ソフィー・ダルティガロング/ウィーン国立歌劇場オケへ

ソフィー・ダルティガロング/Sophie Dartigalongue は現在ベルリン・フィル団員(ファゴット奏者)、
http://www.berliner-philharmoniker.de/orchester/musiker/sophie-dartigalongue/
しかし近々退団の模様でコントラファゴット募集がHPにも載っている。
http://www.berliner-philharmoniker.de/offene-stellen/
そして、ウィーン国立歌劇場で第1ファゴット募集の告知を見たのが昨年秋。
http://zauberfloete.at.webry.info/201410/article_1.html

その後どうなったのかと思っていたところ、この5月に何と、ダルティガロング女史がウィーン国立歌劇場管弦楽団のオーディションに受かり、ヴェルバの後任として9月からの就任が決まったとのこと。
http://slippedisc.com/2015/05/breaking-vienna-opera-poaches-principal-from-the-berlin-phiharmonic/

Vienna Opera hires principal from the Berlin Phiharmonic May 22, 2015 by norman lebrecht 16 comments. Sophie Dartigalongue, a bassoonist in the Berlin Philharmonic for the past two years has won the audition for principal bassoon in the Vienna Opera orchestra. She succeeds Professor Michael Werba in September this year. Sophie, 24, French-born, played in the Orchestre des Pays de Savoie and the Orchestre de l’Opéra Lyon before upgrading to Berlin. She becomes an automatic candidate member of the Vienna Philharmonic, though whether they can overcome embedded prejudices to give her full membership remains to be seen. Berlin’s loss is Vienna’s gain.

http://www.sophiedartigalongue.com/en/news/sophie-dartigalongue-appointed-principal-bassoon-vienna-states-operaphilharmonic-

経歴は下記の通り。
1991年フランス生まれ、2011年ベルリン・フィル・アカデミー入学。ペイ・ド・サヴォアO、リヨン歌劇場管弦楽団などを経て2013年5月からベルリン・フィル団員。2013年ARDミュンヘン国際コンクールで第2位(最高位)。


ウィーン音大出身でもなく、旧ハプスブルク圏出身でもない人が国立歌劇場オケ ファゴット奏者に就任するとは思ってもいなかった。将来的にウィーン・フィルにもいよいよ女性首席管楽器奏者が登場することとなる。

"ソフィー・ダルティガロング/ウィーン国立歌劇場オケへ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント