「上を向いて歩こう」

朝日新聞5/6朝刊の「SUKIYAKI 50年」という記事で、「上を向いて歩こう」の初演時の楽譜(一部)が掲載されていた。
よく見ると、驚いたことに冒頭の歌い出しは耳で聞いて覚えていたリズム、
休 う え を/む ー い て/休 あ ー る/こ ー ー う/
ではなく、
う ー え を/む ー い て/あ ー る こ/う ー ー ー/
になっている。 
ネット上で検索してみたところ、1961年7月21日、産経ホールで開催された「第3回中村八大リサイタル」における「上を向いて歩こう」の初演時の楽譜、というのが見つかった。
http://event.yahoo.co.jp/sukiyaki/databox/index.html
これを見るとさらに、
「おもいだすはるのひ」
や、
「しあわせはくものうえに」
「しあわせはそらのうえに
のあたりも、坂本九は楽譜と異なる歌い方をしている。
http://www.youtube.com/watch?v=bbH754gScuk

「メロディがうたいやすい」と言われているこの曲だが、特に、オリジナルの「あ ー る こ/う ー ー ー/」よりも「休 あ ー る/こ ー ー う/」の方が歌いやすいのは事実だろう。なお、上記オリジナル楽譜の間奏部分の三小節目は一拍目にちゃんと休符が書かれていることが興味深い。

"「上を向いて歩こう」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント