民放のクラシック番組

NHKを除くと、民放によるクラシック音楽を対象とした番組は極めて限られている。私が知っている範囲では、
○題名のない音楽会(テレ朝系列)
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/
○読響シンフォニックライブ(日テレ系列)
http://www.ntv.co.jp/yomikyo/
○恋するクラシック(BS日テレ)
http://www.bs4.jp/koisuruclassic/
○おんがく交差点(BSジャパン/土曜9:00)
http://www.bs-j.co.jp/official/kousaten/#smpleContents0005_ND
くらいかと思っていたのだが、
○エンター・ザ・ミュージック(BSジャパン/土曜23:30)
http://www.bs-j.co.jp/enterthemusic/
という番組を初めて知った(同業者の方に教えていただいた)。

指揮者の藤岡幸夫が司会を務め、「音楽は世界を豊かにする!」をコンセプトに、ゲストとともに音楽の楽しみ方や逸話を語り、かつ演奏を楽しむという内容。
今回(8/25)は、「ファゴット特集」ということで、関西フィルハーモニー管弦楽団ファゴット奏者のお二人を招き、関西フィルの演奏を交えつつファゴットの魅力に迫るという企画。ソロではなく、「悲愴」第四楽章、シベリウス2番第二楽章、真夏の夜の夢―間奏曲などファゴット2本が活躍する曲が採り上げられていて興味深い内容だった。

単発番組では上記以外に時々放送があるようだが、いすれにしても少しでも多くの方がクラシック音楽に親しんでもらえるような番組が増えることを願わずにはいられない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック