京都 奈良 滋賀/紅葉めぐり

画像

紅葉を観に関西方面へ出かけた(11/28~30)。
10年くらい前に京都に行った時は、すべて自分で計画してあちこち周ったのだが、今回は決めたのが遅かったこともあり、お手軽で簡単なツアー参加。
奈良だけにしようかとも思ったが、行ったことのない湖東三山という言葉に惹かれて滋賀→京都→奈良の旅となった。
ほとんどの参加者が一見して私より年長の方々ばかりではあったが、意外に歩く(それも石段が多かった)こととなり、初日:10,000歩、二日目:13,000歩、三日目:16,000歩と、普段の2~3倍の歩数を記録した。

さて、紅葉には当たり年と外れ年があるという。葉が美しく色づくためには、
①夏が暑く日照時間が長い
②夏に十分な雨が降る
③昼夜の気温の差が大きい
④湿気が少なく乾燥している
などの条件が必要とのことだが、2017年の夏は記録的な日照時間の少なさとなったことは記憶に新しい。
ということで、今年はあまり期待できないのでは、と思っていたが、実際にはそれほど不満を感じさせない色づき方。が、京都市内はギリギリ最後の最後、山など標高の高いところは既に見頃は終わっており、ちょっと出かける時期が遅かったという感じではあった。

桜もそうだが、自然の成せる業の予測は困難であり、見頃のベストの時期に合わせて出かけるのは難しい。私自身の演奏会が終わってからにしたかったこともあり この時期になってしまったが、これだけ美しい紅葉が観られたのだからわざわざ行った甲斐もあったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック