オクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響

11月に予定されている、オクサーナ・リーニフのバイエルン放送響デビューコンサートの曲目が変更になった。
https://www.br-so.de/oksana-lyniv-mendelssohn-4-p30755/
当初、
○シューマン:交響曲第2番ハ長調
○ワーグナー:「神々の黄昏」抜粋/ソプラノ:クリスティン・ゴーキー
という興味深いプログラムだったのだが、
○モーツァルト:Vn&Vlaの協奏交響曲変ホ長調
○メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」
というプログラムに変更された。
ヴァイオリン・ソロは、ショルツ、バラホフスキーらを差し置いて(?)、ジェイ・リー(2ndVn首席)となっている。
https://www.br-so.com/instrumentation/jeehye-lee/

オクサーナ・リーニフ(Oksana Lyniv, 1978年生まれ)
ウクライナ出身で、バイエルン国立歌劇場でK.ペトレンコのアシスタントを務めるなど、主に歌劇場でキャリアを積み重ねている指揮者。2019/2020シーズンまでグラーツ歌劇場とグラーツフィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者。
以下の写真はBRSO Quarterlyより。
http://229105.139079.seu2.cleverreach.com/m/12186059/1462916-40d2f920ac86330f1eaf79b49ce3a231
620-349_Lyniv-Oksana-2020Juni-(Oliver+Wolf90329.jpg

https://zauberfloete.at.webry.info/202001/article_15.html
https://zauberfloete.at.webry.info/201709/article_2.html
http://zauberfloete.at.webry.info/200807/article_14.html
http://zauberfloete.at.webry.info/200807/article_10.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント