テーマ:鉄道

都電

荒川区某所に行く用事があったため、初めて(厳密には約50年ぶりに)都電に乗った。現在残っている路線はこの荒川線のみ。早稲田―三ノ輪橋間(30駅)、12.2kmを約53分で運行しているという。 都電(東京都が経営する路面電車)は、最盛期には41系統が存在し、総延長は213kmにも及んだらしいが、自動車の増加に伴う渋滞の発生源としての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄の出口

オケの練習があったため、暑い中、昼前から出かけ、都営大江戸線で門前仲町へ。が、持っていた地図には東京メトロ東西線の門前仲町2番出口からの道順しか載っていない(縮尺を大きくしてプリントしようとしたため)。大江戸線構内から2番出口へは行かれなかったので一旦地上に出たところ、自分がどこにいるかわからなくなってしまった。あたりをうろうろして、結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武鉄道/幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)

西武鉄道は7/19から「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)」の運行を始めるとのこと。ニュースを見た時、「?」と感じたのは、京急/KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN の裏返し?と思ったため。 http://zauberfloete.at.webry.info/201405/article_10.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN

「黄色い」京急が5/1から走り始めたらしい。新1000 形の8両編成に特別塗装をした車両で、「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」(京急イエローハッピートレイン)と呼ばれ、コンセプトは「HAPPYになる電車」とのこと。 ニュース・リリースは下記の通り。今後およそ3年間運行されるという。 http://www.ke…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

成田→ホノルル

今回はツアーとはいえ、往復の飛行機とホテルが決まっているだけで、成田集合時刻という表記もなく、ただ出発便と出発時刻が記載されているだけ。初めてWebチェックインなるものを行い、eチケット控とオンライン搭乗券をプリントアウトして出かける。 出発は夜だったため、久しぶりにアクセス特急を利用して成田へ向かう。地下鉄内では通過駅もあるもの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR料金、途中下車した方が安いことも

昨日午前中に目白で練習があり、普通は一旦昼過ぎに帰宅するのだが、続けて用事があったため蒲田まで直行した。目白-品川は190円、品川-蒲田は160円なので途中下車しなければ合計よりはもっと安くなると思っていたのだが、改札を出る時に表示された金額は何と380円!何かの間違いではないかと思い、帰ってから調べてみた。 JRの料金体系についての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京急蒲田駅

昨日の午前中、横浜方面へ出かける用事があり京急蒲田駅で普通電車を降り、乗り換えるために下り(三崎口方面)3番線ホームで快速特急を待っていた。 http://www.keikyu-ensen.com/stationDetail/12 すると、「電車が通過いたします。」というアナウンス。はて、1番線(羽田空港方面)であればエアポート快速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京急ダイヤ改正

京急蒲田付近の高架化工事が完成し10/21からダイヤが改正された。今回の改正のポイントは、品川/都心方面と羽田空港間の所要時間の短縮、「快特」の本数倍増、および横浜方面~羽田空港間の所要時間の短縮、「エアポート急行」の倍増などであり、京急蒲田~品川間の各駅停車駅(快特・特急・急行の止まらない駅)を利用する人たちにとっては、あまり直接関係…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

グラーツ→ウィーン

グラーツは、ウィーンの南西約160km、オーストリア第2の都市で人口は約25万人、シュタイアーマルク州の州都。グラーツというと、私にとってはカール・ベーム、ヴェルナー・トリップが生まれた街くらいのイメージしか持っていなかったのだが、観光的にはシュワルツェネッガーの生地として有名なようである。 旅行四日目は朝から市内観光。バスを下車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田→ウィーン

(前回http://zauberfloete.at.webry.info/201111/article_14.htmlから続く) 今回は成田集合時刻(9:45)にちょうどぴったりの西馬込発の京成/アクセス特急(スカイライナーの路線を走る一般特急)があったので、初めて利用してみた。 泉岳寺(8:09発)からの所要時間は84分。同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三連休(日記風メモ)

最近では珍しく、ひじょうに忙しい三連休だった。 9/17(土)午前中は、先日コピーしたパート譜の確認と管楽器パートのホッチキス止めなどを行う。午後は(ファゴットの)練習をしてから、パート譜コピーも持って、夕方のオケの練習に参加。40番第1、2楽章と90番の第1、2楽章。今回も録音する。21時には終了するが、駅に着くと何と京浜東北線(加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の鉄道模型

「鉄道模型ちゃんねるスペシャル」という115分番組を観た(BSジャパン 8/21)。 <究極の鉄道模型製作>という内容で、4人のゲージ・マイスターがヨーロッパ世界遺産鉄道のジオラマ/レイアウト(鉄道の情景模型)制作に挑むというもの。 下記三つの地域における山並み/街並みと鉄道を、1/160というスケールでそのほとんどをフルスクラッチ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京急600形

2010年に更新されたばかりの600形にたまたま乗車した。 初代600形は1950年代に製造された正面2枚窓の車両、その後700形から改番された600形は、クロスシートで週末特急やハイキング特急などに利用されていた。そして新世代の600形は1994年に登場。地下鉄対応車両ながら全席クロスシート(一部可動式)という画期的な仕様だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤坂見附駅山王下口

今年の9月頃から新しい出口が使用できるようになったことは何となく知っていたが、急に思い立って朝の通勤時に使ってみた。 赤坂見附駅はニ層構造になっており、地下一階は銀座線渋谷行き(丸の内線は荻窪方面行き)ホーム、地下ニ階は銀座線浅草方面行き(丸の内線は池袋方面行き)ホームになっている。その渋谷行き方面の一番後ろ(新橋寄り)に設置されたエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔦屋重三郎展

「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展を観た(サントリー美術館)。 18世紀後半の江戸時代、歌麿・写楽の名作を次々と世に送り出した蔦屋重三郎。彼は版元、出版人であると同時に、企画・製作・流通・販売まで手がける名プロデューサーであったという。 「蔦重とは何者か?」の章に始まり、「蔦重を生んだ<吉原>」、歌麿、写楽と続くのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サハE231-4649

これまで何度も外から(?)は見てはいたが、当該車両には初めて乗車した(車内のプレートには新津車両製作所 平成22年製造とあった)。 サハE231-4649は、現在置き換え中の山手線6ドア(一編成中7,10号車に使用)代替車。 今年の2月頃、山手線のホームドア設置に伴い6ドア車が廃止されるという発表があり、その後、恵比寿駅、目黒駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PASMOのメリット(その2)

先日千葉まで出かけた時、いつもの京急線の駅から定期券(品川・新橋経由赤坂見附まで)で乗車(入場)し、品川でJRに乗換え、横須賀線→総武快速線でJR千葉駅で下車したのだが、引き落とされた金額は560円(JR新橋→千葉の料金は690円)。 確かに、新橋からメトロで銀座線→東西線を乗り継いで西船橋からJRで千葉に出れば560円で行ける。私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京急蒲田駅

横浜からの帰り、12両編成の快特の最後尾に乗車した。 京急川崎を出て多摩川を渡り六郷土手駅を過ぎるとそのまま高架となり、新しくなった雑色駅を通過して間もなく京急蒲田駅に到着。 上り線開通後初めての京急蒲田駅。当たり前だが、図面通りホームの最後部(横浜寄り)には普通電車用の退避線があり(まだ使われてはいない)、その前方に先発電車が停車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京急ダイヤ改正

5/16(日)より京急のダイヤが改正されると発表された。 http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/100507.shtml 本線の平和島駅~六郷土手駅間、空港線京急蒲田駅~大鳥居駅間の上り線が同日から高架化されることに伴って実施されるという。概要は下記の通り。 1.平…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京急2100系/急行羽田空港行き

土曜日、品川21:40発の急行羽田空港行き(品川始発)は最近は800系または1500系で運用されていたが、 http://zauberfloete.at.webry.info/200703/article_12.html 今日は驚いたことに2100系が使われていた。これまで休日の朝などの特急に使われていたことはあったが、急行用(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅日本橋口

ゴーギャン展の帰り、会場から東京駅までのシャトルバスに乗ったのだが、着いたのは丸の内南口(以前はそうだった)ではなく、丸の内側でも八重洲側でもない最も北側(ガード下?)にある日本橋口というところ。東京駅には、丸の内、八重洲それぞれに北、中央、南の計6箇所の改札口しかないと思っていたので驚いた。 大昔からあって最近改修されたのかどうかよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田エクスプレス新車両

今週始め、朝の通勤途中に山手線で田町車両センターの脇を通っていたら、遠くの方に成田エクスプレスだが顔つきが異なる車両が見えた。 この新しいE259系、後で調べたら5月に鎌倉車両センターで公開されていたとのこと。実際に使われるのはこの秋からで、色は現行の253系と同様、白基調の上部赤ライン、他に一部黒を使用、運転席は2階(先頭車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜線

東京への帰り、あまり急いでいなかったこともあり、桜木町駅で入線してきた京浜東北線(北行)には乗らず、停車していた始発の横浜線に乗った。 普通の205系(山手線のお古?)と思ったのだが、注目すべきは座席端に取り付けられていた半透明の袖仕切り。私が普段乗る車両にはあのようなものは付いておらず初めて見るものだった。 本来は「風よけ」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東海道ライン~全線・全駅・全配線~」

【図説】日本の鉄道、と題されたシリーズで、「東海道ライン」第1巻、東京駅―横浜エリアという本。講談社から2009年3月18日に発刊されている。 私はこの本の存在を新聞広告で知った(新聞広告はそれなりの効果がある!)のだが、普通にこの本を書店の店頭で発見することは至難の業と思う。 まず、「東海道ライン」とは、編著者の川島令三氏が考案し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溜池山王/赤坂見附

オフィスが赤坂に移転して4ヶ月が経過した。通勤にもやっと慣れたが、銀座線新橋駅の混雑は5月頃に比べ、一段と激しくなっているように思われる。銀座線は古いためホームが狭いこともあり、改札口を入ると階段の降り口まで人が溢れており下に降りられない。一本電車が着いてやっとホームに降りられ、次の電車を一本見送ってから列の先頭に並びやっと次の電車に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PASMOのメリット(?)

定期を変えてから初めて、練習のため都営三田線の大手町で下車したのだが、改札口の料金表示を見ると260円。 http://zauberfloete.at.webry.info/200804/article_15.html 京急品川駅までの定期を乗り越して三田経由、大手町まで乗ったので340円(京急線品川→泉岳寺:130円+都営浅草線泉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうギャラリー号

会社の帰り、京急品川駅の下りホームに入線してきた車両を見て目を疑った。 赤と黄色の塗装は紛れもないデハ230形の色・・。この電車を知っている人は現在ほとんどいないとは思うが、私が小学生の頃にはかなり走っていた車両で、懐かしいことこの上なかった。 230形の先頭車両は、前面三枚ある窓の進行方向に向かって左の窓の部分のみに運転席スペ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゆりかもめ

国際展示場まで行ったので、帰りに「ゆりかもめ(正式には東京臨海新交通臨海線という名称らしい)」に乗って新橋まで出た(行きはりんかい線)。 ゆりかもめはこれまで何回も乗っているが、今回初めての経験;先頭車両に乗り、たまたま青海で座席が空いたので先頭座席(一人がけの方)に座ることができた。さすがに先頭車両というのは見ていても飽きない景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王新線

今日の練習は幡ヶ谷であったため、新宿から都営新宿線に乗換えて幡ヶ谷駅で下車した。 と思っていたのだが、suicaから引き落とされたのは120円、よく調べてみると、(新線)新宿と笹塚間は京王新線と呼ぶらしい(駅は初台、幡ヶ谷の二つだけ)。1978年に開業し(その関係で、それまで京王線に存在した初台、幡ヶ谷は移設されたのとのこと)、198…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E233系1000番台初乗車

蒲田駅のホームに降りると、ちょうど入線してきた電車が止まるところ。見るとドア窓の形がやや違う。顔を見ればすぐ分かったのだが、側面の行き先表示LEDを見てE233系-1000番台であることを確認。 http://zauberfloete.at.webry.info/200712/article_20.html 2007年度中に12…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more