「魔笛」/カラヤン=ベルリン・フィル

画像

久しぶりにカラヤン=ベルリン・フィルの「魔笛」を聴いた。ドイツ・グラモフォンの初めてのデジタル録音ということで1980年末に発売され、当時LP3枚組で付録(?)に1938年録音と当録音の「序曲」の45回転レコードが付いていた。声楽ソリストなどは下記の通り。
○ザラストロ:ジョセ・ヴァン・ダム
○夜の女王:カーリン・オット
○パミーナ:エディト・マティス
○タミーノ:フランシスコ・アライサ
○パパゲーノ:ゴットフリート・ホーニク
○パパゲーナ:ジャネット・ペリー
○モノスタートス:ハインツ・クルーゼ
○第1の侍女:アンナ・トモワ・シントウ
○第2の侍女:アグネス・バルツァ
○第3の侍女:ハンナ・シュヴァルツほか
○合唱:ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
○管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
○指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
○録音:1980年1月20~28日 フィルハーモニー,ベルリン
○エグゼクティヴ・プロデューサ:ギュンター・ブレースト
○プロデューサ:ミシェル・グロッツ
○レコーディング・エンジニア:ギュンター・ヘルマンス
○エディティング:ラインハルト・シュミット、フォルカー・マーティン
私にとってはスウィトナー=ドレスデンに次ぐ二組目の「魔笛」、そしてレコードとしては最後の「魔笛」となった。当時売れっ子だったシントウやバルツァを侍女役に起用するなど、配役面でも話題になったセットだった。
今聴いても、声楽よりもオケ主体(フルートはブラウなのか・・・)の録音とは思うが、今回聴き直してみてあらためてその良さを感じたのはジャネット・ペリー、なかなか優れた歌唱を聴かせる。あと、録音はもっと硬めでカサついた印象を持っていたのだが、それほどでもなくワリと聴きやすいものだった。
なおこのセット、4~5年前くらいに買ったもので確か2枚組1500円くらいだった。対訳は付いていないがずいぶん安くなったものだと思う。CD1は第一幕69分54秒、CD2は第二幕81分24秒という長時間録音盤となっている。

"「魔笛」/カラヤン=ベルリン・フィル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント