また楽器トラブル

先日の本番前日の練習の時、楽器を組み立てようとしてうっかり手を滑らせてダブルジョイントを床に落下させてしまった。椅子の上で組み立てようとして手前に置き過ぎたのが敗因。そのためU字管キャップの下部/底が凹んでしまう。まったく不注意以外の何物でもない・・・。音には直接影響はないとはいえ、かなりの精神的ダメージを受ける。
さらに本番終了後、ケースを立てて置いていた時、うっかり上に向けて(フタ側に)倒してしまった。以前横向きに倒した時にはロング・ジョイントにダブルジョイントのキーが当たって木が凹んでしまったが、今回は一応見た目は無事。
ということで本番翌日に楽器を入院させた。ついでに、各ジョイントの糸の巻き直し(最近どこも緩くなっていた)と、トーンホールのクリーニングなども併せて依頼する。
そして今日受取りに行ってきた。U字管キャップの凹みは完全に直すことはできないとのことだったが、かなり修復され、あまり目立たない程度には一応回復する。楽器を倒したことによる問題も特になしとのこと。
あらためて試奏した限り、特に問題ないようで一安心。ジョイントがややキツすぎるのが心配ではあるが、前回のこともあるので自分で調整できない時はまたお願いしようと思っている。
http://zauberfloete.at.webry.info/201503/article_3.html
いずれにしても、(当たり前だが)楽器を扱う時は細心の注意が必要であるということをあらためて再認識した。何事もないことが当たり前のように思っているが、ちょっと油断すると取り返しのつかないことになる危険をいつも抱えているということを肝に銘じておかなければならない。

"また楽器トラブル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント