WPhシェーンブルン 夏の夜のコンサート2018

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はWPhシェーンブルン 夏の夜のコンサート2018、曲目等は下記の通り。
○ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲から第3部
○ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
○チレーア:歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」から「私は神の卑しいしもべです」
○マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 間奏曲
○ヴェルディ:歌劇「アイーダ」から 「凱旋行進曲」とバレエ音楽
○チャイコフスキー:バレエ音楽「白鳥の湖」から「ナポリの踊り」
○プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」組曲 第2番から「モンタギュー家とキャピュレット家」
○プッチーニ:歌劇「トスカ」から「歌に生き 愛に生き」
○プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」から 間奏曲
○レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」から 鳥の歌「大空をはれやかに」
○プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」から 「私のお父さん」
○フチーク:「フローレンティナー行進曲」
○J.シュトラウス:ワルツ「ウィーンかたぎ」

○ソプラノ:アンナ・ネトレプコ
○管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
○指揮:ワレリー・ゲルギエフ
○収録:2018年5月31日/シェーンブルン宮殿庭園

とにかくネトレプコの独り舞台といった感じで、実力、風格/貫禄を伴う圧倒的な存在感で素晴らしい歌を聴かせてくれた。特に「歌に生き 愛に生き」は見事なものだったと思う。

曲目的には白鳥の湖:「ナポリの踊り」と「フローレンティナー行進曲」がやや異色。「ナポリの踊り」でコルネットを吹いたのはミュールフェルナー。やや安全運転気味ではあったが優れた演奏だった。フチークはウィーン・フィルとしては珍しい選曲。
ゲルギエフは爪楊枝よりはやや長めの指揮棒での指揮。小刻みな手の震えはいつ見てもあまり意味を感じない。
WPhはコンマス、ホーネク、トップサイドはシュトイデ。管楽器はアウアー、ホラーク、ショルン、トゥルノフスキー(それにしても、ホラークとヘルト、トゥルノフスキーとヴェルバが並んで吹いているというのは以前では見られなかった*)。ホルンはフーバー、ライフ、マイヤー、イェブストゥル、トムベック。

*)以前は4人とも首席奏者だったのだが、ヘルトとヴェルバが下吹きに移ったため今回のような配置となった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック