サロネン=フィルハーモニア管弦楽団演奏会

「クラシック音楽館」を観た。今回はサロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。
○ラヴェル:組曲「クープランの墓」
○シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47
○パガニーニ:「ネル・コル・ピウ」による変奏曲からテーマ(アンコール)
○ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

○ヴァイオリン:庄司紗矢香
○管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団
○指揮:エサ・ペッカ・サロネン
○収録:2020年1月23日/東京芸術劇場

庄司紗矢香の演奏は目を見張るものだった。
完璧な演奏なのはもちろん、ものすごい緊張感を持ち、感覚は研ぎ澄まされ、外見は冷静だが内面は熱い。
最も感心したのは、そのような状況であるにもかかわらず、身体の動きが極めてしなやかで脱力していること。
ポジション移動や移弦などこれ以上は考えられない見事な速さで驚いた。第一楽章終盤など、指揮者に対して微笑みを返すなどの余裕も見受けられた。

サロネンの指揮はいつもながら流れるようなもので、指揮棒は止まることがない。
「春の祭典」も部分的にやや変わった(?)指揮をしていた。

なお、気のせいかも知れないが、マイクの位置/バランスのせいか、木管前列の音がやや小さめだったような印象を受けた(後列はよく聴こえた)。それに関連し、先日のルイージ=N響演奏会の中継でもキュッヒルの音がかなり小さめで聴き取り難かった。過度に不自然なクローズアップもして欲しくはないが、ソロの個所はもう少し際立たせても良いのではと思う。

オケは私にとってあまり馴染みはなく、知っているメンバーもいなかったが、ヴィオラのトップは日本人女性だった。
https://philharmonia.co.uk/who-we-are/our-players/

最後に2017年5月の来日公演時のベートーヴェンが放送されていたが、この頃はまだオーボエにゴードン・ハントがいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント