神保町

神保町で飲み会があったので、一昨年の秋以来久しぶりに神保町へ行った。神田神保町は私が約20年間通った街。行くたびに街の様子が変わっており、今回も新しい店が目についた。 https://zauberfloete.at.webry.info/201701/article_3.html 用事もあったのでちょっと早めに行き、辺りを歩き回る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世紀末ウィーンのグラフィック」展

この春、世紀末ウィーン関連美術展が集中して開かれる。 ●「クリムト展~ウィーンと日本 1900~」(東京都美術館) 2019年4月23日(火)~7月10日(水) https://klimt2019.jp/ ●「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 」(国立新美術館) 2019年4月24日(水)~8月5日(月) h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オッフェンバック/知られざる名序曲集

オッフェンバック(1819~1880)は今年生誕200年ということで、新しい録音が続いているが今回購入したのは、 オッフェンバック「知られざる名序曲集」という一枚(CPO/2017)。 曲目は下記の通り。 ○「おしゃべり屋たち」序曲 ○「羊飼い」序曲 ○「にんじんの王様」第4幕の間奏曲/嵐 ○「シューフルリ氏はご在宅」序…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その3)終了

この春3回目の演奏会を終えた。天候にも恵まれ、多くの方々に聴きに来ていただいた。あらためて感謝の意を表したいと思う。今回のプログラムは下記の通り。 ○ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲 ○ハイドン:交響曲第99番変ホ長調 ○シューマン:交響曲第3番変ホ長調「ライン」 「ライン」の第2楽章でリピートを忘れて戻ろうとしたらわからなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震多発/要警戒

先月末以来、台湾から沖縄、奄美、日向灘、紀伊水道にかけて、さらに、鳥島、父島、および福島県、三陸沖などで地震(特にM5以上)が多発している。 2019年04月12日16時31分頃 父島近海 M5.6 2019年04月12日05時10分頃 奄美大島近海 M2.8 2019年04月12日05時02分頃 奄美大島近海 M2.9 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:交響曲第99番変ホ長調

今週末の演奏会でこの曲を演奏する。私がこれまで演奏したのはロンドン・セット12曲のうち9曲で、この99番が10曲目となる(残っているのは93、98番)。 ハイドンが2回目のロンドン旅行に出発する前年の1793年(ハイドン61歳!)に完成した交響曲で、初演は翌1794年2月10日(ロンドン)。 https://zauberfloete…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

呼吸法

先日紹介した、「上達の基本 ホルン」福川伸陽著(音楽之友社/2019.3)に書かれていた「胸式呼吸と腹式呼吸は同時に存在できる――初めのうちは、ゆっくり腹式呼吸をして、肺の底に息が入っていくようなイメージをもち、次に腹式を保ちながらゆっくり胸式で上半身の隅々まで息で満たされるようにイメージする」 https://zauberfloet…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ソヒエフ=N響/「シェエラザード」

「クラシック音楽館」はN響第1904回定期公演(2019年1月16日/サントリーホール)。曲目は下記の通り。 ○フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」作品80 ○ブリテン:シンプル・シンフォニー 作品4 ○リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35 トゥガン・ソヒエフはロシア出身、1977年生まれでまだ41歳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリウス:交響曲第5番~カラヤン盤聴き比べ~

第6番のカラヤン盤の聴き比べを行ったのは2006年の秋。 https://zauberfloete.at.webry.info/200609/article_10.html 第5番の聴き比べもやろうと思っているうちに12年以上が経ってしまったが、今回やっと実現することとなった。 ただし、12年前との物理的な相違点は次の通り。 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/シベリウス交響曲の演奏・録音

カラヤンによるシベリウスの交響曲の演奏会記録および録音時期を年代別に作成した。 なお、演奏会の記録は、 「ヘルベルト・フォン・カラヤンの作曲家別演奏史」  http://www.karajan.info/concolor/1957/Composers.html を参照させていただいた。 以下、太字は録音、それ以外は演奏会。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤンが遺した交響曲全集

カラヤンが録音として遺した交響曲全集は下記のものが挙げられる。 ○ベートーヴェン(第1~9番)/フィルハーモニアO(EMI)、ベルリン・フィル(DG)3回 ○ブラームス(第1~4番)/フィルハーモニアO(EMI)、ベルリン・フィル(DG)3回 ○ブルックナー(第1~9番)/ベルリン・フィル(DG) ○メンデルスゾーン(第1~5番…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平均睡眠時間

「睡眠のなぜ?に答える本」大川匡子、高橋清久監修(ライフ・サイエンス/2019.1)という本を読んだ。 日本人28,000人を対象とした調査(2005)によれば、日本人成人の1日あたりの睡眠時間は、6時間以上7時間未満、および7時間以上8時間未満がそれぞれ男女ともに約3割を占めており、合わせて約6割の人の睡眠時間が6時間以上8時間未満…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館/トルコ至宝展

新国立美術館へ行く場合、以前は六本木駅から歩いたこともあったが、最近は駅直結の便利さもあり、乃木坂駅以外からは行ったことがない。 そして、京急線沿線から品川経由で乃木坂まで行く場合、下記のようなさまざまな行き方がある。 ○JR品川→JR原宿→千代田線明治神宮前→千代田線乃木坂 ○JR品川→JR渋谷→銀座線渋谷→銀座線表参道→千代田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥村祥子・村中恵理 二人展

「奥村祥子・村中恵理 二人展~清風名月~」を観た(新宿高島屋 美術画廊)。 https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/topics/detail.html?category=art&id=6241#contents 二人とも同世代の若いアーティスト(奥村は日本画、村中は七宝)。 特に村中の七…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本 2019/3

●「もっと音楽が好きになる 上達の基本 ホルン」福川伸陽著(音楽之友社/2019.3) https://zauberfloete.at.webry.info/201903/article_15.html ●「新しい音楽鑑賞~知識から体験へ~」久保田慶一著(水曜社/2019.2) 音楽鑑賞の指導者を対象に書かれた体験型音楽鑑賞の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C管クラリネット

今日の練習(「こうもり」)の時、隣のクラリネット奏者が3本のクラリネットをスタンドに立てていたので、思わずその中で一番管の短い楽器を指して、「それはC管クラリネットですか?」と訊いてしまった。 私自身、C管クラリネットを見たのは今回が初めて。ちょっと持たせてもらったところ、やはりB管に比べてもかなり短いというか小型な感じではあった。実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒川沿いの桜 2019

目黒川沿いの桜は3/29現在「七分咲」とのこと。 https://s.n-kishou.co.jp/w/sp/sakura/sakurad.html?&code=13370042&fla=yosou あまりすっきりしない天気で、気温もかなり低かったが花見に出かけた。 実際に歩いてみるとやはり七~八分咲という感じではあったが、満開に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」練習開始

7月下旬のオペラ本番に向けて練習が始まった。今回は歌合わせが一回(!)しかないらしく、あとはすべてオーケストラだけの練習となる。昨年の11月には、序曲以外は手書きのパート譜(Kalmus版?)が配信され、同時に配信されたスコア(Peters版、ただしEulenburg版のリプリント)に内容を合わせるように、および練習番号を記入しておくよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要なオケの団員募集状況

●ベルリン・フィル https://www.berliner-philharmoniker.de/offene-stellen/ ○第1ソロ・ヴィオラ マテ・ズーチス退団による後任。 ○ソロ・ホルン デヴィッド・クーパー退団による後任。 https://zauberfloete.at.webry.info/201808/ar…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more