ラックスマン、ヤマハの新製品

月刊「ステレオ」誌を見ていたら、LUXMAN/ラックスマンのA4サイズの真空管プリメインアンプとCDプレーヤー発売の記事が出ていた。
http://www.luxman.co.jp/presspro/neo-classico2
大型のシステムも良いが、このくらいのアンプ&CDプレーヤーに小型スピーカーを組合せたセットであれば、もっと気軽に(?)音楽を聴けるのではないかとも思う。
昨年、CDプレーヤーを買換えたとはいえ、
https://zauberfloete.at.webry.info/201705/article_14.html
現在使っているセパレートアンプが壊れたら、(真空管)プリメインアンプにしてみたいと思っている。
スピーカーもB&W805のような小型のものに買換えたい。
https://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/800_Series_Diamond/805-D3.html
などと考えていたら、次に発見したのが久々のヤマハのセパレートアンプの記事。
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2018/18092602/
プリは往年のCA-2000やCD-1000Ⅲなどを彷彿とさせるパネルデザイン。
画像

どんな音がするのかぜひ聴いてみたいとは思うが、プリ+パワーで180万円というのはすごい価格ではある。

また、最近のレコード人気に対応してか、各社からアナログレコードプレーヤーの再発が目立っている。実は私もヤマハのGT-2000を持っているのだが、もう何十年も押入れにしまったままである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック