チリ ワイン

ピノ・ノワールの表示があって1000円以下で買えるワインは滅多にない。私はVDPで880円というのがある(あまり香りもなくそれなりの味)のは知っていたのだが、先日、某ディスカウンターで一本だけ残っていた、Cono Sur 2008 Valle Central Pinot Noir というワイン(800円くらいだった)、チリワインでピノ・ノワール&1000円以下というのは初めてだったが、今回飲んでみてびっくり。
フランス、ドイツ、イタリア産は別にして、私が最も信頼(?)しており購入頻度が高いのはチリワイン。スペイン、オーストラリア、アルゼンチン、南アフリカ産などと比べてもほとんどハズれがない。今回のワイン、この価格にしては味も上々だったが、驚いたのは香りの豊潤さ。チェリー、プラム、ストロベリーをミックスしたようなピノ独特の豊かな香り・・。大きめのグラスで飲んだせいもあるが(安いワインほど高い:大きなグラスで飲むことが鉄則)、香りがよく広がり、とてもこの価格のものとは思えないものだった。酸味もそれほど強くはなく、バランスのとれた味、ノド越しも、3000円クラスのブルゴーニュと比べてもほとんど遜色のないもの。たぶん、飲み比べてもこれが1000円以下のワインと当てられる人は皆無と思う。普段飲むワインとしては十分すぎる味と香り。
自転車が描かれている何の変哲もないラベルのワインだが、もし見かけた方は絶対に買って帰ることをお薦めする。とにかくコストパフォーマンス抜群の凄いワインである。私も(もし在庫があったら)あと5~6本は買っておきたかった。他にもカベルネ、シラーなどがあるらしい。

"チリ ワイン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント