インフルエンザ(その2)

病院で先生からタミフル、リレンザなど5種類くらいのリストを見せられ、「どの薬にしますか?」と訊かれた。
こちらは素人なので「そんなことわかる訳がない(*1)」とは思ったがとりあえず一回で済むというイナビルにしてもらう。
薬局ですぐに吸入しその後丸三日が経過し、熱も一応下がる。全快にはもう少しかかりそうだが、とりあえず重症な時期は脱して良かったと思う。

さて、ちょっと過去の記録を調べてみたところ、私自身インフルエンザにかかったのは今回が初めて(*2)のようだ。
以前は毎年のように予防接種を受けていたが、ここ数年受けていなかった。しかし、今年は急に思い立って11月に接種を受けてもいたため(*3)、まさか自分がかかるとは思ってもいなかった。
インフルエンザウイルスの潜伏期間は1~2日と言われており、いつどこで感染したかもわからないのだが、高齢になり免疫力も低下しているのだろう。なお発熱前ではあるが、具合が悪くなってからオケの練習にも参加していたため、周りの方々にご迷惑をかけることにならなかったか心配ではある。

(*1)ゾフルーザには耐性ウイルスの問題などがあるらしく、やはりイナビルかタミフルが無難のようである。
https://www.m3.com/open/clinical/news/article/659265/
また今回、薬の説明書をよく読んだところ、特に小児・未成年者にみられるという飛び降り等いわゆる「異常行動」は薬の副作用ではなく、インフルエンザに罹った場合の症状であるらしい。

(*2)患者数は例年1,000万人前後なので、およそ10人に1人がインフルエンザにかかる計算になり、それに基づき20年連続でインフルエンザに「かからない」確率は12%と計算されるという。つまり「インフルエンザに強い」という気がしていても、「かからない」のは体質とは別に統計的な問題でも説明できてしまう。そこから考えると、これまで一度もインフルエンザにかかったことがなかったとしても、今年かかる可能性が低いとは言えないということになるらしい。

(*3)ワクチンの予防効果は50~60%と言われているようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント