モーツァルトの「アレグロ マエストーソ」

モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調K313第一楽章に書かれている「アレグロ マエストーソ」の発想標語について調べてみた。
https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_5.html
マエストーソは一般に日本語訳では、「威厳を持って、荘厳に」と訳されるが同時に、感嘆、尊敬の念など、「偉大さ」を感じさせる言葉でもあるという。
そのようなイメージであれば必然的にテンポもゆったり/たっぷりしたものになることが想像される。
モーツァルト自身も、普通のアレグロよりは少し遅めのゆったりとしたテンポを想定していたのではないかと思われる。
ちなみに、「アレグロ マエストーソ」の指定がある主要な曲は下記の通り。
○「ハフナー・セレナーデ」K250/第一楽章
○ピアノソナタ イ短調K310/第一楽章
○フルート協奏曲第1番ト長調K313/第一楽章
○ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K364/第一楽章
○管楽八重奏のためのセレナーデ変ホ長調K375/第一楽章
○ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467/第一楽章
○ピアノ協奏曲第25番ハ長調K503/第一楽章
○ホルン協奏曲第4番変ホ長調K495/第一楽章
○「フィガロの結婚」第18曲レチタティーヴォとアリア/「私は見ることになるのか 召使いの幸せを」
○「魔笛」第4曲レチタティーヴォとアリア(夜の女王)
○「魔笛」第一幕フィナーレ354小節/「ザラストロ、ばんざい」
などで、以上はすべて四分の四拍子(伯爵のアリアのみ二分の二拍子)となっている。

ということで、ご存じの方が見ればなるほどと納得させられる曲ばかりが並んでいる。
が、ふだん「普通の」演奏を聴いている方は、上記の中のフルート協奏曲とホルン協奏曲には疑問符が付くのではないだろうか。
私自身、この2曲はかなりの枚数のディスクを持っているが、フルート協奏曲第1番については、
○グラフェナウアー/ヴァント=バイエルン放送響(BR KLASSIK/1981)
○ブラウ/カラヤン=ベルリン・フィル(EMI/1971)
http://zauberfloete.at.webry.info/201007/article_14.html
ホルン協奏曲第4番については、
○ザイフェルト/カラヤン=ベルリン・フィル(1968/DG)
http://zauberfloete.at.webry.info/201212/article_15.html
以外の演奏は、ふつうの「アレグロ」になっている。
なお、ブレインとの録音(EMI/1953)は、ザイフェルトとの録音ほどゆったりとはしていない。

以前、カラヤン(だけ)はなぜこの2曲をゆったりしたテンポで演奏するのだろうか?と疑問に思ったこともあるのだが、「アレグロ マエストーソ」の指定があるということで大いに納得している。

以下参考、4曲のホルン協奏曲の楽章毎の調性/速度・発想標語は下記の通り。
第1番(K412/514) ニ長調/アレグロ、ニ長調/ロンド アレグロ
第2番(K417) 変ホ長調/アレグロ、変ロ長調/アンダンテ、変ホ長調/ロンド アレグロ
第3番(K447) 変ホ長調/アレグロ、変イ長調/ロマンツェ ラルゲット、変ホ長調/アレグロ
第4番(K495) 変ホ長調/アレグロ マエストーソ、変ロ長調/ロマンツェ アンダンテ カンタービレ、変ホ長調/ロンド アレグロ ヴィヴァーチェ

と、ここまで書いて念のためと思い、実際のCDの表示をいくつか見たところ、ザイフェルト/カラヤン盤はじめ、いくつかのディスクで第4番第一楽章に「アレグロ モデラート」と書いてある。
そこでimslpで調べてみたところ、オイレンブルク版やブライトコプフ版のスコアでは、驚いたことに「アレグロ モデラート」になっている。
とはいえ、NMAが「アレグロ マエストーソ」と言っているのだから間違いないとは思うが、カラヤンが録音に使った譜面には「アレグロ モデラート」と書いてあった確率の方が高いとも思える。
いずれにしても、「アレグロ モデラート」の方が「アレグロ」よりもゆっくりなのだとは思うが・・・。

"モーツァルトの「アレグロ マエストーソ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント