BPh ホルン・オーディション / Johannes Lamotke

11/7にベルリン・フィル hohen Horns(hohe は high →3番ホルン)のオーディションが行われ、Johannes Lamotke が合格したという記事がBPhのホームぺージに載っている。
https://www.berliner-philharmoniker.de/news/detail/johannes-lamotke-gewinnt-probespiel-um-die-stelle-des-hohen-horns/
Johannes Lamotke は1985年ケルン生まれ。
ドイツ青少年音楽コンクール、ベケスの国際ホルン・コンクールで優勝、フランクフルトで Sibylle Mahni-Haas、ベルリンで Friedrich Dallmann、ライプツィヒで Thomas Hauschild、ケルンで Paul van Zelm などに学ぶ。
カッセル州立管弦楽団のオーケストラ・アカデミーで学んだ後、ブレーメン・フィルを経て、2014年9月からベルリン・コミッシェオパーの首席奏者。
https://www.komische-oper-berlin.de/en/
WDR交響楽団、シュターツカペレ・ドレスデン、ドイツ・カンマー・フィル、ベルリン・ドイツ響、シュターツカペレ・ベルリン、バイエルン州立管弦楽団などに客演。


クラウス・ヴァレンドルフの後任として入団したパオロ・メンデスも退団し空席になっていたポスト(イェツィルスキーも定年まであとわずか)。
長続きすると良いのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント