国立新美術館/トルコ至宝展

新国立美術館へ行く場合、以前は六本木駅から歩いたこともあったが、最近は駅直結の便利さもあり、乃木坂駅以外からは行ったことがない。
そして、京急線沿線から品川経由で乃木坂まで行く場合、下記のようなさまざまな行き方がある。
○JR品川→JR原宿→千代田線明治神宮前→千代田線乃木坂
○JR品川→JR渋谷→銀座線渋谷→銀座線表参道→千代田線表参道→千代田線乃木坂
○京急品川→都営浅草線新橋→銀座線新橋→銀座線溜池山王→千代田線国会議事堂前→千代田線乃木坂
そして、今回は初めて
○京急品川→都営浅草線東銀座→日比谷線東銀座→日比谷線日比谷→千代田線日比谷→千代田線乃木坂
という経路で行ってみた。
東銀座駅は改札を出ると日比谷線が真下なので乗り換えはすぐ、日比谷駅も先頭車両を下りて階段を登ればすぐ千代田線のホームなので、乗り換えにはほとんど時間がかからない。が、この場合、代々木上原方面ホームの最後尾に出るので、乃木坂駅で前方改札まで約200mを歩かなければならない。とはいえ、溜池山王から国会議事堂前まで歩く乗り換えに比べればかなり効率的なルートではある。
後で調べたところ、日比谷駅ではなく、次の霞ヶ関駅で千代田線に乗り換えた方が、さらに効率的であることがわかった。
https://www.tokyometro.jp/station/kasumigaseki/yardmap/index.html
日比谷線の先頭車両に乗って霞ヶ関駅で千代田線に乗り換えると、代々木上原方面ホームの一番前に出るため、乃木坂駅でもそのまま下りれば美術館入り口の改札にすぐ出られることになる。
ということで、次回は上記のルートで行ってみようと思う。

さて、今回は「トルコ至宝展」
https://turkey2019.exhn.jp/
協賛社特別鑑賞会(休館日)に出かけた。
いつも通り、乃木坂駅6番出口から行こうとしたところ、美術館休館日ということで通路のシャッターが下りており 通れない。
仕方なく初めて5番出口から外に出る。目の前に地図があり(隣にあった新国立美術館という看板を見落としたのが敗因)、ウラから入れそうな道が書いてあったため、辺りをウロウロするがよくわからないまま、結局大回りして正門から入ることとなってしまった。

展示内容は、イスタンブールのトプカプ宮殿博物館が所蔵する、オスマン帝国の栄華を今に伝える至宝約170点。「チューリップの宮殿 トプカプの美」というサブタイトル通り、宝飾品、工芸品、衣装、敷物、食器、花瓶、武器、書籍、タイルなど、その大半にチューリップがデザインされている。中でも、ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、真珠などがあしらわれた宝飾品はひじょうに豪華で見応えがあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック