スイス・ロマンド管弦楽団(OSR)でクラスター発生

https://www.rts.ch/info/culture/musiques/12121385-lorchestre-de-la-suisse-romande-est-durement-frappe-par-le-coronavirus.html
以下抄訳。
ワーグナーのオペラ「パルジファル」のリハーサル中に、スイス・ロマンド管弦楽団(OSR)の芸術監督/ジョナサン・ノットと約15名の音楽家からコヴィドの陽性反応が出た。
月曜日、OSRは6月末まですべての音楽活動を停止することを決定した。

https://www.osr.ch/fr/concerts-billets/informations-covid-19
スイス・ロマンド管弦楽団がリハーサルを行っていたジュネーブのグランド・テアトルでも、4人の合唱団員と事務局員の感染が確認された。
これまでに、タイトルロールを演じた歌手が陽性反応を示し隔離されていた。しかし、リハーサルは交代で続けられていた。

すべてのリハーサルは管轄の保健所が承認した感染防止対策に従って行われていた。
――マスク着用と必要な距離の確保、プロンプターのプレキシガラス、グループ間の分離、ソリストのコントロールされた生活など。


感染防止対策を行っていても、マスクを外して歌ったり、楽器を演奏したりすればやはり感染することもあり得ることは、十分認識しておかなければならないということなのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント