芍薬

画像

昨日買った時、ピンクの花はまだ蕾だったのだが、あっという間に咲いてしまった。

芍薬はアジア大陸北東部原産のボタン科の植物で、平安時代(以前?)に薬用として日本に伝わり、徐々に観賞用の花として普及していったという。

」は、「鮮やか」や「美しい」、「抜きんでて美しい」という意味で、芍薬の根は古くから鎮痛剤などに用いられてきた生。ということで、花名の由来は「見とれてしまうほど見目麗しい花をつける薬」ということらしい。

そして、花言葉は「恥じらい」、「はにかみ」、「謙虚」、
ピンクの芍薬の花言葉は「はにかみ」、
白の芍薬の花言葉は「幸せな結婚」、
赤の芍薬の花言葉は「誠実」、
とのこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 芍薬満開

    Excerpt: 日曜日に買ってきた芍薬、 https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_7.html 水曜日の朝には満開になった。大輪がこれだけ咲き揃うとゴー.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2019-06-12 22:26