テーマ:映像

オクサーナ・リーニフ=ウィーン交響楽団/ワーグナー

オクサーナ・リーニフ=ウィーン交響楽団によるワーグナー作品の映像が公開されている。 https://www.youtube.com/watch?v=P1AeOui2ODw 12回目のWohnzimmer/Living room-Konzert 2021年2月19日にウィーン・コンツェルトハウスで行われた演奏。 曲目等は下記の通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クライバー=WPh/ベートーヴェン:交響曲第5番(第一楽章)動画

2021/02/06付けでYouTubeに掲出されている。 https://www.youtube.com/watch?v=63YmehCJRek コメントおよび他の資料によれば、1981年4月27日のカルロス・クライバー=WPhのメキシコ/グァナファトでの演奏会(メキシコでTV放送された)らしい。 これまで不完全版(?)は出回っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アバド没後7年

アクセンタスミュージックは、クラウディオ・アバドを偲んで、ルツェルンでの最後のコンサートをVODプラットフォームで48時間(2021年1月22日午後6時まで)無料で視聴できるようにしている。 https://vimeo.com/502340565 曲目等は下記の通り。 ○ブラームス:「悲劇的序曲」 ○シェーンベルク:「管弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フィル歴代首席フルート奏者

YouTubeでポリーニ/ベーム=WPhのモーツァルト:ピアノ協奏曲第19番へ長調K459の演奏を観た。 https://www.youtube.com/watch?v=BeemIt-u23w この映像は以前DVDで出ていたもので、CDと同時期のハズなので1976年収録ということになる。 さて、ここでフルートのトップを吹いている人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BEETHOVEN IN CLOSE-UP

BEETHOVEN IN CLOSE-UP というシリーズ(ベルリン・フィル団員による室内楽公演)が2020年12月14日~17日に渡って、フィルハーモニー室内楽ホールで無観客で行われ、BPhデジタルコンサートホールに収録されている。 ○part1 12/14 管楽アンサンブルによる初期作品 ○part2 12/15 初期弦楽四重奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K482

1785年12月16日/ウィーンの日付を持つこの曲は、第23番K488、24番K491とともに、四旬節のコンサートのために作曲された(歌劇「フィガロの結婚」の作曲時期と重複している)。 モーツァルトが自分で演奏するために作曲したこれら3曲の協奏曲は、彼の生前には出版されなかった。第23番のみモーツァルトが作ったカデンツァが残されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調/内田光子

BPhデジタルコンサートホールで内田光子が弾くベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番を観た。 2010年2月4日の演奏会、指揮はサー・サイモン・ラトル。 BPhレコーディングスから発売されている録音と同じ音源と思われる。 https://tower.jp/item/4817965/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトレンコ=BPh/「グラン・パルティータ」

BPhデジタルコンサートホールで、モーツァルト:「グラン・パルティータ」を観た。 ベルリン・フィルメンバーによる「グラン・パルティータ」は2016年4月10日の演奏会(指揮者なし)以来。 https://zauberfloete.at.webry.info/201612/article_10.html 2020年6月13日に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロムシュテット=バイエルン放送響/グレート

ブロムシュテット指揮バイエルン放送響による、シューベルト:交響曲第8番ハ長調「グレート」をBR-KLASSIKで観ることができる。 2020年12月18日、ミュンヘン、ヘルクレスザールで無観客で行われた演奏会。 https://www.br-klassik.de/concert/ausstrahlung-2367556.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響演奏会

11/20に行われたオクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響の演奏会をBR KLASSIKで観ることが出来る。 曲目は当初、ワーグナー、シューマン等のプログラムだったが下記のように変更された。 ○モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K364 ○メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」 ○ヴァイオリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゲルギエフ=ミュンヘン・フィル演奏会

BR-KLASSIKで、ゲルギエフ指揮のミュンヘン・フィル演奏会を観た。 2020年9月19日/フィルハーモニー・ガスダイク。プログラムは下記の通り。 ○ロッシーニ:「チェネレントラ」序曲 ○モーツァルト:ホルン協奏曲第4番変ホ長調K495 ○ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 https://www.br-klassik.d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:ロンドントリオ第3番ト長調

1794年、ザロモンの招きによる2度目のロンドン滞在中にハイドンが書いた作品で、オリジナルは「2本のフルートとチェロのための三重奏曲」で、4曲で構成されている(Hob. IV:1~4)。 たまたまこの↓サイトで紹介されていたのだが、WPhのサポーターズ向けのビデオ/thank-you videoとのこと。 https://sli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D.オッテンザマー&M.ホーネク/モーツァルト:クラリネット協奏曲

ザルツブルク音楽祭(2020/8/30)での演奏会。YouTubeで観ることができる。 曲目、演奏者は下記の通り。 ○モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調K622 ○指揮:マンフレート・ホーネク ○管弦楽:カメラータ・ザルツブルク ○クラリネット・ソロ:ダニエル・オッテンザマー(WPh首席) 下記、 12:02あたりから。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーティ=WPh/第九(ザルツブルク音楽祭2020)

ザルツブルク音楽祭2020のムーティ=WPhの第九の演奏(8/17)をYouTubeで観ることができる。 https://www.youtube.com/watch?v=vabGjminJms 声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱付き」 ○ソプラノ:Asmik Grigorian ○アルト:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムター/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調K218

ケーブルテレビ品川のCLASSICA「お試しアワー」、8月はムターが弾き振りしたモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調K218。 私はムターがロンドン・フィルを弾き振りしたCD(DG/2005)を持っており、今回のオケもロンドン・フィルとばかり思っていたのだが、カメラータ・ザルツブルク。収録も2005年12月と、ロンドン・フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=バイエルン放送響演奏会

7月19・20日にフィルハーモニー・ガスダイクで行われた、ラトル=バイエルン放送響の演奏会がバイエルン放送響HPのMEDIATHEKで視聴することができる。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲 ○マーラー:リュッケルト歌曲集 ○デュカス:「ラ・ぺリ」からファンファーレ ○ラヴェル:組曲「マ・メール・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパチンスカヤ&アントニーニ/「ヴィヴァルディ、その先に」

コパチンスカヤ&アントニーニ/「ヴィヴァルディ、その先に」というディスクが9月に発売されるらしい。 現代作曲家5人の小品を挟んでのヴィヴァルディの協奏曲集。 ジョヴァンニ・アントニーニ指揮イル・ジャルディーノ・アルモニコとの共演とのこと。 https://www.hmv.co.jp/news/article/2007221034/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ディヴェルティメント 変ホ長調K563

1788年に作曲されたこの曲は、モーツァルト唯一の弦楽三重奏という編成。 その完成度の高さは、ピアノ協奏曲第23番、クラリネット五重奏曲などと並ぶ最も「完璧な」曲の一つと思う。 https://zauberfloete.at.webry.info/201102/article_12.html YouTubeで見つけた映像。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパチンスカヤ弾き振りによるモーツァルト40番

コパチンスカヤが弾き振りを行っている、モーツァルト:交響曲第40番ト短調。 カメラータ・ベルンとの2020年2月の演奏。オーボエは吉井瑞穂さんのようにも見える。 https://vimeo.com/jamesdaniel/review/433198035/55b2fc170c Slipped Discで紹介されていたのだが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クーべリック=BPh/「英雄」リハーサル

あるサイトで紹介されていた1966年収録の貴重な映像。 https://www.youtube.com/watch?v=T2Y2v--d4hU&feature=share&fbclid=IwAR1I3-WnsUpDYD1P71_T8BLsCr6qAjkKP1aWhkKtZbO1OaZq01jyeT5tOsQ クーべリック=BPhの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェロニカ・エーベルレ/バッハ:無伴奏パルティータ第2番

ヴェロニカ・エーベルレ/Veronika Eberleが弾くバッハ:無伴奏パルティータ第2番ニ短調BWV1004を視聴した。 https://www.konzerthaus.de/de/stream 素晴らしい演奏だった。 極めて自然体の弾き姿と流れる音楽。艶やかで伸びやかな美しい音色を、巧みに表情を変えながら、余韻ともども心に響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番/クレーメル、アーノンクール=WPh

ケーブルテレビ品川のCLASSICA「お試しアワー」、5月はクレーメルとアーノンクールによるモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216(UNITEL/1984)。 同じ演奏者によるCD(DG)の録音は1984年12月となっているので、ほぼ同時期の映像。 この演奏はYouTubeでも観ることができる↓。 https://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日下紗矢子さんのバッハ

「ベルリン・コンツェルトハウス」制作によるストリーミング「J.S.バッハ」プロジェクトが進んでいる。 https://www.konzerthaus.de/de/stream このプロジェクトは、同ホールに所縁のあるヴァイオリニスト6名が週替わりで登場し、「J.S.バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ」を作品番号順に演奏する。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BPh ヨーロッパ・コンサート

デジタル・コンサートホールでベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサートを一部観た。 https://zauberfloete.at.webry.info/202004/article_31.html 聴衆のいないフィルハーモニー・ホール、楽員も2mくらい間隔をあけてのステージと異例のコンサートだったが、制約/禁止の多い現在の状況下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン木管アンサンブル/モーツァルト:セレナーデ ハ短調

たまたまYouTubeで、ウィーン木管アンサンブル(木管五重奏)によるモーツァルト:セレナーデ ハ短調 の映像を見つけた。 1991年11月5日/東京文化会館小ホール での演奏会。 メンバーはFlフルーリー、Obトゥレチェク、Clオッテンザマー、Fgトゥルノフスキー、Hrアルトマン。 オリジナルは管楽八重奏K388(弦楽五重奏K4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンボイム&ペトレンコ

BPhデジタル・コンサートホールが無料開放中のため、2020年1月11日のペトレンコ指揮の演奏会/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番を観た。 ソリストはバレンボイム。 https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/52519# 曲の最初から最後まで、緊張の糸がまったく切れることのない凄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番/クレーメル、アーノンクール=WPh

ケーブルテレビ品川のCLASSICA「お試しアワー」、1月はクレーメルとアーノンクールによるモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番(1987)。 第2,3番のCDは私も持っているが、映像でも発売されていたのは知らなかった。DGはこの数年前にパールマン/レヴァイン=WPhのモーツァルト:Vn協奏曲を出しており、そちらがオーソドックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPhデジタルコンサートホール

毎年、ベルリン・フィル新シーズン案内プログラムと一緒に、7日間無料券というのをいただけるのだが、年内が有効期限ということで結局年末にまとめて観ることになってしまう。今年はインフルエンザで寝込んでいたこともあり、時間もあまりなく、ペトレンコの第九を始めいくつかの演奏会のさわりを観るだけで精一杯だった。 あと、土日、年末休暇に入ってからは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:バスのためのアリア「このうるわしい御手と瞳のために」K612

1791年3月8日ウィーンの日付を持つこの作品は、バスのためのコンサート・アリアで、コントラバスのオブリガートを伴うという異色の作品となっている。 「魔笛」の初演でザラストロを演じたフランツ・ゲール、および、シカネーダーの劇場のオーケストラで首席コントラバス奏者を務めるフリードリヒ・ピシュルベルガ―のためにモーツァルトが作曲したとされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトレンコ=ベルリン・フィル/第九

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールでペトレンコ指揮の第九を観た。 2019年8月23日にフィルハーモニー・ホールで行われた首席指揮者就任演奏会。 声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:マルリス・ペーターゼン ○アルト:エリーザベト・クルマン ○テノール:ベンヤミン・ブルンス ○バス:ユン・クヮンチュル ○合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more