八潮20200930

久しぶりに八潮方面に散歩に行った。 品川シーサイド →八潮橋 →京浜運河緑道公園 →かもめ橋 →鮫洲橋 というコース。 スタートは品川シーサイド。 イオン品川シーサイド前広場にある花時計。 八潮橋。東品川/東大井側から大井ふ頭北側/八潮をつなぐ橋。 モノレールの右手はリニューアル中の首都高羽田線。 …
コメント:0

続きを読むread more

天王洲20200928

やっと気温が下がってきたもののずっと悪天候が続いていたが、久しぶりの青空。 陽ざしはやや強かったが散歩へ出かける。 昭和橋 →新東海橋 →天王洲ボードウォーク →天王洲ふれあい橋 →港南公園D面 →楽水橋 というコース。 昭和橋から見たアイル橋。 カナルサイドビ北側にある 大須賀力「ふれあい」。 新東海橋から…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:「ミサ・ソレムニス」再演(全曲)決定

この3月、開催直前に中止することとなった演奏会、 https://zauberfloete.at.webry.info/202003/article_31.html 来年の3月にあらためて行われることとなった。 ただし曲目は変更となり、第九は外され、「ミサ・ソレムニス」全曲(今年3月は抜粋の予定だった)とのこと。 ということで、…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:交響曲全集

私が初めて買ったベートーヴェンの交響曲全集は、クリュイタンス=ベルリン・フィルのLP(EMI/6枚組)で、価格は確か8000円だった。 その時点で私が持っていたベートーヴェンの交響曲のレコードは下記の数枚のみ。 ○交響曲第6番ヘ長調「田園」:ワルター=コロンビアSO(CBS/1958) ○交響曲第7番イ長調:カラヤン=ベルリン…
コメント:0

続きを読むread more

「椿姫」/ネトレプコ

以前、BSで放送された(もう14年も経ってしまった!) ザルツブルク音楽祭2005の「椿姫」のDVDを購入した。 https://zauberfloete.at.webry.info/200605/article_7.html 声楽ソリスト等は下記の通り(なぜか上記の記事には何も書かれていない)。 ジュゼッペ・ヴェルディ:歌劇…
コメント:0

続きを読むread more

ムソルグスキー:歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」

録画しておいた「プレミアムシアター/ボリス・ゴドゥノフ」をやっと観終わった。 私にとって「ボリス・ゴドゥノフ」は全く未知のオペラで、全曲(一部ですら)見聞きするのは初体験。 今回も、途中何度も中止しようと思ったが、結局何回かに分けて終わりまでたどりつくことができた。 声楽ソリスト等は下記の通り。 ムソルグスキー/リムスキー・コル…
コメント:0

続きを読むread more

フィルハーモニック・ファイヴ×ベートーヴェン×デジタルアート

変則的な時間帯(土曜午後)の「クラシック倶楽部」を観た。 「フィルハーモニック・ファイヴ×ベートーヴェン×デジタルアート」という内容。 ○フィルハーモニック・ファイブ 「ウィーン・フィル」の第2ヴァイオリン首席奏者であり、「ザ・フィルハーモニクス」のリーダーでもあったティボール・コヴァーチが、ウィーンで活躍する演奏者を募って新…
コメント:0

続きを読むread more

練習疲れ

所属している二つのオケの練習が再開している。 一つは毎週土曜午前中、もう一つは日曜午後月1~2回の練習という団体。 たまたまこの土日は両方の練習があったため、久しぶりに二日連続の練習参加となった。 土曜午前中の練習は最近になってやっと慣れてきたところだったのだが、日曜午後の練習は約一ヶ月ぶり。 今回は駅から歩いて20分近くかかる…
コメント:0

続きを読むread more

「軍隊」の序奏のテンポ

録画しておいた「読響シンフォニックライブ」を観た。 今回は原田慶太楼の指揮、2020年7月4日サントリーホールでの収録。 曲目は、コープランドの作品と、 ハイドン:交響曲第100番ト長調「軍隊」。 あまり期待しないで見始めたのだが、序奏のテンポの尋常ではない速さに驚愕し、何度もプレイバックしてしまった。 このアダージョは、…
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:交響曲第29番イ長調/山田和樹=N響

「クラシック音楽館」を観た。今回は放送前日(9/12)に行われた山田和樹指揮によるN響新シーズン開幕演奏会。 とりあえずモーツァルトのみの感想。 山田和樹は棒を持たずに指揮。 時間の関係か第三楽章以外の繰り返しはすべて省略していた。 第三楽章トリオの一部で、弦トップ奏者のみで演奏させていたことを除き、全般的にオーソドックスで堅実…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ旅行から一年

一年前の今日はアラスカ・クルーズに参加するために、バンクーバーへ出発した日だった。一年前のこととは思えない。 https://zauberfloete.at.webry.info/201909/article_12.html 初めてのクルーズ船の旅も得難い経験だったが、まさかその後このようなことになるとは思ってもいなかった。 海外…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄12000系

練習の帰りの渋谷駅、新しくなった埼京線のホーム/3番線に、初めて見る相鉄12000系(新宿行き)が入って来た。 2019年11月に開業した「相鉄・JR直通線」に対応した車両で、相鉄線からJRの新宿方面(および新宿→海老名方面)へ向かう直通列車に運用されている。 滅多に見ないと思ったら、一時間に2~3本しか運転されていないようだ。…
コメント:0

続きを読むread more

エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドンSQ演奏会

録画しておいた「クラシック倶楽部」を観た。今回は、エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団演奏会。 曲目等は下記の通り。 ○ハイドン:弦楽四重奏曲ニ長調作品64第5「ひばり」から第1楽章 ○モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調K581 ○バセット・クラリネット:エリック・ホープリッチ ○ヴァイオリン:キャサリ…
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響

11月に予定されている、オクサーナ・リーニフのバイエルン放送響デビューコンサートの曲目が変更になった。 https://www.br-so.de/oksana-lyniv-mendelssohn-4-p30755/ 当初、 ○シューマン:交響曲第2番ハ長調 ○ワーグナー:「神々の黄昏」抜粋/ソプラノ:クリスティン・ゴーキー と…
コメント:0

続きを読むread more

D.オッテンザマー&M.ホーネク/モーツァルト:クラリネット協奏曲

ザルツブルク音楽祭(2020/8/30)での演奏会。YouTubeで観ることができる。 曲目、演奏者は下記の通り。 ○モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調K622 ○指揮:マンフレート・ホーネク ○管弦楽:カメラータ・ザルツブルク ○クラリネット・ソロ:ダニエル・オッテンザマー(WPh首席) 下記、 12:02あたりから。…
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月の暑さ

8月も終わってしまったが、4~7月以上に8月はまったく何もできなかった(しなかった)。 個人練習だけはある程度継続しているものの、外に出かけたのは練習に1回だけ、美術館等にも行かず、長時間の散歩は0回など、まったく何もする気にならなかった。 その最大の原因はやはり暑かったことに尽きる。 今年は7月まで比較的涼しかったこともあり、8…
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本2020/08

●「ベートーヴェンとピアノ~限りなき創造の高みへ~」小山実稚恵×平野昭(音楽之友社/2020.7) 小山実稚恵×平野昭の対談として連載されていたものの単行本化その2。第21番以降のピアノソナタ、ピアノ協奏曲第4,5番、ピアノ三重奏、チェロ・ソナタ他が採り上げられている。 当たり前のことではあるが、知っている曲の話は面白く参考になるが…
コメント:0

続きを読むread more