ハイドン:「天地創造」

来週の演奏会でこの曲を演奏する。
1798年に作曲されたこの曲は、ハイドンの最高傑作の一つと言われている。全体は3部に分かれ、旧約聖書の創世記の最初の部分に書かれた6日間にわたる、神による天地創造の過程とアダムとイヴの物語が描かれている。
概要はWikipediaにある程度書かれているが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%9C%B0%E5%89%B5%E9%80%A0_(%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%B3)
もう少し細かい内容は下記↓がわかりやすい。
http://www.oekfan.com/note/haydn/creation.htm
初めての人にとっては大作でなかなか馴染みにくいが、YouTubeで大野和士が、入門用に簡単な、しかしわかりやすい解説をしている。
https://www.youtube.com/watch?v=C76DZsQs_OU&t=14s
https://www.youtube.com/watch?v=U-QNyYVrnlA

まず登場人物(?)/声楽ソリストは3人の天使、ガブリエル、ウリエル、ラファエル。
キリスト教においては、ミカエル、ガブリエル、ラファエルの三大天使にウリエルを加え四大天使と言われる。
基本的に天使には性別はないと言われるが、一般的には男性的外見として表現される。
ただし、ガブリエルだけは「受胎告知」に描かれているように女性として描かれることが多いようだ。
ということで、「天地創造」においても、ガブリエルはソプラノ、ウリエルはテノール、ラファエルはバスが担当する。そして、イヴとアダム。
話は逸れるが、第九交響曲に登場するケルビムも男性天使が天国の入り口を守っているという解釈が妥当なのだろう。
https://zauberfloete.at.webry.info/200803/article_15.html

次に楽器編成は下記の通り。
フルート3、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン2、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、弦5部、声楽ソリスト、混声四部合唱
ということで、標準的な2管編成に加え、第3フルートが必要。ただし、第3フルートは第29(28)曲だけにしか使われておらず、二管編成のオケではこの1曲だけのためにエキストラを呼ばなければならないことになる。しかし、第3フルートの出番の間オーボエはずっと休みなので、ハイドンの時代はオーボエ奏者が持ち替えたのだろう(そのための休みは1小節しかないが)。
そして、ミサ曲において使われてきたトロンボーン。
さらに、コントラファゴット。ハイドンが初めてコントラファゴットを使った曲がこの曲かどうかわからないが、後年の「四季」でもこの楽器が使われている。
この「天地創造」において特徴的なのは、第6、22(21)曲のラファエルのアリア、第30(29)曲イヴとアダムのデュエット等以外のコントラファゴットが使われている曲では第3(バス)トロンボーンと全く同様の譜面となっていること。
先日観たルツェルン音楽祭/ラトル=ベルリン・フィルによる「天地創造」の楽員配置において、木管後列が向かって左から、バストロンボーン、コントラファゴット、クラリネット2番、1番、ファゴット1番、2番という変則的な形になっていたのは、同じ譜面を演奏するバストロとコントラファゴットを近くにしたいという事情によると思われる。
https://zauberfloete.at.webry.info/201803/article_2.html

そして、私が持っているスコアはドーヴァー版(ペータース版のリプリント)なのだが、今回使用する版(指揮者のスコアとパート譜)はカールス版。
https://www.carus-verlag.com/en/choir/sacred-choral-music/joseph-haydn-the-creation.html
https://www.carusmedia.com/images-intern/medien/50/5199000/5199000x.pdf

曲の定義の仕方(?)が異なるため、後半になると曲番号が慣用版とズレていたりする(上記カッコ内がカールス版)。まあそれはよいとしても、原典版ということで、かなりの箇所でアーティキュレーション(スラー)が書かれていない。特に(ベーレンライター版もそうだが)装飾音符と主音の間のスラーが書かれていないということが問題になる。

レオポルト・モーツァルトの「バイオリン奏法」にも、
さてここに、例外なしの規則を示しましょう。前打音はその本音から決して離してはなりません。また必ず同じストロークで弾きます。前の音ではなく後ろの音が前打音についているということは、Vorschlag(前に打つ)という言葉からもわかります。
と書かれている通り、装飾音符には原則としてスラーを付けるというのが暗黙の了解であり、スラーが書かれていなくてもスラーを付けて演奏すべきであることは常識。
https://zauberfloete.at.webry.info/201606/article_3.html
であるにもかかわらず、スラーを付けずに演奏する人が少なくなく、他にも、楽譜に書かれていない慣習を知らない人が多すぎる。
また装飾音符以外でも、当該箇所にスラーが付いていない場合、他のパートやそれまでに出てきたフレーズにスラーが付いていれば、当然スラーを付けるべきであり、作曲家が付け忘れたか暗黙の了解として敢えて省略したかのいずれかと考えるべきである。
そうした点が私自身、原典版を使うことに対して積極的になれない理由でもある。

話が本論から逸れてしまった(次回に続く)。

"ハイドン:「天地創造」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント