都バスの割引

六本木で練習がある時は、下記二つの路線のいずれかを利用している。
○京急 →都営地下鉄大門 →大江戸線六本木(または麻布十番)
○京急 →JR品川 →恵比寿 →日比谷線六本木

先日、思い立って都バスを利用してみた。
家の前のバス停から目黒駅行きのバスに乗り、品川駅高輪口で六本木ヒルズ行き(反96系統)に乗り換え、六本木五丁目で下車するいうコース。
泉岳寺 →魚籃坂下 →古川橋 →麻布十番 →飯倉片町 →六本木というルートで、特に渋滞もなく品川から25分くらいで到着した。
この系統は本数が少ない(一時間に2~3本)のが難点だが、時間もそれほどかからず、何より上記二つの路線に比べて料金が安い。片道料金は下記の通り。

○都営線経由:349円(京急133円+都営216円)
○JR/日比谷線経由:452円(京急133円+JR154円+メトロ165円)
○都バス乗り継ぎ:312円
→普通は206円×2=412円になるのだが、乗継割引*によって100円割引される。
*PASMO/Suicaを使って都バスから都バスへ乗り継ぐときに、運賃精算時から90分以内に次の運賃精算をした場合、大人100円/小児50円を自動的に割引くサービス

しかし、後で気がついたのだが、都バスIC一日乗車券を使えば、500円で往復できたことになる。
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/fare/otoku_bus_oneday.html

さらに、都バスには「バス特」という割引もあり、乗車毎にポイントが累計され、それに応じて割引チケットが発行される(一ヶ月単位)。
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/fare/discount.html
ただしこれ、かなり仕組みが複雑で、バス特を実施する他社のバス等を利用した場合でもポイントが合算して累積され、割引チケットも自動的に使われるので、気がつくと料金が割引されているということになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック