訃報その2/ルイ・フレモー氏

HMVのサイトにルイ・フレモー氏の訃報が載っている。
http://www.hmv.co.jp/news/article/1703290009/
フランス音楽のスペシャリストとして知名度は低くはなかったが、録音はあまり残されていないようだ。謹んでご冥福をお祈りしたい。
私が持っている唯一のフレモー指揮のディスクはオッフェンバック序曲集。
http://zauberfloete.at.webry.info/200712/article_1.html
http://zauberfloete.at.webry.info/201401/article_7.html
4月に発売予定という「ルイ・フレモー&バーミンガム市交響楽団 録音全集(12CD)」の内容紹介を見たところ、私が持っている上記録音は1972年のものであるということが判明した。
なお、レーベルはEMIではなく、1992 KLAVIER RECORDS/LIVE TO TWO TRACK,ORIGINAL MASTER RECORDING/Mastering by Bruce Leek と書かれている。
収録曲目は「地獄のオルフェ」、「ジェロルスティン大公妃殿下」、「美しきエレーヌ」、「青ひげ」、「パリの生活」に加え、ベルリオーズの「ローマの謝肉祭」、「ベンヴェヌート・チェッリーニ」。特にオッフェンバクは名演だと思う。

"訃報その2/ルイ・フレモー氏" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント