CDプレーヤー買換え

画像

これまで使用していたCDプレーヤー:エソテリックX-30は使い始めて13年以上経過しており、CD専用プレーヤーだったため、CD/SACDプレーヤーに買替えることにした。
試聴するにあたり候補機種を検討した。個人的にマランツのデザインはどうしても好きになれず、DENONはその製品を一度も使ったことがないこともあり除外した結果、下記3機種となった。
○アキュフェーズ:DP-560
○ヤマハ:CD-S3000
○ラックスマン:D-05u
ベーム=ベルリン・フィルの「ポストホルン」他の試聴ディスクを携えて販売店を巡り、主にタンノイのスピーカーで聴かせてもらう。
まず、アキュフェーズ。緻密で見通しの良いクリアな音を聴かせ、レンジも広く、余裕すら感じさせるスケール感。続いてヤマハは高域が華やかで、録音によってはベストの鳴り方と思わせるものもあったが、全般的に美しいがやや線が細いという印象。ラックスマンはレンジはアキュフェーズほど広くないが、重心が低く艶やかな弦、細部よりも全体を聴かせるという鳴り方。
ということで、最も優れた製品は、価格も最も高いアキュフェーズであることに間違いなかったが、ラックスマンの約2倍近い価格という点が気になった。逆に言えば、アキュフェーズの音はラックスマンの2倍近く良い音だろうか?と考えた時に、それほどの価格差が感じられなかったことも事実。そして、何より音の傾向が違う。極端に言えば、アキュフェーズはかなり音源に近接して聴いた感じで隅々までディテールがよくわかる、対してラックスマンはホールの真ん中からやや後方で聴いたような全体の響きを重視したような鳴り方になっている。
結局、ずいぶん迷ってラックスマンD-05uに決定した。が、念のため、その上級機種であるD-06uも試しに聴かせてもらうが、確かに優れているとはいえ、(私の耳が悪いのか)20万円以上の価格差ほどの違いはあまり感じられなかった、ということで納得する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スピーカー高音域レベル調整

    Excerpt: このところ、メインシステムでCDなどを聴いていても何となく高音域の音/響きが不足しているような感じがしている。昨年CDプレーヤーを買換え、 http://zauberfloete.at.webr.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2018-03-23 20:46
  • ラックスマン、ヤマハの新製品

    Excerpt: 月刊「ステレオ」誌を見ていたら、LUXMAN/ラックスマンのA4サイズの真空管プリメインアンプとCDプレーヤー発売の記事が出ていた。 http://www.luxman.co.jp/presspro.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2018-10-26 22:22
  • シベリウス:交響曲第5番~カラヤン盤聴き比べ~

    Excerpt: 第6番のカラヤン盤の聴き比べを行ったのは2006年の秋。 https://zauberfloete.at.webry.info/200609/article_10.html 第5番の聴き比べもやろ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2019-04-07 21:12