ヘンデル:歌劇「アルチーナ」

録画しておいた「プレミアムシアター~エクサン・プロヴァンス音楽祭2015~」を観た。演目はヘンデルの歌劇「アルチーナ」。声楽ソリストなどは下記の通り。
○アルチーナ(王国を支配する魔女):パトリシア・プティボン
○ルッジェーロ(魔女に魅入られた騎士):フィリップ・ジャルスキー
○モルガーナ(女王アルチーナの妹で魔女):アンナ・プロハスカ
○ブラダマンテ/リッチャルド(ルッジェーの婚約者):カタリナ・ブラディク
○オロンテ(モルガーナの婚約者):アンソニー・グレゴリー
○メリッソ(ルッジェーロの後見人):クシシュトフ・ボンチク
○オベルト(行方不明の父を捜す少年):エリアス・メドラー
○管弦楽:フライブルク・バロック・オーケストラ
○指揮:アンドレア・マルコン
○演出:ケイティ・ミッチェル
○翻訳:森口いずみ
○字幕:三井章子
○収録:2015年6月30日、7月10日/プロヴァンス大劇場

私にとってヘンデルのオペラというのは初体験(いくつかのアリアは聴いたことはあるが)。ストーリーは単純だが、技巧的なアリアや聴き応えのある曲も少なくなく、声楽ソリストの秀演もありなかなか楽しめた。演出はややミステリアス/シュールなもので一部意味不明なところもあったが、工夫は凝らされていたと思う。子供には見せない方がよいと思われる場面もあったが・・・。
ソリストはプティボン、プロハスカはじめ、ルッジェーロ役のジャルスキー、ブラダマンテ役のブラディクも優れた歌唱、演技だった。
特筆すべきはマルコン指揮のフライブルク・バロック・オーケストラ。躍動感のある生き生きとした演奏で、ヴァイオリンやチェロのソロも見事なもの。このような演奏を聴いてしまうと、普通のオケで聴くともの足りなく感じるのではないかと思う。
それにしても、ヘンデルというのは本当にどこを聴いてもヘンデル。モーツァルトもどこをとってもモーツァルトだが、ヘンデルの場合はやや意味合いは異なる・・・。

"ヘンデル:歌劇「アルチーナ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント