大塚国際美術館→大鳴門橋

画像

画像

約5年半ぶりの大塚国際美術館。
https://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_17.html
http://o-museum.or.jp/
「大塚国際美術館」は、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大級の常設展示スペース(延床面積29,412平米)を有する「陶板名画美術館」です。
館内には、古代壁画から、世界26ヶ国、190余の美術館が所蔵する現代絵画まで西洋名画1,000余点を大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに複製しています。


画像
入り口/B3フロアにあるシスティーナ・ホール。バチカンにあるシスティーナ礼拝堂およびミケランジェロによる天井画、壁画を実物大で再現してあり、本物ではないと言ってもやはりそのスケールには圧倒される。

画像
イタリア、パドヴァにあるスクロヴェーニ礼拝堂&ジョットによる壁画の環境展示/コピー。落ち着いた雰囲気で天井の青が美しい。人が少ないと広い空間を独り占めできる。

画像
エル・グレコの部屋にある、大祭壇衝立画復元。ナポレオン戦争で破壊され散逸したものを推定で復元したとのこと。ひじょうに素晴らしい。

画像
今回は時間に余裕があったので、前回ほとんど観ることができなかった「古代・中世」のフロアをじっくり観ることができた。作者不詳の、ギリシア神話による題材、宗教画などがほとんどで、普段観ることができない200点以上の作品が展示されており、その内容の濃さ/深さ/素晴らしさに認識を新たにした。

画像
「ルネサンス」のフロアになると、急に「知っている」作品が多くなり、再会の喜びに浸ることとなる。
フラ・アンジェリコの「受胎告知」。プラド美術館で観た作品(1Fに展示)ではなく、フィレンツェ、サン・マルコ美術館所蔵のもの。フラ・アンジェリコの「受胎告知」はこれ以外にも数点あるようだ。

画像
「最後の晩餐」は修復前と修復後が向き合って展示されている。

画像
2018年3月に新設された「7つのヒマワリ」の部屋。
画像
1945年芦屋市で焼失したという「ヒマワリ」、焼失前の作品を写真で収めた画集をもとに復元されたとのこと。ゴッホがひまわりを題材に手がけた作品は十数点あり、花の本数や色合いなどを少しずつ変えながら花瓶に生けた同様の構図で描いた作品は7点とされている。芦屋の「ヒマワリ」はこのうち2番目に描かれたものと考えられている。他の作品とは異なり、本作品は群青色の背景がひまわりの色を際立たせている。

画像
モネの作品はオルセー所蔵が10点、その他が3点。あと屋外に「睡蓮」が。

画像
セザンヌは7点。ルノワール:16点、ドガ:10点に比べると少ない。

画像
ゴッホは「ヒマワリ」以外に8点。

画像
エゴン・シーレ「4本の樹」。シーレの風景画はなかなか観る機会が少ない。

画像
1階庭園からの眺め。

画像
B2屋外のモネの「大睡蓮」。オランジュリー美術館をイメージした屋外の展示。

以上正味180分という余裕のあるスケジュールだったせいか、館内全体を比較的ゆっくりと観ることができた。
5年前に訪れた時はガラガラの館内、という印象が強かったが、今回は昨年末の紅白歌合戦の中継の影響に加え、土曜日だったこともあり館内はかなり混雑していた(普通の展覧会に比べれば空いてはいるが)。
前回も感じたことではあるが、陶板による複製画とはいえ、額縁も忠実に再現された実物大の展示というのは、画集などとは比べものにならないインパクトがある。そして作品が大きければ大きいほどその効果は絶大で、本物と対峙したかのような疑似体験(実際に現地に行ったことがある場合には追体験)ができる。その意味で今回も充実した時間を過ごすことができた。
なお、いわゆる世界の名画が網羅されていたのだが(私の見落としなのかも知れないが)、マティス、ヴラマンク、カンディンスキーの作品は展示されていなかった。


これで全行程終了の予定だったが、帰りの飛行機が最終便で未だ時間の余裕があったため、近くの鳴門公園観光が追加され、大鳴門橋遊歩道/渦の道(約450m)を歩く。
画像

画像

画像
遊歩道展望室からの海面の眺め。潮流が速くなるという時間帯ではあったが、あまり渦は発生しておらず見ることができなかった。それにしても海面から45mというのはあまりに高い(怖い)。

帰りは徳島空港20:30発予定の東京行最終便だったが、トランプ大統領来日の影響で出発が遅れ、羽田に着いたのは22時を過ぎ。ひじょうに疲れたが楽しい3日間だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック