ハイドン:交響曲第6番「朝」のトリオ

ハイドン:交響曲第6番ニ長調「朝」の第三楽章メヌエットのトリオにはヴィオローネのソロがある。ランドン監修のフィルハーモニア版スコア/ドブリンガー版などによれば、トリオの後半(43小節目)から14小節間はチェロ・ソロと書かれており、57小節からは再びヴィオローネ・ソロとなっている。なお、脚注には、「Wien(Musikfreunde);他のソースはヴィオローネが続ける」と書かれている。
ということで、録音ではどのように演奏されているのか確認してみた。
○ゴバーマン=ウィーン国立歌劇場O(SONY/1960~62)
 途中でチェロがソロを弾く(楽譜通り)。
*ヴァイオリンとチェロのソリストは次のようにクレジットされている。
Vn:Ludwig Dobrony
Vc:Gerhardt Zatschek
Dobronyという人は1957年のウィーン交響楽団演奏会のソリストに名前が出ている。
http://www.wienersymphoniker.at/konzert/pid/000000e9h58h00011284
○ヘルビッヒ=シュターツカペレ・ベルリン(BERLIN Classics/1973)
 トリオはすべてコントラバスがソロを弾いている。
*なお、話は本論から逸れるが、ヘルビッヒのハイドンといえばドレスデン・フィルと思っていたが、これは何とオケがシュターツカペレ・ベルリン。このような演奏があったとは初めて知った(CDは以前から持っていたのだが)。
○アーノンクール=コンチェントゥス・ムジクス・ウィーン(WARNER CLASSICS/1989)
 途中でチェロがソロを弾く(楽譜通り)。すべてコントラバス/ヴィオローネがソロを弾いているのではと思ったが、「楽譜通り」の演奏で期待外れ。
○ホグウッド=アカデミー・エンシェント・ミュージック(L'OISEAU-LYRE/1990)
 トリオはすべてコントラバス/ヴィオローネがソロを弾いている。
○ヘスス・ロペス・コボス=ローザンヌ室内O(DENON/1991)
 途中でチェロがソロを弾く(楽譜通り)。
○フィッシャー=オーストロ・ハンガリアン・ハイドンO(BRILLIANT/1987~2000)
 トリオはすべてコントラバスがソロを弾いている。
○ディヴィス=シュトゥットガルト室内O(SONY/1995~2006)
 途中でチェロがソロを弾く(楽譜通り)。
なお、先日観たラトル=ベルリン・フィルの演奏でもコントラバスがすべてソロを弾いていた。なお、奏者はエスコ・ライネでひじょうに見事な演奏だった。
http://zauberfloete.at.webry.info/201504/article_6.html
ということで、意外にもすべてソロをコントラバスで弾く演奏が少なくなかった。
連作である「昼」、「晩」のトリオがすべてヴィオローネのソロで一貫していることもあり、「朝」のトリオも途中でチェロに替わることなく、すべてヴィオローネがソロを弾く方が整合性が取れることは確かだと思う。
なお、ゴバーマン=ウィーン国立歌劇場Oの「昼」(交響曲第7番)の第三楽章メヌエットのトリオでは、何とチェロがすべてのソロを弾いている。「小型の」ヴィオローネを想定してのことなのか・・・。
http://zauberfloete.at.webry.info/201504/article_9.html

"ハイドン:交響曲第6番「朝」のトリオ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント