テーマ:映像

WPh/Elbphilharmonie LIVE

ウィーン・フィル/エルプフィルハーモニー・ライブが公開されている(期間限定かどうかは不明)。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/videos/930898237244432/?fref=ts 2019年6月5日ハンブルク、エルプフィルハーモニーでの演奏会。指揮はマリス・ヤンソンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーディナー=バイエルン放送響/ハイドン

バイエルン放送交響楽団のHP, BRSO Mediathek→Videos で https://www.br-so.de/brso-mediathek/videos/ サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮のハイドンの交響曲他を観た(主に前半を視聴)。 2019年5月23・24日、ミュンヘン・ヘルクレスザールでの演奏会の模様。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」序曲/クライバーVSカラヤン

J.シュトラウス:「こうもり」序曲のクライバーとカラヤンの指揮ぶりを観察した。オケは両方ともウィーン・フィル。 まず、クライバー。1989年1月1日のニューイヤーコンサート。 https://www.youtube.com/watch?v=GcAAeAVqnLk 久しぶりにクライバーの指揮を観たが、とにかく左手のめちゃくちゃ雄弁な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヴァン・フィッシャー=バイエルン放送響/モーツァルト39番

バイエルン放送交響楽団のHP, BRSO Mediathek→Videos で https://www.br-so.de/brso-mediathek/videos/ イヴァン・フィッシャー指揮のモーツァルト:交響曲第39番の演奏を観た。 2019年4月12日、ミュンヘン、ヘルクレスザールでのライブ。 まず序奏。フィッシャーは「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/新世界~BPhデジタル・コンサートホール5~

デジタル・コンサートホールでカラヤンの「新世界」を観た。アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督によるモノクロ映像で、1966年1月2日のクレジットがある。 普段着(?)のカラヤンをオケが取り囲むような配置。大編成のオケでコントラバスは10人。カラヤンこの時58歳、ひじょうに精悍でエネルギッシュな指揮ぶり。眼は閉じているものの、拍/拍子、ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソヒエフ/展覧会の絵~BPhデジタル・コンサートホール4~

2018年5月12日のソヒエフ指揮の演奏会。当日は他に「古典交響曲」、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番などが演奏されている。 ソヒエフという指揮者はあらためてかなり優れた指揮者であるということを再認識した。はっきりと自分のやりたいことを示しつつオケに自由度を与え見事にまとめ上げていく。特に「キエフ」での終盤は凄かった。 冒頭か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヴァン・フィッシャー/シューベルト~BPhデジタル・コンサートホール3~

イヴァン・フィッシャーが指揮した2011年12月4日に行われた演奏会。当日のプログラムは下記の通り。 ○エルンスト・フォン・ドホナーニ:交響的小品集 ○イェネー・フーバイ:ヴァイオリン協奏曲第3番ト短調/Vnソロ:ダニエル・スタブラヴァ(ヴァイオリン) ○フランツ・シューベルト:5つのドイツ舞曲と7つのトリオおよびコーダ ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトレンコ/R.シュトラウス&ベートーヴェン~BPhデジタル・コンサートホール2~

キリル・ペトレンコ指揮、2018/19年シーズン開幕コンサートの模様。前半はリヒャルト・シュトラウス:「ドン・ファン」、「死と変容」、後半はベートーヴェン:交響曲第7番というプログラム(「ドン・ファン」とベートーヴェンのみ視聴)。 「ドン・ファン」、ペトレンコは比較的にこやかな表情で指揮を始めるが、オケは異様な緊張に包まれており、コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=ベルリン・フィル/ハイドン:交響曲第99番~BPhデジタル・コンサートホール1~

年末までの期間限定無料クーポンをもらっていたので、ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールを視聴した。 まず、2011年2月12日の演奏会。当日はこの曲が最初で、次に細川俊夫:ホルン協奏曲の世界初演(ソロ:ドール)、最後に「グレート」が演奏されている。 弦は1stVn:9始めやや小さい編成。序奏の最初の音からティンパニ(ゼーガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラン・パルティータ/メータ=ベルリン・フィル

YouTubeでメータ=ベルリン・フィル・メンバーによるモーツァルト:セレナーデ変ロ長調K361(K370a)/グラン・パルティータの映像を発見した。フィルハーモニーでの演奏会、1993年と表示されており、SONYから発売されているCD(録音は1993年4月21~23日)とまったく同じメンバーによる演奏。 https://www.yo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:弦楽五重奏曲ハ長調K515

イブラギモヴァが1stVnを弾いたモーツァルトのハ長調の弦楽五重奏の映像を観た。 https://www.youtube.com/watch?v=iU-LiPWusrI Delft Chamber Music Festival 2013年7月の演奏会の模様と思われる。演奏者は、 Liza Ferschtman, Alina Ibr…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番/内田光子、ラトル=BPh

内田光子が弾くモーツァルト:ピアノ協奏曲第27番を観た(ベルリン・フィル デジタル・コンサートホール)。2017年10月7日フィルハーモニーでの収録、指揮はラトル。 超名演だった上に、この曲が名曲であるということをあらためて認識させられることとなった。もちろん、この曲が優れたピアノ協奏曲であることは知ってはいたが、今回のような演奏は初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホーネック VS シュテフェンス

マンフレート・ホーネック(1958~)は、ウィーン・フィルのヴィオラ奏者から指揮者になった人で、現WPhコンマスのライナー・ホーネックの兄。一方、カール=ハインツ・シュテフェンス(1961~)はベルリン・フィルのソロ・クラリネット奏者だった人。とはいえ、ホーネックはサロネン、ヘンゲルブロックなどと同い年、シュテフェンスはダニエレ・ガッテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番/ポリーニ、ティーレマン=ベルリン・フィル

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールでモーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調を観た。ピアノはポリーニ、ティーレマン指揮ベルリン・フィル、2012年12月15日ベルリン・フィルハーモニーでの演奏。 ポリーニによるこの曲は、2005年のウィーン・フィルとのライブがCD化されており名演だった。 http://zauberfloe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハフナー」・「悲愴」/ペトレンコ=ベルリン・フィル

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールを観た。ペトレンコ指揮、2017年3月23日ベルリン・フィルハーモニーでの演奏。 まず、モーツァルト:「ハフナー」交響曲。弦の人数をかなり減らしているせいなのか、マイクのセッティングのせいなのか、クラリネット含め管楽器の音がよく聴こえる風通しの良いオケの音。が、普通よくあるインテンポで通す演…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番/ピリス、ブロムシュテット=ベルリン・フィル

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールでモーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調を観た。ピアノはマリア・ジョアン・ピレシュ(以前はマリア・ジョアオ・ピリスと呼ばれていた)、ブロムシュテット指揮ベルリン・フィル、2017年12月9日ベルリン・フィルハーモニーでの演奏。 第23番はモーツァルトのピアノ協奏曲の中でも、これほどプロポー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト:ピアノ協奏曲第18・22番/内田光子、ラトル=BPh

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで内田光子の弾くモーツァルトの協奏曲を観た。両曲とも期待通りの超名演だった。特に第22番は録音でも決定盤がないだけに、今回の演奏は貴重で、お金を払っても観る価値はあると思う。 http://zauberfloete.at.webry.info/201005/article_14.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:セレナード第10番「グラン・パルティータ」/ベルリン・フィル

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールでモーツァルト:「グラン・パルティータ」を観た。2016年4月10日、小澤征爾が指揮した演奏会の前半に楽員のみ(指揮者なし)で演奏されたもの。 メンバーは下記の通り。 ○オーボエ:ケリー、ヴィットマン ○クラリネット:フックス、ザイファース ○バセットホルン:バーダー、エキストラ(ベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーバラ・ハニガン

バーバラ・ハニガンについて調べていたら、まず見つかったのがこの↓動画。ジョルジ・リゲティのオペラ「Le Grand Macable」からアリアをコンサート用に抜き出した「Mysteries of the Macabre」(1992)。ラトル=ロンドン交響楽団の2015年1月15日のコンサートの映像。 https://www.youtu…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小沢征爾インタビュー

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで、樫本大進が小澤征爾にインタビューした映像を観ることができる。 https://www.digitalconcerthall.com/ja/interview/22406-5 2016年4月行われた7年ぶりのコンサートの直後に収録されたもの。 また、コンサートに先立って行われたと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難民とボランティアのためのコンサート

去る3/1にベルリン、フィルハーモニーで開催された、難民と彼らを助けるボランティアのための演奏会の模様がベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで無料で視聴できる。 https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/23677?a=twitterjapan&c=true 曲目、演奏者等は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=ベルリンフィル/ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールを観た。ラトル指揮の第九交響曲。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:アンネッテ・ダッシュ ○メゾソプラノ:エーファ・フォーゲル ○テノール:クリスティアン・エルスナー ○バス:ディミトリー・イヴァシュシェンコ ○合唱:ベルリン放送合唱団, ○合唱指揮:サイモン・ハルシー ○…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ラトル=ベルリン・フィル/モーツァルト交響曲集

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールのニュースレター上でラトル指揮モーツァルト三大交響曲の演奏会のライブ無料サービスが付いていたので視聴した。2013年8月23日の演奏会で、このうち「ジュピター」は「レコード芸術」誌の付録として添付されていたもの。 http://zauberfloete.at.webry.info/20140…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BR-KLASSIK WebConcert

バイエルン放送響のHPを開けたところ、KONZERTE DIGITALというメニューがあり、WebConcertを観ることができるようになっていた(ワリと最近のことなのだろうか)。 http://www.br.de/radio/br-klassik/webconcert/webconcert-symphonieorchester-10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供のための「くるみ割り人形」

先日、ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールのアーカイブを観ていたら、「教育プログラム」というセクションはほとんどが無料映像であることがわかった。ということで、とりあえず観たのがこれ。 2010年12月11日にフィルハーモニー・ホールで行われた子供のためのコンサート。管楽九重奏+コントラバスという編成による「くるみ割り人形」。ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:想像上のオーケストラの旅/ラトル=ベルリン・フィル

2014年2月15日に行われたコンサートの最後に演奏されたのが、ヨーゼフ・ハイドンの交響曲、「天地創造」、「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」などからの抜粋で構成された「想像上のオーケストラの旅」という組曲(?)。 以下、デジタル・コンサートホールで視聴したもの。構成曲は下記の通り(メモが不十分だったため順番など一部間違いがあるかも…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:交響曲第95・98番/デジタル・コンサートホール

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで観た最近のハイドンの交響曲の演奏のうち、印象的だったものを二つ採り上げてみたい。 ●ハイドン:交響曲第95番ハ短調/ラトル(2012/09/23) ハイドン最後の短調の交響曲、とはいえ、第一楽章冒頭こそハ短調だが途中からハ長調に変わり、終楽章もハ長調の音楽で一貫する。が、特筆すべきは第三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン交響曲の編成/最近のベルリン・フィル演奏会から

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで最近のハイドンの交響曲を視聴した。曲目、演奏会年月日、指揮者、配置、編成(2nd,Vlaに関しては概数)などは下記の通り。 ○交響曲第92番ト長調(2008/11/01) ラトル 1st:8/Vc:4/Vla:4/2nd:8/Cb:3 小型ティンパニ http://zauberfloe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツィンマーマン=ベルリン・フィル/モーツァルト:Vn協奏曲第3番

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで2014年5月17日のライブを観た。当日はアバドの指揮が予定されていたが、アバドが同年1月に亡くなったため、予定されていた曲をツィンマーマンが弾き振りしたもの。 ツィンマーマンによるこの曲はつい最近新譜(2014/3録音)がリリースされたばかり。 http://zauberfloete.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more