エクサン・プロヴァンス音楽祭2017/「カルメン」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は「エクサン・プロヴァンス音楽祭2017」、ビゼー:「カルメン」。声楽ソリスト等は下記の通り。
○カルメン:ステファニー・ドゥストラック
○ドン・ホセ:マイケル・ファビアーノ
○ミカエラ:エルザ・ドライシヒ
○エスカミーリョ:マイケル・トッド・シンプソン
○フラスキータ:ガブリエル・フィリポネ
○メルセデス:ヴィルジニー・ヴェレーズ
○スニーガ:クリスティアン・ヘルマー
○モラーレス:ピエール・ドアイヤン
○ダンカイロ:ギヨーム・アンドリュー
○レメンダード:マティアス・ヴィダール
○セラピー劇の主催者:ピエール・グラモン
○合唱:エデス合唱団、ブーシュ・デ・ローヌ少年少女合唱団
○管弦楽:パリ管弦楽団
○指揮:パブロ・ヘラス・カサド
○演出:ドミートリ・チェルニャコフ
○収録:2017年6月30日、7月6日/プロバンス大劇場

歌劇「カルメン」を現代の演劇セラピーに読み替えた風変りな演出。「カルメン」をよく知っている人にとってはある意味面白いかも知れないが、入門者には向かない。
カルメン役のステファニー・ドゥストラックは優れた歌唱で魅力的なカルメンを演じており、ミカエラ役のエルザ・ドライシヒも好演だったと思う。
個人的には、設定が不自然で、違和感があり過ぎてあまり楽しめなかったことも事実。
なお、ドゥストラックはフォン・オッターとオッフェンバックを歌っていた人(観ていた時は気が付かなかった)。
http://zauberfloete.at.webry.info/201001/article_7.html
ドライシヒは先日のラトルの「天地創造」で観たばかり。
http://zauberfloete.at.webry.info/201803/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック