テーマ:ブラームス

NHK音楽祭2018/NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団

クラシック音楽館はアラン・ギルバート=NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:歌劇「ローエングリン」から第1幕への前奏曲 ○ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 ○ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98 ○ブラームス:ハンガリー舞曲第6番 ○成田為三/カンドット:浜辺の歌 ○管弦楽:NDR…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンセルトヘボウ&クリーヴランド管弦楽団

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。演奏者/曲目等は下記の通り。 ○ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 ○マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」 ○ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン ○管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ○指揮:ダニエレ・ガッティ ○収録:2018年1月11日 コンセルトヘボウ(アムステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス:ドイツ・レクイエム

もう何十年もクラシック音楽を聴き続けているが、まったく馴染みのない/知らない曲というのも少なくない。 ピアノ独奏やヴァイオリン・ソナタ、室内楽などを除外しても、シンフォニーではシューベルトやメンデルスゾーンの初期(CDは持っているが)、ブルックナー(4、7番除く)、プロコフィエフ(1番除く)、ショスタコヴィチ(5番除く)などはまったく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンゲルブロック/=NDRエルプ・フィル/ブラームス4番

ハンブルクに新しくできたエルプ・フィルハーモニーで昨年11月に録音されたヘンゲルブロック=北ドイツ放送エルプ・フィルハーモニー管弦楽団によるブラームス3・4番のCD(SONY)を図書館で借りてきた。 第4を聴き始めてびっくり。作曲者自身によって削除された4小節の序奏が演奏されている。 この「幻」の序奏の存在は知っていたが、実際に聴く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーティ=ウィーン・フィル演奏会

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はザルツブルク音楽祭2015/ムター&ムーティ指揮ウィーン・フィルコンサート。曲目等は下記の通り。 ○チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35 ○バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番ニ短調から サラバンド ○ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73 ○ヴァイオリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイティンク=ロンドン交響楽団演奏会

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。今回はNHK音楽祭2015/ベルナルト・ハイティンク指揮 ロンドン交響楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○パーセル/スタッキー編曲:メアリー女王のための葬送音楽 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58 ○ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68 ○管弦楽:ロンドン交響楽団 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェルザー・メスト=クリーブランドO/ブラームス

録画しておいた「プレミアムシアター~フランツ・ウェルザー・メスト指揮 クリーブランド管弦楽団/ブラームス演奏会」を観た。曲目等は下記の通り。 ○ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調作品15 ○ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲作品56a ○ブラームス:悲劇的序曲作品81 ○ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリナー=N響

「クラシック音楽館」はN響コンサート/第1793回定期公演、2014年11月15日NHKホールでの収録。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61 ○バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004から「サラバンド」 ○ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68 ○ヴァイオリン:セルゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリシュカ=札幌交響楽団

録画しておいた「クラシック音楽館/札幌交響楽団定期演奏会」を観た。2014年11月14日札幌コンサートホールKitaraでの収録。曲目は下記の通り。 ○ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲 ○モーツァルト:交響曲第38番二長調K504「プラハ」 ○ブラームス:交響曲第2番二長調作品73 ○管弦楽:札幌交響楽団/指揮:ラドミル・エリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス:ハンガリー舞曲第5番

録画しておいた「ららら♪クラシック」をやっと観た。この番組は一応、クラシック音楽初心者向けということにはなっているが、そうではない人でもひじょうに参考になる場合があり面白い。今回は「ブラームスのハンガリー舞曲」。 ブラームスの「ハンガリー舞曲集」は元々ピアノ連弾用に書かれ、その後さまざまな人により管弦楽用に編曲された、ということは知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルツェルン音楽祭2014 開幕コンサート

録画しておいた「プレミアムシアター:ルツェルン音楽祭2014 開幕コンサート」を観た。曲目などは下記の通り。 ○ブラームス:セレナード第2番イ長調作品16 ○ブラームス:アルト・ラプソディー 作品53/アルト:サラ・ミンガルド/合唱:バイエルン放送合唱団 ○ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73 ○管弦楽:ルツェルン音楽祭管弦楽…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブラームス:二重協奏曲第二楽章のフレージング

10月の演奏会でこの曲を演奏するのだが、第二楽章の主題のフレージング/解釈の統一が不十分なような気がしている。6つの音符にスラーが付いているADEAFisD という音型を、どのようなフレーズとして考えるかということであり、大きく分ければ下記のようなやり方があると思う。 ①6つの音符全体を一つの大きなフレーズとして考える ②冒頭のホル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調

ブラームスの最後の管弦楽曲であるこの曲は、第四交響曲が作曲された翌年の1887年に作曲された。「合奏協奏曲」からその形式の着想を得たとも言われており、ブラームスらしく地味で渋い曲であると思う。 来週の演奏会、さらに秋の演奏会でもこの曲を演奏することになっているのだが、実は私にとってはあまり馴染みのない曲だった。そのため、曲目が決まった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツィンマーマン/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

クラシック音楽館を観た。ブロムシュテット=N響による第1762回定期公演(2013年9月27日/NHKホール)、曲目は下記の通り。 ○ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77 ○バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番ホ長調BWV1006からプレリュード ○ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98 ブロムシュテットのブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2007

来年はブラームス:Vn&Vcの二重協奏曲を2回(年明けと秋)演奏する予定になっており、勉強の意味もありこのDVD(EuroArtsレーベル「カタログ付DVD」で廉価盤化)を購入した。2007年5月1日のヨーロッパ・コンサートの映像で曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:楽劇「パルジファル」前奏曲 ○ブラームス:ヴァイオリンとチェロのた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブロムシュテット=NHK交響楽団

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。N響第1760回定期公演(2013年9月11日/サントリーホール)、ブロムシュテット指揮のブラームス・プログラム。曲目は下記の通り。 ○ブラームス:大学祝典序曲作品80 ○ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲作品56a ○ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68 ブロムシュテットは192…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティーレマン=シュターツカペレ・ドレスデン

録画しておいたティーレマン=シュターツカペレ・ドレスデンによるブラームス・ツィクルス(4)を観た。2013年4月、ドレスデン・ゼンパーオーパーでの収録。曲目などは下記の通り。 ○ブラームス:大学祝典序曲 ○ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77/ヴァイオリン:リサ・バティアシュヴィリ ○ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンソンス=WPh/ブラームス:交響曲第1番ハ短調

BSスカパーをつけたらヤンソンス=WPhのコンサートをやっていた(ザルツブルク音楽祭2012)。ワーグナーの歌曲の途中で、最初の曲は「ドン・ファン」だったらしい、残念。 ヤンソンスの指揮は相変わらずきっちりしたもので、流れを重視するというよりは、タテの線を合わせると言うかタメもしっかり取り、メリハリをきちんと付けているように感じられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティーレマン=シュターツカペレ・ドレスデン/ブラームス:交響曲第2番ニ長調

プレミアム・シアターで放送された映像で、ドレスデンのゼンパーオーパーで2013年1月の収録。他に、ブゾーニ:喜劇序曲 作品38、ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品83(ピアノ:マウリツィオ・ポリーニ)も演奏された。 ティーレマンの指揮は、概してテンポは速めだが、フレーズに応じてテンポを巧みに変化させ、ある時は凄まじいアチェレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五嶋みどり&ズービン・メータ=ミュンヘン・フィル             

録画しておいたメータ=ミュンヘン・フィルの演奏会(NHK-BS プレミアムシアター)をやっと観た。曲目等は下記の通り。2013年2月、ミュンヘン・フィルハーモニーで収録されたもの。 ○ブラームス:悲劇的序曲 作品81 ○ヒンデミット:交響曲「画家マチス」 ○ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品77 ズービン・メータ=ミュン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ティーレマン=シュターツカペレ・ドレスデン

録画しておいた「特選オーケストラ・ライブ NHK音楽祭2012」を観た(NHK-BSプレミアム)。2012年10月22日NHKホールでの収録。クリスティアン・ティーレマン指揮、シュターツカペレ・ドレスデンの演奏。曲目は下記の通り。 ○ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90 ○ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68 ○ワーグナー:歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノリントン=N響・河村尚子/ベートーヴェン、ブラームス

録画しておいた「特選オーケストラ・ライブ」(BSプレミアム6/17放送)を観た。今回N響第1726回定期公演、2012年4月25日サントリーホールで収録されたもの。曲目は下記の通り。 ○ベートーヴェン:序曲「コリオラン」作品62 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58/ピアノ:河村尚子 ○ブラームス:交響曲第2番二長調…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バティアシュヴィリ/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

N響アワーは再びバティアシュヴィリの登場(2011年12月)。番組冒頭では2009年のショスタコヴィチのコンチェルトの一部が放映されていたが、やはりあれは超名演だったのだろう。 http://zauberfloete.at.webry.info/200911/article_8.html 今回は地味で渋いブラームスなのでどのような演…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ベーム盤のクラリネット奏者

先日のベームのブラームス1番の記事に関し、通りすがりさんからコメントをいただいた。 http://zauberfloete.at.webry.info/201108/article_18.html 「ライスターが自身の回想録で、印象深い録音の一枚にこのベーム盤を上げていた」と記憶されているとのことで、早速該当箇所を読み直してみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス:交響曲第1番/ベーム=ベルリン・フィル

私がこれまで持っていたのは、DGの20世紀の巨匠シリーズ:カール・ベームの芸術という中の一枚で、2006年に発売されたもの。OIBPのリマスタリングによる1200円の廉価盤だった(UCCG-4153/453 5432)。 http://zauberfloete.at.webry.info/200610/article_20.htm…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ヤンソンス=ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールで下記のコンサートの模様が期間限定(5/15まで)で無料公開されている。 「オランダ女王公式訪独記念コンサート」(2011年4月13日収録) マリス・ヤンソンス=ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ○メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調/ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン ○ブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲二長調~第二楽章冒頭のオーボエ・ソロ~

ブラームスのヴァイオリン協奏曲第二楽章冒頭のオーボエ・ソロを聴くだけのために、5枚組のセットを購入する人はまずいないと思う・・。 今回、以前から気になっていたメニューインが弾くブラームスのコンチェルト(ケンペ=ベルリン・フィル/1957/EMI)が、他のヴァイオリン協奏曲とセットで5枚組で発売された。店頭で見つけて一回は買わずに帰宅し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スウィトナー=N響

N響アワーは今年初めに亡くなったオトマール・スウィトナー氏特集。1988年の「魔弾の射手」序曲と、1989年のブラームス:交響曲第3番。 リハーサル風景も放映されており、「ブラームスは大阪ではなく北海道なのでもっと硬く・・」という表現も面白かったが、シュタイン、サヴァリッシュとはまた一味異なる柔軟性に富んだ、それでいて手堅くオーソドッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームス:交響曲第3番ヘ長調

私の出身高校のOBオケを聴いた。 このオケは卒業生であれば誰でも各回毎にエントリーして参加できる開かれたオケ。とはいっても主要なメンバーはある程度固定はしているようだ。私もこれまでに頼まれて1回、エントリーして2回出演したことがある。 今回は、ヴァイオリン協奏曲、交響曲第3番などオール・ブラームス・プログラム。コンチェルト、シンフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン=ベルリン・フィル/ブラームス:交響曲第1番

「カラヤンの芸術」の録画の中からブラームス第1を観た。 1973年ユニテル制作のフィルムで、第3・4番はLDで持っているのだが、第1番は初めて観る。 60代前半のカラヤンはさすがに颯爽としており、音楽づくりも速めのテンポで若々しい。ブラームスにはもう少しタメや粘りも欲しいという見方もあろうが、これはこれでスジが通った主張のある演奏だ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more