抗生物質の副作用

演奏会当日、急にノドの具合が悪くなり咳が止まらなくなったのが約三週間前で、翌日耳鼻科を受診し、薬(炎症改善薬、気道粘液調整/去痰薬、うがい薬)を処方してもらったのだが、その後多少良くなったとはいえ、時々咳が続く(毎年のことながら)、という症状が続いていた。
が、先週の土曜の朝、ノドの痛みがあったため様子をみていたのだが、どんどん悪化したため夜の練習は早退、翌日は激しい咳が止まらなくなり、夜もほとんど眠れなかった。
月曜に近くのクリニックを受診し、吸入をしてもらい、抗生物質、気管支拡張薬、去痰薬、咳止め、抗ヒスタミン薬などを処方してもらう。その後発熱もしたが一時的なもので翌朝には下がる。結局3日くらい寝込んでようやく良くなってきたと思った昨晩(薬を飲み始めて3日目)下痢の症状が出た。
実は今年の4月に耳鼻科で処方された抗生物質(今回とは別の薬)を飲んで下痢になったという経緯があったので、今回も抗生物質の副作用ではないかとまず疑った。

ネットなどを見ると、
抗生物質/抗菌薬は怖い病原菌を退治してくれますが、私達にとって大切な善玉菌にも影響を及ぼしてしまうことがあります。人にとって良い菌まで殺してしまうことで腸内の菌のバランスが崩れてしまう結果、下痢になってしまいます。
などと書かれており、これはこれで納得できる。

しかし私自身、この4月まで抗生物質を飲んで下痢をするという経験が数十年間一度もなかった、という事実にやや困惑する。それまでと違うことと言えば、
○さらに歳をとったこと
○ビタミン&ミネラルサプリを飲み始めたこと
くらい。

とりあえず今朝の薬(抗生物質)を中止してみたところ、下痢の症状は治まっている。
抗生物質は処方された量を飲み切ることが必要ということも分かっているが、下痢によって栄養分が吸収されないことも良くないとは思うし、生活にも困る・・・。このままノド/咳が治まれば良いのだが。

この副作用、1回だけであればその時の体調/具合によると考えることもできるが、2回続けて起こると今後も起きそうな気がしてくる。次に病院に行った時はよく相談してみたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック