テーマ:ワイン

マイクロファイバー グラス拭き

Cono Sur オーガニックを買ったら、マイクロファイバークロスのグラス拭きがおまけに付いてきた。 マイクロファイバークロスとは、「マイクロファイバー」と呼ばれる極細の(髪の毛の100分の1ともいわれる)化学繊維で編まれた布のことで、細かい穴が無数にあいており、吸水力、吸塵力に優れ、さらに軽量で高い保温性と柔軟性、速乾性があるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リースラーナー/アウスレーゼ

今年の一本目は、ビュルガーシュピタール/ヴュルツブルガー・シュタイン2012 リースラーナー/アウスレーゼ という、先月の旅行の帰りにフランクフルト空港の免税店で買ってきた珍しいワイン。 リースラーナー/Rieslaner という品種は名前から想像される通り、リースリングとシルヴァーナ(ジルファーナ)を交配したものとのこと。その多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランケンワイン

年末年始ということで、普段ではあまり飲めないフランケンワインを数本開けた。以前は高級(?)スーパーには置いてあったのだが、最近は店頭ではほとんど見かけなくなってしまったため今回は一部ネットで購入した。 ○Volkacher Kirchberg Mueller-Thurgau KABINETT Halbtrocken 2012 冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボジョレ・ヌーヴォ会2013

高校オケOB仲間で毎年開催しているボジョレ・ヌーヴォ会に参加した。今回の会場は新橋のイタリアンで、「ヨゼフ・ドルーアン/ボジョレ・ヌーヴォ・ヴィラージュ」の15リットル樽を持ち込み、高校オケの同級生12名と、先輩、会社の同僚など9名の計21名で夕方から飲み始めた。 私自身、先週の解禁日直後に普通の瓶入りは一本飲んではいたが、今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボジョレ・ヌーヴォ会2012

毎年、高校オケのOB仲間が集まるボジョレ・ヌーヴォ会に参加した。もうかれこれ20年以上続いているのだが、私はここ3年間本番や練習などで参加できなかったので久しぶりの参加となる。 http://zauberfloete.at.webry.info/200911/article_20.html 赤坂のフレンチ・レストランを借り切って、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマ→ヘルシンキ→成田 ~まとめ~

帰国の日。10:50ローマ発フィンランド航空AY3244便ヘルシンキ行きに搭乗、エアバスA-320はほぼ満席状態。約4時間のフライトだったが気流のせいか断続的に激しい揺れが続き、ベルト着用サインがほとんど付きっ放しという状態。それでも定刻通りの運航だったためヘルシンキでは比較的余裕があり、ゆっくり空港内の店に寄る時間があった。5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツワイン

日本ドイツワイン協会連合会は4月28日を「ドイツワインの日」に制定したとのこと。 1980年代前半までは、ドイツワインは国別輸入量トップの地位にあったというが、メルシャン株式会社の資料(http://www.mercian.co.jp/enjoy/2011.pdf)によれば、2010年の国別ワイン輸入量ランキング(カッコ内は構成比)は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ローテンブルク→バンベルク→ヴァイマール

旅行も六日目。曇り、気温低め。 8時には城壁内のホテルを出発し、古城街道を走りバンベルクへ。バンベルクはニュルンベルクの北約50km、従って昨日のルートを途中まで引き返し、それから北に向かうというルート。 バンベルクは神聖ローマ帝国皇帝ハインリヒ2世の時代に宮廷が置かれ、また司教都市として発展した街で、旧市街は世界遺産に登録されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュンヘン→レーゲンスブルク→ニュルンベルク→ローテンブルク

旅行五日目。明け方、窓から外を見ると何と雪が降り始めており、ホテルを出発する8時前には積り始めていた。気温は0℃。バスも徐行しながら次の目的地レーゲンスブルクへ向かう。 レーゲンスブルクはミュンヘンの北約140kmにあるドナウ河畔の古都。その旧市街は世界遺産に登録されている。レーゲンスブルク少年合唱団も有名。 ミュンヘンから北上する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイデルベルク→ヴュルツブルク→ミュンヘン

旅行三日目、8時にはホテルを出発しハイデルベルクへ向かう。気温は10度前後くらい。ハイデルベルクはドイツ最古の大学を持ち、山の上の古城やバロック風の街並みで知られている。 イースターに入った(聖金曜日)せいか、道路も空いておりハイデルベルクに着いても街中はほとんど閑散としており時々観光客に出会う程度。旧市街、大学、教会、マルクト広場か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランクフルト→リューデスハイム→ケルン→ブリュール→ホッケンハイム

旅行二日目、曇りで気温は低めで寒い。8時過ぎにはホテルを出発し、マインツ近郊からライン川沿い(世界遺産ライン川渓谷)からリューデスハイム(ワイン醸造で知られる)へ向かう。 三十数年前にも訪れたドロッセルガッセ(つぐみ横丁)は、まだ朝早かったせいか開いている店は数件。通りを歩いても当時の記憶はまったく蘇ってこなかった・・・。 突き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン小売店閉店

私が時々利用している田町(三田側)にあるワインショップに行ったところ、店頭に陳列してある品数が著しく減少していた。訊いてみると今月末で閉店することになったという。同じビルの地下にはレストランもあり、ショップの方でも試飲会、スクールなど頻繁に行っていただけに意外だった。 また、神田にある日本酒と辛口ドイツワインを扱っていた酒屋も、ドイツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだ主要なワイン2010夏~秋

平均して月に10本以上は飲んでいると思うのだがメモはあまり残っていない・・。さすがに500円以下のワインは最近は飲んでいないが、3本2000円もしくは一本680円~800円くらいのクラスばかり飲んでいるためと思われる。 ○FRANKEN 2008 Silvaner trocken Qualitaetswein ボルドー型瓶に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだ主要なワイン2010/04~06

安いワインを主体に一ヶ月平均12~3本は飲んでいるが、メモしておきたい(取るに値する?)ワインは少ない。今回はほとんど赤ワインばかりになってしまったが、実際には白ワインもかなり飲んでいる。大した白ワインは飲んでいないということか・・・。 ○VIN D'ALSACE CUVEE ANNE-LAURE PINOT BLANC 2008 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだ主要なワイン2010/01~02

○Kanta Riesling 2006 Egon Mueler ADELAIDE HILLS BALHANNAH VINEYARD かのエゴン・ミュラーがアデレードで造り始めたというワイン。確かに洗練された辛口リースリングで、酸味とミネラルのバランスも良く、凝縮した果実の味わい、ドイツワインと似ているがボリュームもそこそこある。が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイングラス RONA Lynx 13oz

RIEDEL社製の白ワイン用グラスhttp://zauberfloete.at.webry.info/200708/article_12.html を(また)割ってしまったので同じものを注文しておいたところ、やっと入荷したとの連絡があったので三田のワインショップに取りに行った。 店頭にはRIEDEL始め他メーカーの製品もいろいろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末年始のお酒

年末年始はお酒を飲む機会が多い。下記のお酒以外にもシャンパン、ゼクト等を飲んだが泡系は普段それほど飲んでいないので感想は省略、他にも普通の日本酒、樽酒、格安ワインも飲んだがこれらも省略する。 ◎天壽 純米大吟醸 平成19年 このようなお酒を飲むと、すべてのお酒の中で最も美味しいお酒はやはり日本酒ではないかと思えてくる。香りこそそれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだ主要なワイン2009/11~12

●CHATEAU LES INFERETS 2005 CORBIERES コルビエールということでスパイシーな味かとも思ったが、適度なボリュームと芳醇な香り、しっとりと上品でひじょうにまろやかだった。コストぱパフォーマンスもまずまず。 ●Chateau de Gironville 1999 Haut Medoc 1999年産という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボジョレ・ヌーヴォ会2009

高校オケ同級生の友人(神田で酒屋をやっている)が主催するヌーヴォ会に参加した。 このところ毎年開かれているのだが、去年は本番と重なり参加できなかったので2年ぶりの参加となる。なお、一昨年も練習のため最初の一時間くらいしか飲めなかったので、フルタイム参加は何年ぶりになるのか・・。 ワインは例年通り、「ヨゼフ・ドルーアン/ボジョレ・ヌー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだ主要なワイン2009/09~10

●Bourgogne Pinot Noir 2005 DOMAINE PIERRE GELIN そこそこのブルゴーニュ。色もこのクラスにしてはなかなか美しく、香り、味もまずまずだった。もちろん、上を見ればキリがないがかなり満足する。そして、飲み終わる頃に一番美味しくなってくるのはいつものこと・・。 ●Saint-Emilion 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだ主要なワイン

最近とはいっても、この数カ月間に飲んだうち、まあ外へ出しても恥ずかしくない程度のものを抜粋したもの。普段はディスカウンターの3本2000円、などというワインを飲んでいたりする。さすがに一時飲んでいた(というか置いていた)紙パック入りのものは止めているが、最近は歳のせいか家で飲んでいても以前ほど量は飲めなくなってきた。とはいえ、ワインとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1リットル瓶入りフランケンワイン

カザルスホールでの演奏会を聴きに行った日、少し早めに新お茶の水に着き、開演前に小川町にある酒店に寄った。この店、日本酒と辛口ドイツワインのみを扱う珍しい酒店。以前会社が錦町にあった頃は、月1~2回は寄っていた店だが、会社が移転して以来ほとんど行く機会がなくなっていた。ずいぶん久しぶりに行ってみたが、ドイツワインの品揃えは相変らすユニーク…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

最近飲んだワイン

○INAMA SOAVE CLASSICO 2007 「ソアヴェのイメージを覆す美味しさ」というキャッチで売られていたもので、確かに先入観なしに飲むと美味しい。香り、味もそれなりにしっかりしており、ソアヴェのイメージからはほど遠い。が、このワインが税込2076円と言われると個人的にはちょっと高いのでは、と思わざるを得ない。普段飲むに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

POMMARD

別に誕生日でも記念日でもなかったのだが、とっておきのワイン;MAISON CHAMPYのポマール2006(いただきもの)を開けた。普段、家では安いワインしか飲まないのだが、やはりたまに良いワインを飲むと、お酒というものは高ければ高いほど価格に比例して必ず美味しい(時に変質している場合もないではないが・・)ということを実感する。 色も少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリ ワイン

ピノ・ノワールの表示があって1000円以下で買えるワインは滅多にない。私はVDPで880円というのがある(あまり香りもなくそれなりの味)のは知っていたのだが、先日、某ディスカウンターで一本だけ残っていた、Cono Sur 2008 Valle Central Pinot Noir というワイン(800円くらいだった)、チリワインでピノ・…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Scharzhofberger Riesling Auslese 1993

シャルツホフベルガーとは、モーゼル・ザール・ルーヴァ地区のドイツワインを代表する名高い銘醸畑の名称。先日、いただきもののこのワインを飲もうと開栓したのだが、コルクがオープナーに引っかからないほど痛んでボロボロになっており、味も酸化の進んだものだったのでその旨を輸入元にメールした。 http://zauberfloete.at.webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始ワイン&日本酒

今年の年末年始は例年より長かったものの、特に年末は諸事情によりあまりゆっくりできなかったため、いただきものの2本の高級ワインも飲まずに温存してしまった。また、お正月は三が日以降、胃腸の具合があまり良くなく、お正月用にあと一本買っておいた日本酒にも手がつけられないという状況だった。まあ、美味しいお酒がたくさんあるということは嬉しいことでは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ル ブーランジェ ドミニク・サブロン

赤坂に移転して以来、会社のビルの1Fに併設されている「マキシム・ド・パリ」の一角にあるこの店、朝、昼、夜、とその前を通るたびにいつも長蛇の列・・。 パリの三ツ星レストランへパンを提供し、パリで最も注目されているブーランジェ(パン職人)の一人、ドミニク・サブロン氏の、日本初進出となる高級ブーランジェリーという。 http://www.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

年末年始ワインとお酒

年末年始はヘビーなイタリアンやフレンチよりもどうしても和食系が多くなるため、合せるお酒は必然的に白ワインか日本酒ということになる。まぐろの赤身や煮物など赤ワインでも悪くない組合せもないことはないが、個人的にはやはり辛口の白ワインが無難と思う。ベストマッチングである天ぷらを始めとして、白ワインがあればほとんどの料理は美味しくいただける。が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボジョレ・ヌーヴォ会2007

高校オケの同級生で神田で酒屋をやっている友人が主催するヌーヴォ会が今年も行われた。お酒は、今回も昨年と同様「ヨゼフ・ドルーアン/ボジョレ・ヌーヴォ・ヴィラージュ」の15リットル樽。高校オケの仲間10名、あともう1グループが加わり午後4時過ぎから飲み始めた。15リットルといえばフルボトル20本分、20人いても一人一本分はあるという量で半端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more