人間ドック受診

人間ドックを受診した。数日前からとにかく(何より)、胃カメラを入れることが気が重く憂鬱だった。
バリウムから胃カメラに変更して今年で5回目となるが、以前ほどではないもののやはりひじょうに苦しくて辛かったことは事実。
しかし、あのクリアな画像を見てしまうともうバリウム検査には戻れない(被曝の心配もないし、下剤を飲む必要もない)。
結果はこれまでと同様、胃底腺ポリープがいくつかみられた以外は特に問題はなく、逆流性食道炎もそれほど大したことはないとのこと。さらに、このところずっと咳が止まらず、気になっていた喉から食道にかけても特に異常はないらしく一応安心する。
詳細な結果は後日郵送されるとのことだが、とりあえず胃カメラが終わって本当に良かったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

マイスタ-フォ-ク
2020年02月07日 07:21
いつも配信ありがとうございます。

私も隔年に胃カメラやりますが鼻から細いスコ-プ をごく軽い麻酔しながらで1分もかかりません。

全く違和感なく画像も数人のスタッフで確認するベテラン専門医さんです。

昨年に大腸癌を日帰りオペで切り以後は薬や治療も有りません。

鼻からを薦めます。
Zauberfloete
2020年02月07日 22:23
マイスターフォークさま
コメントありがとうございます。経鼻内視鏡は私もやったことがあり、確かに口からの胃カメラに比べるとはるかに負担が少ないです。
ずっと人間ドックを受診している医療機関では経鼻内視鏡ができないため、口からの胃カメラを受けているのですが、変更を検討してみようかとも思います。