インサイド・パッセージ / Inside Passage

DSCN6394.JPG
クルーズ2日目。前日夕方にバンクーバーを出港したニュー アムステルダムはインサイド・パッセージを次の寄港地ジュノーまで向かう。所要時間は約45時間の予定ということで、2日目は終日クルージングとなる。

インサイド・パッセージ (Inside Passage)と は、アメリカ合衆国のアラスカ州に位置する土地の名称または多島海の島々を繋ぐ「内海航路」のこと。カナダのバンクーバーからアラスカのスキャグウェイまでの約1600kmを繋ぐ。
inside passage.jpg

早朝に船が湾内・海峡から外海に出たせいか揺れが激しくなり、朝起きて立ち上がったところ、めまいを起こしたのかと思われるような状況・・・。食欲も出ず、朝食は果物とヨーグルトだけにするが症状はますます悪化。気分もひじょうに悪くなり、9時過ぎから予定されていた船内ツアーもキャンセルする。
私自身、これまで「乗り物酔い」というものをまったく経験したことがなかっただけに、ちょっとショックを受ける(歳のせいなのか疲れによるものなのか)。クルーズは始まったばかりなのでこの先が思いやられる(幸い、その後船酔いすることはなかった)。
部屋で少し休憩し、症状も治まってきたので船内を探索、デッキを散歩。ひじょうに良い天気だが風も強い。
お昼も何とか食べられ、午後も運動不足にならないよう、船内/デッキなどを歩き回る・・・。それにしても美しい景色。
DSCN6399.JPG
DSCN6403.JPG
DSCN6401.JPG
DSCN6411.JPG
DSCN6405.JPG
DSCN6417.JPG
DSCN6420.JPG
DSCN6408.JPG
DSCN6414.JPG
DSCN6416.JPG
DSCN6421.JPG

夕食後、11階前方のエクスプラレーションから撮影した沈みゆく夕陽。時刻は19時過ぎ頃。
DSCN6427.JPG
DSCN6433.JPG
DSCN6436.JPG

なお、この夜中、アラスカ時間に合わせるため、時計をさらに一時間遅らせることとなった(時差17時間遅れ)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント