CD購入

ずいぶん久しぶりにCD(自分が出演した演奏会の録音を除く)を購入した。
●チャイコフスキー&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲/バティアシュヴィリ、バレンボイム=シュターツカペレ・ベルリン(DG/2015・2016)
バティアシュヴィリは凛とした美音で、そのクールなスタイルはシベリウス(2007年にも録音)にぴったりで、期待通りの名演となっている。チャイコフスキーは終楽章など「熱さ」にはやや不足するとはいえ、特に第二楽章は見事な演奏。バレンボイムの指揮はオーソドックスで堅実なもの。シュターツカペレ・ベルリンは特にチャイコフスキーでは木管がなかなか優れた演奏をしている。録音はチャイコフスキーが2015/6、シベリウスは2016/7とのこと。DGの録音クルーの名前も記されているが知らない人ばかり。音質はなめらかで聴きやすい。
http://www.deutschegrammophon.com/en/cat/4796038
なお、シベリウスの演奏場面↑では、有希・マヌエラ・ヤンケがコンマスで弾いている。
http://zauberfloete.at.webry.info/201603/article_3.html

●ハイドン:交響曲第102・104番/グラヴァー=ロイヤル・フィル(Membran/1994)
グラヴァーは指揮者、音楽学者で、「モーツァルトと女性たち~家族、友人、音楽~」などの著作もある。
http://zauberfloete.at.webry.info/201601/article_9.html
グラヴァーのハイドンは101・103番を持っており、今回はSACD/CD HYBRID盤で590円と超特価だったため思わず購入してしまった。両曲とも水準以上の演奏。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 購入CD(2016/7~2017/6)

    Excerpt: この一年間で購入したCDは下記の13点のみで、年間200~300枚くらい購入していた頃と比べると隔世の感がある。新譜を含め発売されるCD点数が大幅に減少していることもあろうが、個人的に欲しいと思える録.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2017-07-18 21:39