された。 https://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k.php?id=344 どれも一回は目を…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

バリー・タックウェル氏ご逝去

バリー・タックウェル氏が1/16に亡くなられたとのこと(享年88歳)。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://www.abc.net.au/classic/read-and-watch/news/vale-barry-tuckwell/11876484 https://slippedisc.com/2020/01/sadnes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年に亡くなった方々

2019年も、少なくない方々がお亡くなりになった。心から哀悼の意を表したい。 ○2019.01.10/テオ・アダム/1926年生まれ/92歳/バス・バリトン歌手 ○2019.02.28/アンドレ・プレヴィン/1929年生まれ/89歳/指揮者 ○2019.02.28/ゲルト・ザイフェルト/1931年生まれ/87歳/元ベルリン・フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPhデジタルコンサートホール

毎年、ベルリン・フィル新シーズン案内プログラムと一緒に、7日間無料券というのをいただけるのだが、年内が有効期限ということで結局年末にまとめて観ることになってしまう。今年はインフルエンザで寝込んでいたこともあり、時間もあまりなく、ペトレンコの第九を始めいくつかの演奏会のさわりを観るだけで精一杯だった。 あと、土日、年末休暇に入ってからは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソヒエフ=N響/チャイコフスキー:交響曲第4番

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。今回はソヒエフ=N響演奏会。曲目等は下記の通り。 ○バラキレフ/リャプノーフ編曲:東洋風の幻想曲「イスラメイ」 ○ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43 ○チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 作品36 ○管弦楽:NHK交響楽団 ○指揮:トゥガン・ソヒエフ ○収録:20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペーター・シュライヤー氏ご逝去

ペーター・シュライヤー氏がお亡くなりになった(享年84歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 https://slippedisc.com/2019/12/peter-schreier-died-on-christmas-day/ 私が最初に買った「魔笛」(スゥイトナー=SKD/1970)でタミーノを歌っていたのがシュライヤーだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R.Strauss:Morgen!

2019年10月10・11日にミュンヘン・ヘルクレスザール行われた演奏会の模様がバイエルン放送響のサイトで視聴できる。 https://www.br-so.com/brso-media-center/videos/ R.シュトラウス:「インテルメッツォ」4つの交響的間奏曲 と、 ブラームス:交響曲第4番ホ短調 の間にシュトラウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドヴォルザーク:交響曲第8番/プレヴィン=ベルリン・フィル

プレヴィンはウィーン・フィルとの録音を数多く残しているが、 https://zauberfloete.at.webry.info/201903/article_1.html ベルリン・フィルとはこれが唯一(管楽セレナーデがあったかも)の録音/映像。 以前、DVDで発売されていたが現在は入手不可能。が、なぜかYouTubeにアップさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネゼ・セガン=フィラデルフィア管弦楽団

「クラシック音楽館」を観た。今回はNHK音楽祭2019/ヤニック・ネゼ・セガン=フィラデルフィア管弦楽団、曲目等は下記の通り。 ○ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18 ○ブラームス:6つの小品作品118から第2曲 間奏曲イ長調 ○ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調作品95「新世界から」 ○ラフマニノフ:「ヴォカリーズ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 マリス・ヤンソンス氏

この20年間、セッション録音(録音のためにホールやスタジオを借り切って収録すること)という形態は激減したが、ライブ録音という形で最も多くの録音や映像を残した指揮者がヤンソンス氏ではなかったかと思う。 RCO LIVE(ロイヤル・コンセルトヘボウO自主レーベル)、BR-KLASSIK(バイエルン放送自主レーベル)などに残した録音および、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリス・ヤンソンス氏ご逝去

マリス・ヤンソンス氏が11月30日、サンクトペテルブルクの自宅で 亡くなられたとのこと(享年76歳)。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://www.br-so.com/ https://www.wienerphilharmoniker.at/en https://www.berliner-philharmoniker.de…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤルヴィ=N響/シベリウス

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。ヤルヴィ=N響によるノルディック音楽集。曲目等は下記の通り。 ○トゥール:「ルーツを求めて~シベリウスをたたえて~」 ○ニルセン:フルート協奏曲 ○ニルセン:劇音楽「母」から「こどもたちが遊んでいる」(アンコール) ○シベリウス:交響曲第6番ニ短調作品104 ○シベリウス:交響曲第7番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019 セイジ・オザワ松本フェスティバル/オーケストラ・コンサート

録画しておいた「プレミアムシアター」後半を観た。2019 セイジ・オザワ松本フェスティバルのオーケストラ・コンサート。曲目等は下記の通り。 ○レブエルタス:センセマヤ ○モーツァルト:交響曲第35番ニ長調K385「ハフナー」 ○チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調「悲愴」 ○チャイコフスキー:歌劇「エフゲーニ・オネーギン」から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樫本大進/ビシュコフ=チェコ・フィル演奏会

ビシュコフ=チェコ・フィルによる演奏会(NHK音楽祭)を聴いた(10/25 NHKホール)。 ちゃんとした(?)オケを良い席で聴くというのもずいぶん久しぶりのこと。 チェコ・フィルはナマでは初めて聴いたが、弦はふっくらとした柔らかい響き、木管も華やかさはないが落ち着いた響き、金管もバリバリ鳴らすことはなくワリと上品で、全体的に好まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲

私の実家には以前何枚かのSPレコードと手巻きプレーヤーがあった。誰が入手し、誰が聴いていたものなのか確認することはもはや不可能だが、覚えているものは下記の通り。 ○タイケ:「旧友」/フチーク:「剣士の入場」 ○スッペ:「軽騎兵」序曲 ○オッフェンバック:「天国と地獄」序曲 ○シュトラウス:「ジプシー男爵」序曲 ○ワーグナー:「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトリーヌ・カンタン

カトリーヌ・カンタンといえば、プレートル=パリ・オペラ座管弦楽団のモーツァルト協奏曲集のCD(FORLANE/1988)で、ト長調のコンチェルトとフルートとハープのための協奏曲の2曲でソロを吹いていた人。あらためて聴き直してみたが、艶やかな音色で若々しくアグレッシブな演奏をしている。 名前しか知らない奏者だったが、バンド・ジャーナル9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80歳記念コンサート

モーリス・ブルグ80歳記念コンサートが11月に行われるとのこと。 https://www.yamahaginza.com/hall/event/003832/ 吉井瑞穂、ギヨーム・サンタナなど、協演者も豪華な顔ぶれとなっている。 さらに、ハインツ・ホリガーの生誕80年記念コンサートも予定されている。 https://www.as…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 佐伯茂樹氏

タワーレコードのHPに佐伯茂樹氏の追悼記事が掲出されている。 https://tower.jp/article/campaign/2019/08/05/06 上記記事にある通り、佐伯氏の執筆活動は単行本に加え、CD解説領域での著作も見逃せない。それは単なる曲目解説にとどまらず、演奏者(特に管楽器奏者)の使用楽器や奏法まで踏み込んだ佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯茂樹氏ご逝去

佐伯茂樹氏が8/1に心不全のため亡くなられたとのこと。 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=358088788422603&set=a.358088861755929&type=1&theater あまりにも突然の訃報に驚いている。 佐伯氏といえば、名著「名曲の『常識』『非常識』~オーケ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BPh/ヴァルトビューネ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」の後半を観た。ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2019の模様で、指揮はソヒエフ。曲目等は下記の通り。 〇プロコフィエフ:組曲「キージェ中尉」 〇クリングゾル/ラヴェル:シェエラザード 〇プロコフィエフ/ソヒエフ編:「ロメオとジュリエット」組曲 第2番 〇プロコフィエフ/ソヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPh/シェーンブルン 夏の夜のコンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はWPhとBPhの野外コンサートの模様。まずWPhの方から。指揮はドゥダメル、曲目は下記の通り。 〇バーンスタイン:「キャンディード」序曲 〇ヨハン・シュトラウス:ジュビリー・ワルツ 〇ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー(1942年版) 〇ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザリャジエ・コンサートホール開場記念演奏会

録画しておいた「プレミアムシアター」後半を観た。まず、「最高の音響を求めて」というドキュメンタリー番組。「シューボックスかワインヤードか」というサブタイトルが示す通り、世界各地のコンサートホール、オペラハウスなどを音響工学的/音響設計的視点から分析する。豊田泰久氏のインタビュー/説明、ベルリン国立歌劇場のリニューアル工事、ピエール・ブー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレヴェッヘ=ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会

録画しておいた「プレミアムシアター」の前半を観た。ヘレヴェッヘ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58 ○スカルラッティ:ソナタ ハ短調 K.11(アンコール) ○ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73 ○ピアノ:イエフィム・ブロンフマン ○管弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WPh/Elbphilharmonie LIVE

ウィーン・フィル/エルプフィルハーモニー・ライブが公開されている(期間限定かどうかは不明)。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/videos/930898237244432/?fref=ts 2019年6月5日ハンブルク、エルプフィルハーモニーでの演奏会。指揮はマリス・ヤンソンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。ハーディング=BPhによるヨーロッパ・コンサート2019。曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルシファル」から「聖金曜日の不思議」 ○ベルリオーズ:歌劇「トロイ人」から「王の狩りと嵐」 ○ドビュッシー/ラインスドルフ編:歌劇「ペレアスとメリザンド」組曲から抜粋 ○ドビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉谷昭子さんご逝去

ピアニストの杉谷昭子さんが5/8に亡くなられたとのこと。 東京芸術大学、ケルン音楽大学大学院などで学び、デュッセルドルフでのデビュー後、ドイツと日本を中心に演奏活動を行っていた。 ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、ベルリン・フィル団員らとのシューベルト始め多くの録音があるが、私が愛聴していたのはベートーヴェンのピアノ協奏曲全集。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェスティヴァル・オッフェンバック

2019年はオッフェンバック生誕200年ということでさまざまなディスクは発売されている。 ○オペラとオペレッタ集(Warner Classics) という凄いセットもあるようだが、 https://tower.jp/item/4875665/オッフェンバック:-オペラとオペレッタ集 今回購入したのはそのハイライト版(3枚組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「失われた手稿譜」

「失われた手稿譜 ~ヴィヴァルディをめぐる物語~」という本を読んだ。著者はフェデリーコ・マリア・サルデッリ、関口英子・栗原俊秀訳で東京創元社より2018年3月に出版されている。 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488010782 ヴィヴァルディの手稿譜がたどった数奇な運命を、史実を基に再構成し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」序曲/クライバーVSカラヤン

J.シュトラウス:「こうもり」序曲のクライバーとカラヤンの指揮ぶりを観察した。オケは両方ともウィーン・フィル。 まず、クライバー。1989年1月1日のニューイヤーコンサート。 https://www.youtube.com/watch?v=GcAAeAVqnLk 久しぶりにクライバーの指揮を観たが、とにかく左手のめちゃくちゃ雄弁な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more