「落葉の里」

1978年8月に発売されたシングル盤「絶対絶命」のB面に収められていた山口百惠の曲(作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童/編曲:萩田光雄)。この曲は、その翌月にリリースされたLP「ドラマチック」や、その後のベスト盤にも収録されず、結局LPでは発売されなかったのではないかと思う。もちろん、テレビなどで歌われたこともないため、この曲を知っている人はほとんどいないのではないかと思う。
私自身も、彼女が引退してから発売されたCD4枚組の「REBIRTH/百惠全集」(1984/SONY)を買った時に聴いたのが初めてであり、彼女の曲が、歌われた時代の記憶と完全に一体化されているのに対し、この曲(とあと数曲)は70年代の記憶とは無縁の曲となっている。
しっとりと優しく歌われるこの曲は、百惠さん自身も気に入っていた曲であると何かで読んだ記憶もあり、彼女が歌った知られざる名曲/名唱のベスト・ワンに挙げられるものだと思っている。
今日、ずいぶん久しぶりに聴いてみたが、35年という年月を感じさせない曲作り&歌唱で素晴らしかった。
意外にもyoutubeに歌詞&音源がアップされていたので以下に引用する。
http://www.uta-net.com/movie/71427/

"「落葉の里」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント