新シーズン楽団員異動状況

新シーズンの開始に合わせ、各オケのメンバー表が更新されている。
まず、ウィーン国立歌劇場管弦楽団
https://www.wiener-staatsoper.at/ensemble-gaeste/orchester/

コンマスに Fedor Rudin の名前が追加されている。
https://zauberfloete.at.webry.info/201902/article_7.html
https://zauberfloete.at.webry.info/201903/article_2.html

また、オーボエの席次が下記のように変わっている。
Martin Gabriel
Herbert Maderthaner
Clemens Horak
Alexander Öhlberger
Wolfgang Plank
Harald Hörth
ということはホラークが首席を降りたということなのだろうか?

なお、新たに入団した木管3人の写真がWPhのfacebookに載っている。
https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_3.html
https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/pcb.2402343633176765/2402480033163125/?type=3&theater
https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_17.html
https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/pcb.2402343633176765/2402326063178522/?type=3&theater
https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/pcb.2402343633176765/2402325689845226/?type=3&theater

さらに、空席募集にはファゴット首席が。
https://www.muvac.com/de/wiener-staatsoper-wiener-philharmoniker
現首席シュテパン・トゥルノフスキー(1959~)の後任と思われるが、定年前に首席を降りるのがWPhの伝統なのだろうか。

次にベルリン・フィル
https://www.berliner-philharmoniker.de/orchester/
トランペット首席のタルコヴィが退団したようである(もう1シーズン在籍するという話もあったが・・)。ベルリン芸術大学教授に就任するらしい。
ティンパニのゼーガースも退団、後任はベンヤミン・フォスター。
https://zauberfloete.at.webry.info/201903/article_19.html
団員募集も、第1コンマス、第1ソロ・ヴィオラ、ソロ・ホルン、ソロ・トランペットほかと、主要パートが大半を占めている。
https://www.berliner-philharmoniker.de/offene-stellen/

あと、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
首席ホルンにケイティ・ウーリーが就任している。
https://www.concertgebouworkest.nl/en/katy-woolley
フィルハーモニア管弦楽団からの移籍でまだ30歳の若さ、今後の活躍がひじょうに期待される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント