ブルーメンシャイン退団

先日のウィーン国立歌劇場管弦楽団の新コンマス決定の記事について。
https://zauberfloete.at.webry.info/201902/article_7.html
私がニュースを見落としていたのだが、2017年夏に、試用期間中のブルーメンシャインが退団していたことがわかった。
https://ameblo.jp/viaggio2010/entry-12291654203.html
http://blog.livedoor.jp/haydnphil/archives/52430308.html
なお、ウィーン国立歌劇場オケのメンバー表は現時点でも更新されていない。
https://www.wiener-staatsoper.at/ensemble-gaeste/orchester/
以前の情報もブルーメンシャインが退団したことを受けてのプローベだったらしい。
https://zauberfloete.at.webry.info/201709/article_3.html

ということで、上記の記事によるとブルーメンシャインは2018年9月からケルンWDR交響楽団に戻るとのことだったので、一応HPを確認したところ、確かに第1コンマスとして名前が載っている。
https://www1.wdr.de/orchester-und-chor/sinfonieorchester/orchester/index.html

ついでながら、このオケのメンバー表を見ていたら、ソロ・ホルンにPřemysl Vojta /プジェミスル・ヴォイタの名前が。
1983年チェコ・ブルノ生まれ、ティルシャル、ダルマンなどに師事し、2010年ARDミュンヘン国際音楽コンクール第1位。シュターツカペレ・ベルリン、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首席奏者などを経て、2015年からこのオケの首席になったようだ。
若手ホルン奏者の中でも特に優れている彼のことなので、ベルリン・フィル入団も決して夢ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック