オットー・ネーベル

画像

オットー・ネーベル(1892~1973年)は、ベルリンで生まれ育った画家、俳優、詩人。シャガール、カンディンスキー、クレーなどの影響を受けたという。
私はこの人の名前すら知らなかったのだが、先日「ターナー展」(損保ジャパン日本興亜美術館)
http://zauberfloete.at.webry.info/201806/article_4.html
の会場に置いてあったチラシ(京都文化博物館)を見て、私の大好きなクレーの作品に通じるものがあり、これは観ておくべきと思いあわてて調べてみた。
しかし、東京での展示は既に昨年BUNKAMURA/ザ・ミュージアムで終了していたため、
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_nebel/about.html
仕方なく図録だけを購入した。ひじょうに見応えのある素晴らしい内容のものだった。
名前は知らなくても、今回のようにチラシを見れば行ってみようと思うのだが、BUNKAMURAザ・ミュージアムの場合、上野、六本木周辺の美術館にはそのチラシが置いてあることはほとんどなかったため、眼に触れる機会がなく見逃すこととなってしまった。今後は展覧会情報を注意深くチェックしたいと思う。

"オットー・ネーベル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント