ハイドンとモーツァルトの干支はねずみ

モーツァルトの生年/没年は1756~1791年と覚えていたのだが、ハイドンの生年(1732年)が、モーツァルトより24年早いということに最近気がついた。調べてみると1732年は「壬子(みずのえ ね)」であり、1756年は「丙子(ひのえ ね)」。他の作曲家ではロッシーニが1792年「壬子(みずのえ ね)」生まれで、ハイドンのちょうど一巡(60年)後になる。
ねずみ年生まれの作曲家、他には、スカルラッティ(1660~1725)、チャイコフスキー(1840~1893)などがいるようだが、生まれ日/星座と違って特に共通した特徴はなさそうではある・・・。

ついでながら、ちょっと調べてみたところ、1732年生まれというのは、ハイドンの他に、ワシントン、フラゴナール、ボーマルシエなどがいる。そして、1740年代では、ボッケリーニ(1743)、ゴヤ(1746)、ゲーテ(1749)、1756年生まれの著名人はいないようだが、マリー・アントワネットは前年の1755年生まれ。
ちなみに、円山応挙は1733年(享保18年)、喜多川歌麿は1753年(宝暦3年)、葛飾北斎は1760年(宝暦10年)生まれである。

"ハイドンとモーツァルトの干支はねずみ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント