モーツァルト:10番台のピアノ協奏曲

先日、第20~27番のピアノ協奏曲をまとめて鑑賞したので、今回はそれ以前の作品を何回かに分けて聴いてみた。
http://zauberfloete.at.webry.info/201206/article_5.html
ピアニストが重ならないよう、熟考の末に私が選んだ演奏は下記の通り。どれも各曲を代表する名演だと思う。
○ピアノ協奏曲第10番変ホ長調K365 ギレリス父娘/ベーム=ウィーン・フィル(DG/1974)
○ピアノ協奏曲第11番ヘ長調K413 バレンボイム=ベルリン・フィル(TELDEC/1996)
○ピアノ協奏曲第12番イ長調K414 ステューダー/ミューラーブルール=ケルン室内O(Claves/1972)
○ピアノ協奏曲第13番ハ長調K415 ピリス/グシュルバウアー=リスボン・グルベンキアンO(ERATO/1974)
○ピアノ協奏曲第14番変ホ長調K449 ポリーニ=ウィーン・フィル(ANDaNTE/1981)
○ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K450 ブレンデル/マリナー=アカデミー室内O(PHILIPS/1981)
○ピアノ協奏曲第16番ニ長調K451 内田光子/テイト=イギリス室内O(PHILIPS/1989)
○ピアノ協奏曲第17番ト長調K453 クリーン/スクロヴァチェフスキ=ミネソタO(turnabout/1978)
○ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K456 シフ/ヴェーグ=カメラータ・アカデミカ・ザルツブルク(DECCA/1984)
○ピアノ協奏曲第19番ヘ長調K459 ペライア=イギリス室内O(CBS/1984)

以上の中で、私にとって決定盤と呼べる演奏は第12番のステューダー盤のみ。
http://zauberfloete.at.webry.info/200709/article_2.html
http://zauberfloete.at.webry.info/200803/article_8.html
第19番はポリーニ/ベーム=ウィーン・フィル(DG)の名演も忘れ難いし、第15番はバーンスタイン=WPhの歴史的録音(DECCA)もある。また、二台のピアノのための第10番は、ラローチャ&プレヴィンの演奏(BMG)も名演だった。そして、ペライア、内田、シフの全集は出来不出来の差があまりなく、どの曲も優れた水準となっているが、その中でも特にペライアの第19番は名演だと思う。
http://zauberfloete.at.webry.info/200803/article_21.html
ブレンデルの演奏はすべて持ってはいないが、第15番は名演の一つではないだろうか。いずれにしても、これらの録音は1970年代から1980年半ばくらいに集中している。
例外はバレンボイムがベルリン・フィルを弾き振りしたシリーズ(1993~1997年録音)。先日の第20~27番のセットは以前聴いた時よりも好ましく聴けたため、またあらためて聴き直してみたい。今回聴いた第11番はオケも素晴らしく、なかなかの名演だった。

さて、今回10曲を通して聴いてみて感じたことは、10番台のコンチェルトは、20番台のそれらに匹敵する名曲揃いだということ。普段、私が自主的に聴くことが多いのは、20番台の曲よりも10番台の曲(特に第15~19番)の方が多い。あまり聴き込んでいない第11番と第14番については自信がないが、それ以外のすべての曲は本当に素晴らしい曲だと思う。
今後、第19番以外の曲についても聴き比べをしていきたい。
http://zauberfloete.at.webry.info/200803/article_24.html

"モーツァルト:10番台のピアノ協奏曲" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント