テーマ:DVD/LD

J.S.バッハ:シャコンヌ/中川良平

先日、アッサンブラージュというファゴット四重奏の演奏会を聴いた(8/12 JTアートホール)。 https://kouen.snacle.jp/kouen/detail/8302 ローザンヌ室内管弦楽団、ベルン交響楽団の団員などにより構成されたアンサンブルで、前半はファゴット四重奏、後半はファゴット3本+コントラファゴットの四重奏と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハバネラ

「ハバネラ」というのは、元々キューバの民族舞曲なのだが、「スペイン舞曲」として有名になってしまっている。「カルメン」の「ハバネラ」について、既に紹介済みの「オペラ名作鑑賞Vol.9 カルメン」(世界文化社/2009.2)に、 http://zauberfloete.at.webry.info/201807/article_7.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレアドール

「オペラ名作鑑賞Vol.9 カルメン」(世界文化社/2009.2)を図書館から借りてその解説書を読んでいたところ、永竹由幸氏による闘牛に関する説明が書かれていた。その中の「近代の闘牛」という項の中に下記のような記述がある。 現在行われているような闘牛のスタイルが定着したのは19世紀の半ば頃からである。1851年に死んだフランシスコ・モ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

序曲「コリオラン」

秋の演奏会でこの曲を演奏する。超有名曲ではあるが私はこれまで2ndを一回吹いたことがあるだけで1番は初めて。ファゴット奏者にとって、この曲の最後の12小節プラス一拍のGの伸ばし(pで始まり、その後 sempre piu piano 、最後の3小節はディクレッシェンド、最後のCはpp)は鬼門と言えるだろう。 このGの音、初心者でもすぐ出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:交響曲第25番/バーンスタイン=WPh

モーツァルト25番の管楽器の舞台配置を見ようと思い、図書館でDVDを借りてきた。UNITEL原盤でドリームライフから出されていたDVDで、録音は1988年、ウィーン・ムジークフェラインザールでのライブ。なお、私が持っているCD(DG)の記載では1988年10月のライブとなっている。各楽章の所要時間は下記の通り。 ○CD  8:08、4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

序曲「コリオラン」

カラヤン=ベルリン・フィルの「コリオラン」を観た。1966年4月12日東京文化会館でのライブ。カラヤンは1975年の映像も残しているが、今回観たのは最初のもの。 カラヤンの指揮はスタイリッシュでスマート。冒頭、棒を振り下ろす時、一番下の打点に達する直前に腕の速度が少し遅くなるのが変則的。棒の動きは241小節のG.P.まで止まることはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パヴァロッティ/「道化師」

パヴァロッティがカニオを歌うレオンカヴァッロ:「道化師」のビデオを図書館で借りてきて観た。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ネッダ:テレサ・ストラータス ○カニオ:ルチアーノ・パヴァロッティ ○トニオ:ホアン・ポンス ○ペッペ:ケン・チェスター ○シルヴィオ:ドワイン・クロフト ほか ○管弦楽・合唱:メトロポリタン歌劇場管弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」

来年夏公演予定のオペラの演目は「カヴァレリア・ルスティカーナ」&「道化師」に決定しているのだが、両作品とも私にとっては未知の作品。 先日、ザルツブルク音楽祭のカウフマンの公演は録画してあるがまだ一回しか観ていない。 http://zauberfloete.at.webry.info/201607/article_1.html カラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ダグマー・シェレンベルガー/メリー・ウィドウ

フランツ・ヴェルザー=メストとチューリヒ歌劇場による「メリー・ウィドウ」のDVD(ARTHAUSMUSIC)を購入した。ここでハンナを歌っているのは何とダグマー・シェレンベルガー。 と言っても知っている方はほとんどいないと思うが、私にとっては懐かしい(?)ソプラノ歌手。1990年代中頃、秋葉原の石丸電気店頭で偶然見つけた「モーツァルト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「英雄」/カラヤン=ベルリン・フィル

カラヤン=ベルリン・フィルの「英雄」のDVD(1982年ライブ)を観た。いつ観ても感動的な名演で、カラヤンという人はやはり卓越した指揮者だったということと、当時のベルリン・フィルの巧さを再認識した。具体的な内容は下記の記事に詳しい。 http://zauberfloete.at.webry.info/200701/article_13…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「魔笛」/サヴァリッシュ=バイエルン国立歌劇場管弦楽団

サヴァリッシュ=バイエルン国立歌劇場による1983年の舞台を観た(LD/PHILIPS)。声楽ソリストなどは下記の通り。 ○ザラストロ:クルト・モル ○タミーノ:フランシスコ・アライサ ○弁者:ヤン=ヘンドリック・ローテリンク ○夜の女王:エディタ・グルベローヴァ ○パミーナ:ルチア・ポップ ○パパゲーノ:ヴォルフガング…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニコライ:「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲

オットー・ニコライ(1810~1849)は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の創設(1842年)者、初代指揮者として知られているが、作曲家として5つのオペラ、管弦楽曲、合唱曲などを残している。その代表作であるオペラ「ウィンザーの陽気な女房たち」は1849年2月22日に完成、翌3月9日にベルリンにおいてニコライ自身の指揮で初演され大成功…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=ベルリン・フィル/ジュピター

レコード芸術8月号の付録(但し今月号は2000円)は、ラトル=ベルリン・フィルによる「ジュピター」のDVD。2013年8月23日、ベルリン・フィルハーモニーでの演奏(2013/2014シーズンのオープニングコンサート)。 当日はモーツァルトの三大交響曲(第39・40・41番)が演奏されたとのこと。ベルリン・フィルはかなりの小編成で、ラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リスト:ハンガリー狂詩曲第2番/ミュラー=ベルクハウス編曲

リストが1847年にピアノ独奏曲として作曲したこの曲(原曲は嬰ハ短調)は、その後(1860年頃)リストと弟子のドップラーにより編曲(二短調に移調)されたが、ほかにも、ミュラー=ベルクハウス(1829~1907)、ヘンリー・ウッド(1869~1944)、ロッター、ヴァルデンマイヤーといった人たちによっても編曲されている。 マズア=ライプ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

通奏低音のファゴット

今年1月の演奏会(ハイドン&バッハ)のDVDが出来上がった。 http://zauberfloete.at.webry.info/201401/article_11.html 映像自体は固定カメラなのであまりディテールまでは見えないが、響きの良いホールだったせいか音はきちんと入っている。ちょっと驚いたのはファゴットの音がかなりはっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーザーディスク・プレーヤー

以前使っていたレーザーディスク・プレーヤーが壊れ、パイオニア製のDVD/LDコンパチブルプレーヤーを購入したのが約6年前。 http://zauberfloete.at.webry.info/200706/article_3.html DVDの方はちゃんと動いているが、LDの方は数年前からやや動作が不安定(時々、音/映像が飛ぶ)にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラトル=ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2007

来年はブラームス:Vn&Vcの二重協奏曲を2回(年明けと秋)演奏する予定になっており、勉強の意味もありこのDVD(EuroArtsレーベル「カタログ付DVD」で廉価盤化)を購入した。2007年5月1日のヨーロッパ・コンサートの映像で曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:楽劇「パルジファル」前奏曲 ○ブラームス:ヴァイオリンとチェロのた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シューマン:交響曲第2番ハ長調

シューマンのシンフォニーというのは私にとってあまり馴染みがある曲とは言えない。レコード時代には一枚も持っていなかったし、CD時代になって初めて「ライン」に目覚めたのはクーベリック=バイエルン放送響(CBS)の演奏で、その後ジュリーニ=ロサンゼルス・フィルによる名演奏(DG)を聴いてさらに愛着を深めた。 一方、第4番はフルトヴェングラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャネット・ペリー

久しぶりにモーツァルト:ハ短調ミサK427/クーベリック=バイエルン放送響のLD(ヴュルツブルク音楽祭ライブ/amadeo/1981.6)を観た。この演奏ではソプラノ・ソロをルチア・ポップとともに、ジャネット・ペリーが歌っている。 グローリアの第2曲「ラウダームス・テ」は、宗教音楽というよりはイタリア・オペラの伝統を感じさせる曲。アレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調

カラヤンによるベートーヴェン:交響曲第8番の公式録音は下記の通りであり、今回は二種類の映像を視聴した。なお、演奏時間がわかっているものは付記してある。 ○ウィーン・フィル/1946.9/EMI (7:53/3:45/4:30/7:55) ○フィルハーモニアO/1953~1955/EMI ○ベルリン・フィル/1962/DG (9:2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クライバーの「リンツ」

久しぶりにクライバー=ウィーン・フィルのモーツァルト:交響曲第36番ハ長調「リンツ」(LD)を観ていて、突然、CDの「リンツ」(1990年代初め頃に購入)も持っていることを思い出したため、この演奏を聴いてみた。両者の録音データは下記の通り。 ●CD(EXCLUSIVE/海賊盤) 録音:1988年3月20日 演奏時間:10:41/7:…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カラヤン/リハーサル映像(1973年10月27日)

カラヤン=ベルリン・フィルの1973年10月の来日公演時に、NHKによって収録されたドレス・リハーサルの映像がYouTubeにアップされている。 http://www.youtube.com/watch?v=Xc4DA89zkcY&feature=related http://www.youtube.com/watch?v=JnWl…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バレンボイム/モーツァルト:ピアノ協奏曲集~その3:1980年代後半のベルリン・フィル~

このバレンボイムによる弾き振りディスク収録の頃のベルリン・フィルはどのような状況だったか、団員異動および映像ソフトに関して年表を作成してみた。1989年7月のカラヤンの死後、翌年からはアバド時代に入り、ベルリン・フィルは大きな変貌を遂げていくことになるのだが、団員の世代交代もその少し前から始まっている。木管セクションでは、元クラリネット…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バレンボイム/モーツァルト:ピアノ協奏曲集~その2~

バレンボイム=ベルリン・フィルによる、モーツァルト:ピアノ協奏曲集(第20~27番)のDVD(EUROARTS)の後半4曲を観た。 ●ピアノ協奏曲第24番ハ短調K491(1988年2月の収録/CDのデータより、以下同様) 全曲に緊張感漲る力演。このセットの中でも名演に入る演奏と思う。バレンボイムはこの曲の第二楽章で初めて装飾を入れて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バレンボイム/モーツァルト:ピアノ協奏曲集~その1~

バレンボイム=ベルリン・フィルによる、モーツァルト:ピアノ協奏曲集(第20~27番)のDVD(EUROARTS)を購入した。35mmフィルムからデジタルリマスターされたもの。CDは以前TELDECから出ていたが、映像としては今回が初出ではないだろうか。収録は1986~1989年、ベルリン ジーメンス・ヴィラとの表記があり、時期的にCDと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーノンクール/「フィガロの結婚」

アーノンクールの「フィガロ」のDVDを図書館から借りてきた。 cherubinoさんのブログに<「フィガロ」序曲はアラ・ブレーヴェか?>という大変興味深い記事があり、これはどうしても聴いておかなければならないと思ったためでもある・・・。 http://gospels.cocolog-nifty.com/classic/2012/02…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

小澤征爾=バイエルン放送響

図書館から小澤=バイエルン放送響のDVD(DREAMLIFE)を借りてきた。 1983年6月17日ミュンヘン、ヘラクレス・ザールでのコンサートの模様。曲目は下記の通り。 ○ベートーヴェン:「エグモント」序曲 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調/ピアノ:マルタ・アルゲリッチ ○ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジークフリート牧歌

名曲探偵アマデウス(NHK-BSプレミアム)、今回は「ジークフリート牧歌」。 この番組の設定自体あまり感心しない(と思いながら結構見ている)のだが、曲の解説では時々参考になる話が聞ける。今回、特に真新しい話はなかったものの、その演奏には思わず注目してしまった。準・メルクル指揮の水戸室内管弦楽団による演奏で、宮本文昭がオーボエを吹いてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日経おとなのOFF~第九入門~

先月買い損ねた「日経おとなのOFF 12月号~第九入門~」を図書館で借りてきた。本誌上の記事は、シラーによる「歓喜に寄せて」の原詩、茂木大輔氏による楽曲解説、ベートーヴェンの日記、林田直樹氏による名盤案内など興味深いものが少なくなかったが、最大の収穫はティーレマン指揮ウィーン・フィルによる第九の第四楽章のDVDの付録で、これは大変面白か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CDショップ

ずいぶん久しぶりに渋谷のTレコードに行った。クラシック輸入盤の品揃えという意味では、やはりここが東京で最大ではないかと思う。 新譜情報はだいたい把握しているとはいえ、実際に店頭に行くと思いもよらぬCDを発見することもある。今回も、ウルフ・ディーター・シャーフ(ベルリン放送響フルート首席)のソロ盤とか、バボラク&ベルリン・バロック・ゾリ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more