ヘルムート・ヴィンシャーマン氏ご逝去

オーボエ奏者、指揮者であるヴィンシャーマン氏が亡くなられた(享年100歳)。謹んで哀悼の意を表したい。
ヴィンシャーマン氏は1920年3月22日、ドイツのミュールハイム生まれ。エッセンとパリで学び、ヘッセン放送交響楽団、コンセルトヘボウなどのソロ・オーボエ奏者を務め、数々の室内楽団のリーダーを務めた後、1960年、フランクフルトでドイツ・バッハ・ゾリステンを設立、芸術監督としてバッハ/バロック音楽の普及に努めた。1956年からデトモルトの北西ドイツ音楽院教授として、宮本文昭、北島章など優秀な音楽家を育てる。指揮者としてもたびたび来日していた。

私が持っているCDは下記の2点のみ。
いずれもドイツ・バッハ・ゾリステンを指揮したもの。ソリストはグルベローヴァ、マイゼン、ゴリツキなど。
○バッハ:管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066、管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067、カンタータ第199番(LASER LIGHT)
○バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1~3番、VnとObのための協奏曲BWV1060、カンタータ第51番(LASER LIGHT)
録音はカンタータ:1983年、管弦楽組曲他:1977年

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント