一年ぶりの演奏会

昨年/2020年は、出演した演奏会は2回(1回は無観客)あったものの、聴きに行った演奏会はゼロ回だった。 最後はいつだったか調べてみたところ、2019年11月(1年3ヶ月前)のこと。 https://zauberfloete.at.webry.info/201911/article_15.html 今日、聴いたのは高校OBオケ…
コメント:1

続きを読むread more

WISEMANのケース

WISEMANはロンドンにあるケースのメーカー。 https://wisemanlondon.com/ 超軽量のカーボンファイバー製など、価格は高いがなかなか良さそうなケースを作っている。 最近配信されたホルンのケースの動画。 https://www.youtube.com/watch?v=Vvbs8WQy1fg&t=26s…
コメント:0

続きを読むread more

ヴォルフガング・ベッチャー氏ご逝去

チェリストのヴォルフガング・ベッチャー(Wolfgang Boettcher)氏が亡くなった(享年86歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 ベッチャー氏は1935年ベルリン生まれ。ベルリン音楽大学でリチャード・クレムにチェロを学ぶ。 1958年ミュンヘン国際音楽コンクールで2位、同年ベルリン・フィル入団、1963~1976年ベルリン・フ…
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K251

1776年7月、姉ナンネルの聖名祝日(7月26日)を祝うため、「ハフナー・セレナーデ」K250 を作曲後の短期間にザルツブルクで作曲されたと考えられている。 楽章構成は下記の通り。 Ⅰ Allegro molto ニ長調 4/4 ソナタ形式 Ⅱ Menuetto ニ長調 3/4 3部形式 Ⅲ Andantino イ長調 2/4 …
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルトのディヴェルティメント/セレナードにおけるバスの編成

モーツァルトのセレナーデ、ディヴェルティメントにおけるバス/低弦パートは、どのような楽器が想定されていたのだろうか。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K525 には具体的にチェロの表記がある Violoncello e Basso ものの、 https://www.omifacsimiles.com/brochures/m…
コメント:0

続きを読むread more

SEPTETS /ルツェルン祝祭管弦楽団ソリスト

ルツェルン祝祭管弦楽団のソリストたちによる、SEPTETS というCD(accentus music/2020)を購入した。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K251(ナンネル・セプテット) ○ベートーヴェン:七重奏曲変ホ長調 Op.20 ○オーボエ:ルーカス・マシアス=ナヴァ…
コメント:0

続きを読むread more

「これで万全!名曲の教え方」

ムジカノーヴァ編、音楽之友社より2021.1に出版されている。 月刊「ムジカノーヴァ」の「今月の1曲」に連載されたものを再構成したもの。 「エリーゼのために」「乙女の祈り」「キラキラ星変奏曲」「トロイメライ」「小犬のワルツ」などの有名曲を素材に、 「アナリーゼ」「演奏・指導法」「ソルフェージュ」「エチュード」の4つの分野について、…
コメント:0

続きを読むread more

フリードリヒ・ヘルマン:3つのヴァイオリンのためのブルレスケ ト長調 Op.9

フリードリヒ・ヘルマン(1828~1907)はフランクフルト生まれ。ヴァイオリニスト、作曲家。 メンデルスゾーンが設立したライプツィヒのコンセルヴァトワールで学び、1847年に教授に就任。多くの作品を作曲するとともに、ヴァイオリン奏法についての著作もよく知られている。 このヘルマンと、ヨハン・ポール・アイヒホルンのヴァイオリン重…
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ホルンと管弦楽のためのロンド変ホ長調K371

1781年3月21日ウィーンの日付を持つこの作品は、ウィーンでモーツァルトが自由な音楽家として初めて作曲した作品と言われている。 独奏パートのすべて、最初のページのオーケストレーション、そしてそれ以降、伴奏部分に一部指示がある程度の未完のスコアとなっている。 そして1989年*1、欠落していた4ページ/60小節が新たに発見された。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハンブルク国立歌劇場公演/「ファルスタッフ」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はハンブルク国立歌劇場公演、ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」(全3幕) ○ファルスタッフ:アンブロージョ・マエストリ ○フォード夫人:マイヤ・コヴァリェフスカ ○フォード(金持ちの市民):マルクス・ブリュック …
コメント:0

続きを読むread more

梅 2021~北品川・東品川周辺~

梅が咲いているところはあまり多くはなく、その中での数本。 品川神社階段途中 聖蹟公園 東品川海上公園/天王洲南運河沿い(2021/02/04撮影) 東品川海上公園/天王洲側(2021/02/08撮影) 蝋梅(梅の仲間ではないらしい) 正徳寺(北品川)…
コメント:0

続きを読むread more

寒緋桜2021

目黒川沿いにある荏原神社の寒緋桜(2021/02/01)。 満開まではもう少し。 (2021/02/04追記) だいぶ花が開いてきた。やはり天気が良いと花の色も冴える。 (2021/02/06追記) さらに美しくなってきた。 (2021/02/16追記)…
コメント:0

続きを読むread more

N響/新世界

「クラシック音楽館」を観た(2/14)。曲目等は下記の通り。 ○コリリャーノ:「航海」 ○バーバー:ヴァイオリン協奏曲作品14 ○シューベルト、エルンスト編曲:「魔王」(アンコール) ○ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調作品95「新世界から」 ○ヴァイオリン:神尾真由子 ○管弦楽:NHK交響楽団 ○指揮:原田慶太楼 ○収…
コメント:0

続きを読むread more

デンタル・マウスピース/ナイトガード

ハードタイプの睡眠時専用マウスピースをナイトガードと言うらしい。 ずっと使用していた(一時使用していなかった時期もあった)ものがボロボロになってしまったので、久しぶりに新しいものを作ってもらった。 調整は未だ十分とは言えないが、とりあえず あまり力を入れなくても着脱できる程度には直してもらう。 https://zauberfl…
コメント:0

続きを読むread more

人間ドック検査結果

1月末に受診した人間ドックの結果が届いた。 脂質異常症、逆流性食道炎などの軽度異常に加え、視力、聴力低下などの問題はあるとはいえ、特に精密検査/再検査などの必要はないとのことでとりあえずホッとする。 昨年は新型コロナウイルス感染拡大により、種々の活動が制限されたものの、例年になく散歩にはかなりの頻度で出かけたことは事実。従って、全体…
コメント:0

続きを読むread more

確定申告終了

e-Taxで確定申告を終了した。 これまで、マイナンバーカード+ICカードリーダライタを持っていないと自分の家ではできないと思っていたのだが、今回、「ID・パスワード方式」で可能なことを初めて知った(2019年1月からできるようになっていたらしい)。 ID・パスワードは既に取得していたのだが、今回初めて「ご自宅にて」という表現を発見…
コメント:0

続きを読むread more

クライバー=WPh/ベートーヴェン:交響曲第5番(第一楽章)動画

2021/02/06付けでYouTubeに掲出されている。 https://www.youtube.com/watch?v=63YmehCJRek コメントおよび他の資料によれば、1981年4月27日のカルロス・クライバー=WPhのメキシコ/グァナファトでの演奏会(メキシコでTV放送された)らしい。 これまで不完全版(?)は出回っ…
コメント:0

続きを読むread more

冬空の樹々

葉を落とした冬空の樹々。 樹/自然の形は美しい。 上野公園 東品川海上公園 品川図書館近く、稼穡稲荷のイチョウ 東品川公園 東品川海上公園 そもそも、「冬空」というのは「青」なのだろうか「灰色」なのだろうか? 住んでいる場所によっ…
コメント:0

続きを読むread more

リード/ reed /葦

ダブルリード楽器をやっている人にとっての最大の悩みは、やはりリードの問題だと思う。 あるオーボエ奏者は先生から、 「オーボエはリードが5割、楽器が4割、腕は1割だ」と最初に言われたという。 ファゴットの場合も同じようなことが言えて、個人的には、 リードが7割、楽器が2割、腕は1割 くらいではないかと思っている。 …
コメント:0

続きを読むread more

京急写真集(2021/01)

1月に撮影した京急写真集。 快特三崎口行き/2100形、品川第一踏切 普通浦賀行き/1500形、品川第一踏切 快特泉岳寺行き/2100形、品川第一踏切 普通京急蒲田行き/新1000形アルミ車両、北品川第一踏切 普通品川行き/新1000形アルミ車両、北品川第一踏切 快特品川行き/新1…
コメント:0

続きを読むread more

「ブラームスを演奏する」

クライヴ・ブラウン、ニール・ペレス・ダ・コスタ、ケイト・ベネット・ウォズワース著/天崎浩二、福原彰美訳 音楽之友社から2020年10月に出版されている。 ブラームスが意図したのはどのような演奏だったのか ――ブラームスの同時代に活躍し、直接に関わりのあった弦楽器奏者やピアニストの残した文献・録音・手紙などから、この問題を解…
コメント:0

続きを読むread more

バソンの音色

録画しておいた「プレミアムシアター」(の第二部)を観た。 トゥガン・ソヒエフ指揮トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団演奏会。 曲目等は下記の通り。 ○ボロディン:交響詩「中央アジアの草原で」 ○イベール:フルート協奏曲 ○ドビュッシー:パンの笛(アンコール) ○チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調作品36 ○フ…
コメント:0

続きを読むread more

吉田博展&上野公園

「吉田博展」を観た(東京都美術館)。 https://yoshida-exhn.jp/ 1/26から開催中で、事前予約制ではないものの来場者数はかなり少なく、ひじょうにゆっくりと観ることができた。 吉田博は、明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した新しい木版画の創造…
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ=ミュンヘン・フィル

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。 とりあえず、最初のオロスコ・エストラーダ=ミュンヘン・フィルによる「ジュピター」(2020年7月収録)を観てから、ソヒエフの演奏会も後回しにして、 オクサーナ・リーニフ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 演奏会を観た。 曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番…
コメント:0

続きを読むread more