カトリーヌ・カンタン

カトリーヌ・カンタンといえば、プレートル=パリ・オペラ座管弦楽団のモーツァルト協奏曲集のCD(FORLANE/1988)で、ト長調のコンチェルトとフルートとハープのための協奏曲の2曲でソロを吹いていた人。あらためて聴き直してみたが、艶やかな音色で若々しくアグレッシブな演奏をしている。 名前しか知らない奏者だったが、バンド・ジャーナル9…
コメント:0

続きを読むread more