ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調

来月末の演奏会でこの曲を演奏するのだが、プログラムの曲目解説を担当することとなった。 ○作曲年代:1811年8月頃から準備、第7交響曲と並行して作曲、1812年夏に集中して作曲、同年10月リンツで完成 ○初演:1814年2月27日作曲者自身の指揮によりウィーンにて ○特徴など: ・作曲者自身は同時に作曲した第7を「大きな交響曲」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都バスの割引

六本木で練習がある時は、下記二つの路線のいずれかを利用している。 ○京急 →都営地下鉄大門 →大江戸線六本木(または麻布十番) ○京急 →JR品川 →恵比寿 →日比谷線六本木 先日、思い立って都バスを利用してみた。 家の前のバス停から目黒駅行きのバスに乗り、品川駅高輪口で六本木ヒルズ行き(反96系統)に乗り換え、六本木五丁目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芍薬満開

日曜日に買ってきた芍薬、 https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_7.html 水曜日の朝には満開になった。大輪がこれだけ咲き揃うとゴージャスこの上ない。 買った時に既に咲いていた白い花がまだ美しさを保っているのは予想外のこと。 気温が低めだったせいもあろうが、ずいぶん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ランメルモールのルチア」/ウィーン国立歌劇場

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○エンリーコ・アシュトン卿(バリトン):ジョルジュ・ペテアン ○ルチア(ソプラノ):オルガ・ペレチャツコ ○エドガルド卿(テノール):フアン・ディエゴ・フローレス ○アルトゥーロ・バックロー卿(テノール)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芍薬

昨日買った時、ピンクの花はまだ蕾だったのだが、あっという間に咲いてしまった。 芍薬はアジア大陸北東部原産のボタン科の植物で、平安時代(以前?)に薬用として日本に伝わり、徐々に観賞用の花として普及していったという。 「芍」は、「鮮やか」や「美しい」、「抜きんでて美しい」という意味で、芍薬の根は古くから鎮痛剤などに用いられて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルトの「アレグロ マエストーソ」

モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調K313第一楽章に書かれている「アレグロ マエストーソ」の発想標語について調べてみた。 https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_5.html マエストーソは一般に日本語訳では、「威厳を持って、荘厳に」と訳されるが同時に、感嘆、尊敬の念…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

グラフェナウアーのモーツァルト K313

自主的に音楽を聴きたい時に取り出す機会が多いのはこの演奏。とはいっても、グラフェナウアーが吹くモーツァルトのト長調のコンチェルトは2種類ある。 ●ヴァント=バイエルン放送響(BR KLASSIK/1981.10.16) 9:39/9:14/7:13 https://zauberfloete.at.webry.info/20100…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

WPh/Elbphilharmonie LIVE

ウィーン・フィル/エルプフィルハーモニー・ライブが公開されている(期間限定かどうかは不明)。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/videos/930898237244432/?fref=ts 2019年6月5日ハンブルク、エルプフィルハーモニーでの演奏会。指揮はマリス・ヤンソンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化

家のベランダには3鉢のグレープフルーツがある。30年以上前に種を蒔いたら発芽し、その後も枯れずにずいぶん大きくなった。が、一度花が咲いたきりで実を付けることはない。もともと、東京の気候では育てられない植物のようだ。 https://zauberfloete.at.webry.info/200703/article_8.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本 2019/5

●「からだの使い方」高垣智著(ヤマハミュージックメディア/2019.5) 「パワーアップ吹奏楽!」シリーズの一冊。「出したい音のイメージを実現するために、からだが素直にはたらくようにする」ことが大切という。また、「腹式呼吸」は必要なく、必要なのは「自然な呼吸」とのこと。そして息の「圧力」はできるだけ低く保ち、息の「流れ」を使って演奏で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーディナー=バイエルン放送響/ハイドン

バイエルン放送交響楽団のHP, BRSO Mediathek→Videos で https://www.br-so.de/brso-mediathek/videos/ サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮のハイドンの交響曲他を観た(主に前半を視聴)。 2019年5月23・24日、ミュンヘン・ヘルクレスザールでの演奏会の模様。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。ハーディング=BPhによるヨーロッパ・コンサート2019。曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルシファル」から「聖金曜日の不思議」 ○ベルリオーズ:歌劇「トロイ人」から「王の狩りと嵐」 ○ドビュッシー/ラインスドルフ編:歌劇「ペレアスとメリザンド」組曲から抜粋 ○ドビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚国際美術館→大鳴門橋

約5年半ぶりの大塚国際美術館。 https://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_17.html http://o-museum.or.jp/ 「大塚国際美術館」は、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大級の常設展示スペース(延床面積29,4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知 桂浜→吉野川

旅行最終日、天候は晴れ。朝、出発前に高知城近くまで散歩する。高知城は土佐藩初代藩主、山内一豊が慶長6年(1601年)に築城、江戸時代以前の現存天守は全国に12しかないとのこと。 ホテルを出発し、向かったのはすぐ近くの桂浜。 海に向かって立つ坂本龍馬像。台座を含めた高さ13.5mの大きな銅像。建立されたのは昭和3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐清水 竜串海岸→足摺岬→四万十川

旅行二日目、天気も良く暑くなりそうな天気。8時には松山のホテルを出発し、伊予→内子→大洲→西予→宇和島→宿毛と南下して土佐清水、竜串海岸へ。 竜串海岸は臥竜山に沿っている海岸で、竜が臥しているような小山と、大串に例えられる奇岩から「竜串」と呼ばれるようになった(諸説あり)という。 この一帯は砂岩/泥岩の層が波や風の浸食作用によって形成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高松空港→金刀比羅宮→道後温泉

旅行一日目。羽田7:45発の飛行機で高松空港へ。空港からバスで最初の目的地琴平、金刀比羅宮(ことひらぐう)へ。 海の神様を祀る神社で、全国各地にある金刀比羅神社の総本宮。年に約400万人の参拝客が訪れるという。境内は象頭山(ぞうずさん)の中腹にあり、御本宮は785段におよぶ石段の先にある。 参道の登り口。 大門、ここまでで365段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国旅行

5/23~25の三日間四国へ旅行した。 2013年に行った大塚国際美術館 https://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_17.html へもう一度行きたくて、ついでに四国もほとんど行ったことがなかったので、高松→松山→高知→徳島と四国をほぼ一周するという、「大塚国際美術館約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

David Cooper シカゴ響へ?

ベルリン・フィルを退団したホルン奏者ディヴィド・クーパーがシカゴ響に客演したというニュースはあったが、 http://chicagoclassicalreview.com/2019/05/muti-leads-cso-in-an-evening-of-populist-mozart-and-stravinsky/ https://w…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

杉谷昭子さんご逝去

ピアニストの杉谷昭子さんが5/8に亡くなられたとのこと。 東京芸術大学、ケルン音楽大学大学院などで学び、デュッセルドルフでのデビュー後、ドイツと日本を中心に演奏活動を行っていた。 ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、ベルリン・フィル団員らとのシューベルト始め多くの録音があるが、私が愛聴していたのはベートーヴェンのピアノ協奏曲全集。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more