ライナー・クスマウル氏ご逝去

ベルリン・フィルHPにライナー・クスマウル氏ご逝去のニュースが出ている。
https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/death-of-rainer-kussmaul/
クスマウル氏は1946年ハイデルベルク近郊のシュリースハイム生まれ。シュトゥットガルトで学び1977年フライブルク音大教授、1993~1998年ベルリン・フィル第1コンサートマスターを務める。1995年ベルリン・バロッ・クソロイスツ設立。
ベルリン・フィル歴代の第1コンマスの中でもやや異色の経歴ながら、その存在感は圧倒的なものだった。
http://zauberfloete.at.webry.info/201403/article_2.html
アバド時代に残したモーツァルト(K364,K250など)の録音はひじょうに優れたものだったし、
http://zauberfloete.at.webry.info/200703/article_23.html
室内楽でもモーツァルトの弦楽三重奏のディヴェルティメント、弦楽五重奏全集、
http://zauberfloete.at.webry.info/200701/article_24.html
ベルリン・バロック・ソロイスツとのヴィヴァルディ、バッハなど、さらにはパガニーニのギターとのデュオ、
http://zauberfloete.at.webry.info/200912/article_9.html
など多くの名演奏を残している。
まだ70歳という若さでの早すぎるご逝去・・・、謹んでご冥福をお祈りしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

pfaelzerwein
2017年03月29日 16:18
亡くなられましたか。お弟子さんなんかもとても筋が良くて、アバドが彼を必要としたことが分かります。あの時の改革が無かったら、今のフィルハーモニカ―もなかったと思うとアバドと同様に功績者だと思います。

この記事へのトラックバック