人間ドック受診2021

昨年から予約してあったため、また年に一回の機会ということもあり、人間ドックを受けるために横浜まで出かけた。
会場のクリニックは、受診者の人数制限をしているのか例年に比べるとずいぶん人が少なかった。
また、今回は医師による診察も行わず、肺活量検査も中止。さらに、待合室のソファはパーティションで一人用に区切られており、手指消毒薬も1メートルおきくらいに置いてあるという徹底した感染防止対策が施されていた。

さて、今回も胃カメラ検査を受けるにあたってずっと気が重かった。
開始前に今回はやや細いチューブを使用との話を聞いたので少しは期待したが、やはり死にそうに苦しいことに変わりなく、おまけに結構な時間がかかった(研修医風の方だった)ため、いつも以上に辛かった。
とはいえ、結果としては特に異常も認められず(胃底腺ポリープ、逆流性食道炎の所見はいつもと同様)、ひとまず安心する。

血液検査などの結果は後日ということになったが、身長はわずかに減少、体重も1~2kg減少したにもかかわらず、腹囲は昨年より4~5cm増大!という結果になった。
しかし、これは肥満によりお腹が出てきたということではなく、先月の手術以後の現象。
https://zauberfloete.at.webry.info/202012/article_12.html
手術はお臍の上下1~2cmの切開と、その両側に2箇所腹腔鏡用の穴を開けたのだが、その結果、現時点でお臍の上下2~3cm幅のお腹の肉が横から見ると1cm近く盛り上がった形状になっている。このことが腹囲増大の要因と思うのだが、これが一時的なもの(腫れ?)なのかどうかはもう少し様子を見ないとわからない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント